MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

最果てに降る雪

DIAURA

『最果てに降る雪』

Release Date : 2020-10-14
Label : N.D.G

CD : ¥2,200 → ¥1,991
amazonTOWER RECORDSTOWERHMV icon

降り積むのは、過ぎ去った日々に対する追懐の念だろうか。今作における「アシッドスノウ」はシャープな輪郭のビート感と端正な旋律を背景に、yo-ka(Vo)によるドラマ性をはらんだ歌詞世界が展開していくウィンター・ソングへと仕上がっている印象。一方、「マリンスノウ」は精緻な佳衣のギター・ワークと翔也(Ba)&達也(Dr)の繰り出す緊張感漂うグルーヴが交錯するなか、yo-kaの歌が切なげに響くのだが......これらには共通して"海の底"と"粉雪"というキーワードが出てくるため、どうやら時間軸の面では前後関係にありそうだ。また、"さぁ覚悟を決めたならおいで/もう後ろに道はないのだから"という一節が登場する「NIGHTMARE」は、今現在の"愚民"らへと向けられた力強い救済の歌として聴こえてくる。 杉江 由紀