MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2014.06.17UPDATE

2014年06月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Julian (Gt/Vo) U-ske (Ba) Nori (Dr) Isam (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-Track.7「Take Control Of You」はドラムの激しいツーバス・プレイなど活躍してますね。

N:いっくんからやれという指令が出たんです。2分しかないので、全力でやり切りました。

I:これは俺がJulianに曲だけ渡されて、この曲に関してはレコーディングの日も俺だけで、全部投げてもらって、1から全部歌詞と譜割をやりました。これは俺色でしかないですね。他の曲はJulianと譜割のミーティングをしたりするんですけど。

N:この曲が1番すぐできたよね。1、2日くらいで上がってきたよね。

U:2分しかねえからな。構成は単純だし(笑)。

J:結構ギリギリで仕上げるっていうのはちょいちょいありましたね。

-でも締切りギリギリで作ったからかっこよくなったっていう話はインタビューではいろんなバンドさんから聞きますよ。

J:時間がかかりすぎるものって俺としては良くないと思ってて。どう調理してもよくならないから時間がかかっていると思うし。

-調理っていい例だよね。料理は鮮度が大切だから。いろいろいじくって過度に時間をかけて作った料理は美味しい訳がない。

J:そうですね、突き詰めればいいってもんじゃないなって。

-Track.8「Jealous」はどう?

N:一番キャッチーなんじゃない?

-中庸な感じだよね。真ん中にある感じ。

J:そうですね。とにかくキャッチーなんですけど、激しい部分もあるみたいな。シングルにしてもいいくらいの取っ付き易さはあるかなって思ってます。

-アルバムの接着剤的な役割を果たしている気が。

J:そうですよね、その通りです。的確すぎて言うことない(笑)。

-Track.7もTrack.9もどっちも個性的な曲だしね。

J:振り幅を持たせるために、個性的な対極な曲を並べちゃうと聴きづらいので。ちょうど繋ぎの役割も果たしているかなと。

I:山なりになっているよね。

J:そう、聴きやすく、振り幅を持たせられていると思います。

-曲順を踏まえて加えた曲は他にはあるのかな?

J:Track.4「Sickness」はそうですね。"そういえばこういう曲ないな"って思ったときに、自分の中でテーマを決めて作って入れるときはありましたね。

-Track.9「Once」もかっこいいよね。

I:これはMAKE MY DAYとして1番最初にYouTubeで流したティーザーで使用していた曲です。ライヴでもいつも1曲目にやってます。

-アグレッシヴなハードコア・パートとキャッチーなクリーン・ヴォーカルが冴えるEDMパートの対比具合が絶妙でかっこいいですね。日本人が好む理想のメタルコアというか。

N:もともとこの曲はチューニングが違ったんだよね。

J:そうそう。「What Are You Fighting For」とか「Once」とか、もう1つ高いチューニングでやってたんですけど、バンド名を変えるにあたって、1つ低いチューニングにして。よりへヴィなのとキャッチーな部分のコントラストが際立ったかな、と思ってます。

-「Once」がエレクトロ色が1番強いよね。ダブステップ要素も唯一ありますし。

J:そうですね。これが1番エレクトロを作るに当たって時間をかけた曲でもあるので。この曲で自分なりの解釈のダブステップを入れた曲を作ってみたいという意気込みがあって。そういう面では成功したんじゃないかなって思ってます。

-リリース後はさらにキッズから支持されライヴで盛り上がりそうな曲だよね?

J:そうなると嬉しいですね。本当は「Once」はASTSでアルバムをリリースするときに1曲目にするつもりで作っていた曲だったんです。今回も"これを1曲目にしようかな"とも考えたんですけど、1曲目ってアルバムのイメージに強く作用すると思うので、そう考えると少し違和感があったので、最終的に9曲目に収まった感じですね。

-いい曲だけど、1曲目ではないよね。アルバム全体にEDM感を期待させちゃうような1曲目になる。

J:そうですね。