MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2013.09.11UPDATE

2013年09月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:Яyo (Dr) 左迅 (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-去年激ロックで取材させていただいた『絶頂BANG!!』、『斬鉄拳』のシングル2曲はアルバム『GO』のポップ路線を払拭して、激しさを取り戻したシングルでしたが、この2曲を今振りかえってみてもらえますか?

Яyo:『斬鉄拳』は野音のワンマンに向かっての決意のシングルだったり、『絶頂BANG!!』は初めて外部のプロデューサーとして元JUDY AND MARYのTAKUYAさんにプロデュースしていただいて、音楽的な理論を学んだりして凄くためになった、自分たちも成長できたシングルでしたね。

-その後、野音やイベント出演を経て、2013年に入ると事実上活動休止の状態となりましたが一体バンドに何があったのでしょうか?

Яyo:実は野音のライヴでアルバム発売の発表をする予定だったんです。アルバム2、3枚出せるぐらいの曲数が貯まってたんですけど、それに対してメンバーが100%納得できている状態ではなかったり、その時期バンド内に様々な問題が発生してしまって発表できない状況でした。その後さらに活動をストップせざるを得ない状況になってしまって、2013年の頭からライヴをせずに制作期間に当てて没頭してました。

-表には出てなくても、バンド内は動いていたのですか?

Яyo:そういうわけではないんですよ。けっこうブラックですけどいいですか(笑)?結局は自分たちで止めちゃったんですよ。みんなの気持ちの持ち方とか各メンバーのベクトルも別々だったんです。例えば去年の野音に向けて突っ走るという明確な目標があって、そこを目がけて突っ走るのは得意なんですよ。野音以外だと例えば13日間連続ライヴとかもですね。会社に敷いてもらったレールはあったんですけど、そのレールを自分たち自身で作る作業をしてなかったんですよね。それが自分たちの弱い部分で、レールを作ってくれる会社に対しての信頼もなくなっちゃって、要は何を信じて進んでいけばいいのか、その答えを出すことも自分たちで恐れてしまって。"どう進んだらいいか分からない"、"どういう曲を作ればいいんだろう"という状態で完全にブレちゃってた時期があったんです。でも野音っていう目標があるから全力でやってたんですけど、野音が終わって次の展開の答えを出せなくなってしまって。活動は止めたくはなかったんですけど、止まらざるをえなくて1回鬱状態になりました(笑)。メンバー間もギスギスするし、バンドは活動してないし、要は引き篭もりですね。"何で音楽やってんだろう?"ってところまで落ちたし。で、"会社の売り上げあげるために音楽やってるんじゃないのにな"って思ってしまって。自分たちにしか作れないものがあるのに、会社にはいろいろ言われるんですよ。どの会社にも事情はあると思うんですけど、以前は"お茶の間ウケするもの書いて、もっと数字上げないとダメだろう"って言われて"あぁ、そうだな"と思っていました。そうじゃないと武道館とか数字が見えてこないなとか、生活もかかってるし、このままだったらクビにされてもおかしくないって怯えてた部分があったんですよ。で、俺がコンポーザーとして曲を作ってるのでいろんな意見を聞くことも多いので、板ばさみになってしまって、それが辛くて現実逃避状態になっちゃって。篭りっきりでずっと考えてたんですよ、"音楽が好きなはずなんだけど、なんでこんなに嫌なんだ?"って。会社は"こういうものを作れ"って言うけど、作って出したところで結果が出てないと思うし。歯がゆさがずっとあったんですよ。決して今まで出してきた作品を否定するつもりはないし、その中で100%の気持ちを出して曲を作ってたんですね。それでも会社からは"先輩のようになれ"とか"もっと歪んでないギターで"って言われたんですけど、これで結果が出せなくて、クビ切られたらしょうがないなとふっ切れて、自分にしか作れない音楽を信じてやっていこうって答えを出しました。敷かれたレールの上を走らないし、自分たちでレールを作って、そこを全速力で突っ走って行くバンドでいたいなと。

-そういう気持ちに切り替わったのはいつ頃ですか?

Яyo:年明けです。去年のVampire Circuitでは鬱状態でしたね。ライヴは本気なんですけど、終わって落ち着くと鬱状態で。ギターの弐さんとはいつも一緒にいたんですけど"お前の好きなもの作ったらいいんじゃねえの?"って言っていつも背中を押してくれて、で、そこからふっ切れて考え方も変わって。まずは1人がソロをやりだしたり、もう1人はまた違うことやったりとバンド内がめちゃくちゃだったので、メンバーのモチベーションをひとつにまとめ上げなきゃなって思って。ただその前には、納得できる曲を作らないといけないというのもあったんですが、気持ちが吹っ切れて曲もポンポン出てきたんですよ。ただ会社から言われてた真逆の曲ばかりでしたけど、"なんだ、こんなもの"って言われてもいいって思って。(笑)。"売れる曲じゃなくて自分にしか作れない曲を作らないでどうするんだ"って自分を叩きのめして。弦を1本増やして7弦になってチューニングもG#まで下げた楽曲を持って会社に持っていったんですよ。

-実際に持っていっていかがでしたか?

Яyo:社長が"いいな"って言ってくれたんです。その"いいな"ってのは、自分で答えを出したことに対してだと思うんですね。音楽的には絶対好きじゃないと思うので気持ちが伝わったのかなって思ってるんです。この会社だからこそできることもたくさんあるんで。うまく一緒に合致してやっていきたいなと思ってます。ただ、そこでコケるんだったら自分自身でケツ拭こうって覚悟は決めて制作に挑みました。