MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2012.07.04UPDATE

2012年07月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:左迅 (Vo), 弐 (Gt), 愁 (Ba), Яyo (Dr)

インタビュアー:MAY-E

-シングル『絶頂BANG!!』のリリースおめでとうございます。ギルガメッシュの楽曲にはフックのあるラウドロック・ナンバーがたくさんありますが、『絶頂BANG!!』は中でも特にキャッチーで開放感のある楽曲ですよね。「evolution」の進化系や、MARILYN MANSON「mOBSCENE」のギルガメッシュ版という印象を受けました。

Яyo:そうですね、とにかく全てのセクションがぶっ飛んでるものにしたかったんです。「evolution」に続くぶっ飛び感が欲しかったんですよ。女性コーラスは絶対に入れようと思っていたし、イントロからぶっ飛んでいて、サビで開けてデス・ヴォイスも入るっていう、全てを兼ね備えた曲を作りたいと思って、出来た楽曲です。

-なるほど。1年9ヶ月という割と長いスパンがありましたが、制作にじっくり時間をかけていたということでしょうか?

愁:自分たちを見つめ直すための時間でしたね。その間は、ひたすら曲を作っていました。4人が納得する曲が出来るまで妥協せずにやっていたんですよ。各々の気持ちを出しながら、“今のギルガメッシュは何?”というお題を設けて曲を作ってみたりとか。

-結成当初と今では、目指す音楽が変わってきたということでしょうか?

愁:僕らは結成して7、8年やってきましたけど、もともとは高校生の仲良しバンドからスタートしたんです。結成当初はLINKIN PARKやKORN、SLIPKNOTが盛り上がっていた時期だったし、メンバー全員がそういう音楽が好きだったんです。なので、そういうサウンドを目指しつつ、日本人独特のきれいなメロディを聴かせたいとずっと思っていて。それは今でも変わらないですよ。

-なるほど。現在公開されている最新のアーティスト写真ではMARILYN MANSONやLIMP BIZKIT、LINKIN PARK、GREEN DAYなどのTシャツを着ていますけど、それらがメンバー皆さんのバックグラウンドということでしょうか。

Яyo:そうですね。僕なんかはLINKIN PARKがめちゃめちゃ大好きなんですけど、今でも一日に2回は『Meteora』を聴いています!(笑)
一同:(笑)
愁:スタジオに行くと絶対流れているもんね(笑)。
Яyo:うん(笑)。僕らのサウンドの軸になっているものはそういったNu-METALだったりするんで、レコーディング・スタジオに入ったらまず爆音でLINKIN PARKをかけたり、KORNやILL NINOをかけたりするところから始めますね。そこでようやく耳が起きるんですよ(笑)。

-へぇ。ILL NINOっていうセレクトがまた渋いですね(笑)。

Яyo:そうですね(笑)。1曲、すごく好きな曲があって。映画のタイアップになった曲で……なんだっけな……タイトルはちょっと忘れちゃったんですけど(笑)。
一同:(笑)
左迅:そんなに好きならタイトルくらい分かっとけよ!(笑)

-「How Can I Live」(※映画「Freddy vs. Jason」に提供したILL NINOのヒット曲)ですね(笑)。

Яyo:そうですね! アルバムの2曲目の。タイトルを言わなくても、スタッフに“アレかけて”って言うだけで通じるんですよ(笑)。

-ハハハ(笑)。では、本当にラウドロックのバンドが好きで着ているんですね。

左迅:はい。“自分たちの好きなバンドのTシャツを着て写真を撮ろう”っていう話になったんです。

-じゃあ、あのTシャツはメンバー皆さんの私物ですか?

愁:はい、私物です!
Яyo:俺はライヴの物販で買いました(笑)。
左迅:ああ、そうだったよね!
愁:まあ、当時のやんちゃな気持ちを呼び起こそうってことで、好きなバンドのTシャツを着て写真を撮ろうっていうお題を出して、各々でTシャツを買いに行ったんです。

-なるほど。バンド結成時に好きだったアーティストのTシャツを着て、キッズの気持ちを取り戻そうとしたってことなんですね。

愁:そうです。新曲では、ストライク・ゾーンを狭めていく作業をしました。好きなものをよりコアに。自問自答するメンバーもいたり、メンバー間で話す人もいましたけど、そういう意味でも、結成当初のキッズの気持ちは取り戻せたんじゃないかなぁと思います。

-なるほど。新曲は“エンターテインメント性のあるラウドロック”と表現できるサウンドだと思うのですが、こういうギルガメッシュのエンターテインメント性は今年に入ってさらに加速している感じがするのですが、実際いかがですか?「東京Sadistic~ぶっとおし13days~」(※12年2月27日から渋谷WWWで行った13日間連続公演。全日の公演内容が異なる)に足を運んで、そう感じました。

左迅:そうですね。ギルガメッシュってオフのときの笑いも表に出しているバンドなんで、その辺でもお客さんを楽しませてあげられたらなって思ったんです。「東京Sadistic~ぶっとおし13days~」でも演奏だけじゃない、企画力でお客さんを楽しませたいと思っていて。だからあれだけ色んな企画をねじ込んだんですね。で、学園祭のようなノリで楽しもうよって。