MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ギルガメッシュ

2012.10.28 @日比谷野外大音楽堂

MAY-E

サディスティックイヤーと銘打って、ひたすらに突っ走ってきた2012年のギルガメッシュ。
10月28日に開催された日比谷野外大音楽堂のライヴ公演"ギルガメッシュ完全燃焼!! ~やれんのか?野音~"は、"東京Sadistic~ぶっとおし13days~(※13日間連続公演)"、そして全国ツアー"サディスティックイヤー2012"と、これでもかというほど自分たちをサディスティックに追い込んできた2012年のギルガメッシュの活動のクライマックスと言える一大イベントだ。

会場が野外であるため、当日の晴天を祈って、開催の一ヶ月前から左迅(Vo)がてるてる坊主blogを毎日書いたり、テレビ朝日系「Break Out」の企画で身体を鍛えたりと、野音に向けてまっしぐらだったメンバー4人。
そんな4人を想い、今にも雨が降り出しそうな空模様の中、"晴れ"という奇跡が起きることを強く願いながら開演を待ったのだが......その願いも空しく、開演直前に雨が降り出してしまった。ここ一週間、ずっと晴れだったのに! ああ、神様はどこまで彼らをサディスティックな状況に追い込めば気が済むんでしょうか......。そんなことを思っているうちに定刻が過ぎ、いよいよ開演だ。

"日比谷、かましていくぜー!"
左迅(Vo)の威勢のいい一言を皮切りに、最新シングル「斬鉄拳」でスタート。ソリッドなメタル・サウンドと、"たとえ無理だって言われても/やってやんぞ!"というフレーズから野音への意気込みが伺える力強いこのナンバーは、今日のオープニングに最も相応しい一曲だと言えるだろう。続く「bit crash」「お前に捧げる醜い声」「driving time」とエネルギッシュなナンバーでたたみ掛ける。
Яyoのダイナミックなドラミング、愁の安定したベース、弐のラウドなギター、そしてヴィジュアル系と呼ばれるシーンの中でも抜きんでてパワフルな左迅のヴォーカルが渾身一体となってステージから放たれ、この広い会場に心地良く響き渡った。

"雨がなんぼのもんじゃい!!"
"最高の空間を作ってきましょう!!"
そんな左迅のMCから新曲を挟んで「ALIVE」「FREAKS」と人気曲に繋がり、会場は再びヒートアップ。ステージから漏れる目映いライトが止む事の無い大粒の雨を照らし出していたが、雨を降らすその空へ一丸となって拳を突き上げる観客の姿に、たまらず胸が熱くなった。

インタビューの際、左迅は"今のギルガメッシュの最高のライヴを見せるつもりです。普段見る事の出来ないギルガメッシュが野外で見られるんじゃないかと思いますよ"と、野音への意気込みを語ってくれていたが、その言葉を裏切らないユニークなサプライズがいくつも仕掛けられていた。
「MISSION CODE」の曲の合間に左迅が"今年一番サディスティックだったことは?"と唐突にお題を振ってメンバーに答えさせたり、村上ショージのギャグ(ドゥーン!ってやつだ)を観客と一緒にやってみたり、お馴染み「絶頂BANG!!」のダンスをメンバーが手本となり観客ならびに関係者にまでレクチャーしてみたり。ドゥーン!はさすがに恥ずかしいので私は遠慮したが(笑)、いやぁ、雨なんてことを忘れるくらいに楽しませてもらった。
「DIRTY STORY」「evolution」などハイ・テンションなラウドロック・ナンバーで駆け上がっていく爽快感はもちろんだが、こういうエンターテインメント性も、ギルガメッシュのライヴの醍醐味である。

そして終盤。アンコール曲「Break Down」で、会場は今にも雨を打ち消さんとするパワーを生んでいた。吐く息の白さも、カッパから伝わる雨の冷たさも、げんなりするようなどしゃ降りも、全て吹き飛ばすような熱いパワーを。
"ギルガメッシュは追い込まれて力を発揮するバンドだなぁってことを身をもって体感しました。そうすることで力が発揮できたライヴも多かったですし、俺らはそういう人間なんだなって"
そんな左迅の言葉を思い出す。そう、これこそが"戦うロック・バンド"ギルガメッシュのライヴなのだ。

  • 1