MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

DISC REVIEW

MALICE

DIAURA

『MALICE』

Release Date : 2018-10-24
Label : Ains
¥2,160

"ブレないこと"と"マンネリ"は違う。DIAURAの約1年半ぶりのニュー・シングルを聴くと、改めてそう感じる。表題曲は、スパニッシュ・テイストのギター・サウンドが印象的な新境地でもありながら、ドラマチック且つロマンチックな展開はまさに"DIAURA節"。続く「レゾナンス」も、美しいメロディと幻想的なストリングスが心地よく、B TYPEに収録される「Human Noise」のジリジリと迫ってくるような不穏さは、彼らの新たな一面を感じさせ、三者三様といったところ。現代ヴィジュアル系シーンきってのカリスマ yo-ka(Vo)の手による、現代社会に対してのストレートなメッセージのこもった歌詞を含めて、今ではめっきり希少になってしまった、V系バンド特有の宗教的な美学がこの1枚に集約されている。 藤谷 千明