MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

Slingshot Million2 / GUNIX / BACKSHOW

2021.07.11 @下北沢LIVEHOLIC

Reported by 秦 理絵 Photo by 小山田祐介

オープニングを飾ったのは、熊本出身のミクスチャー・ロック・バンド BACKSHOWだ。バンドの旗を掲げたゆれる(DJ/Vo)を筆頭にヤンキーっぽい風貌でステージに登場。"始めようぜ! 下北沢!"というシュウヘイ(Vo)の叫び声を図に、まさにライヴハウスで鳴らされるためのオープニング・ナンバー「My Way」で、初っ端からフロアを全力で踊らせていった。たくLow(Gt)、TSUBASA(Dr)、JIVA(Support Ba)の3人が繰り出すヘヴィな演奏に乗せて、シュウヘイとゆれるのツイン・ヴォーカルが勢い良く転がる。エネルギッシュなパーティー・チューンでお客さんの心を掴みつつ、シリアスな曲調に転じた「勝負ノ唄」では、日常という戦場で命を燃やす人たちを鼓舞する言葉を刻んだ。イベント・タイトルの"爆躍"にちなんだ一発ギャグを無茶ぶりされたゆれるが、"ばくや屈伸!"と、その場で屈伸をしてフロアに微妙な笑いを起こした和やかなMCも挟みつつ、善意が連鎖していくペイフォワード精神を届けた「PAY IT FORWARD」まで、全6曲。その底抜けに明るいパフォーマンスは、コロナ禍の憂うつをぶっ飛ばすようなライヴだった。

2番手は、"ここからが本番!"と、K-BOM(Vo/Prog)が何度もフロアを煽り、クラブ・サウンドと融合したハイパーなラウドロックを轟かせたGUNIX。昨年、少年カミカゼのリーダーだった和教がK-BOMと改名し、女性ヴォーカル アミを迎えた5人組バンドとして始動した彼らは、祭りの雰囲気を随所に散りばめた「PARTY MONSTER」で幕を開けた。続く「U.F.O」では、シャープな電子音が飛び交う狂騒のデジタル・ハードコアがカオティックな空間を作り上げていく。パラパラ風ダンスを踊り、華やかなパフォーマンスを見せる男女ツイン・ヴォーカルにも目を奪われるが、Arly(Gt)、Matsubai(Ba)、とよてつ(Dr)ら、名うての楽器隊が繰り出す豪快なバンド・サウンドも凄まじい。"ライヴハウスってさ、楽園だと思うんだよ。嫌なことを忘れさせてくれる。最高の場所だと思うから"と、K-BOMが熱い言葉を添えた「#wonderland」で集まったお客さんを根こそぎ踊らせ、40分間のショータイムを終えたメンバーは、去り際、満足げにピース・サインを掲げていた。

かっこ良さと楽しさ。その両方を合わせ持つ2組のバンドがフロアを温め切ったところで、トリは、史上最高の"HAPPYPUNK"を掲げるSlingshot Million2が登場した。バンドの旅路は始まったばかりと歌う「Mrs.Journey」を皮切りに、Henma(Dr)が叩き出す性急なビートの上を、Yahman(Gt)とTaso(Ba)のギター、ベースが荒れ狂い、Jun(Gt/Vo)とYui(Vo)による相性抜群の男女ツイン・ヴォーカルがめまぐるしく駆け抜けていく。"ステージが狭いから、Tasoさんとバンバン当たってんだわ(笑)。でも、こういうことだろ? ライヴって"と、飾らない言葉でお客さんと気さくにコミュニケーションをとるJunのMCも好感度が高い。"これがうちらの道"とバンドの在り方を刻んだ「Living road」、お客さんの代わりにメンバー間でコール&レスポンスをした「1.2.Samba!」。メロコアを軸にスカやラップも射程圏に捉えた縦横無尽なバンド・サウンドには一切の曇りがない。ラストは、悲しみも後悔も"笑い涙"に変える「Buddies」で終演。アンコールの「LALALAND」まで、そこにいる全員残らず笑顔にすると、そんな覚悟を感じるライヴだった。

  • 1