MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2012.09.12UPDATE

2012年09月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:左迅 (Vo) 弐 (Gt) 愁 (Ba) Яyo (Dr)

インタビュアー:MAY-E

-サディスティックイヤー2012、お疲れさまでした。“東京Sadistic~ぶっとおし13days~”のようにユニークな企画を盛り込んだ特別なツアーになりましたね。

左迅:そうですね。アルバムをリリースしたタイミングでのツアーではなくて、13daysでやったいろんな企画を少しでも全国のみんなに味わって欲しいと思って始めたツアーだったので。アルバムをリリースしたら、どうしてもそのアルバムの曲が主軸になってしまうので、僕ら自身、遊べるところはとことん遊ぼうっていう気持ちでやりました。昔の曲も最近の曲もぜんぶ織り交ぜて組んだセットリストだったり、アンコールをクジ引きでその場で決めるっていう内容だったり、企画力でお客さんを楽しませるところが大きいツアーだったので、ファンのみんなが楽しんでくれていたのがすごく伝わってきましたね。

-渋谷O-EASTの公演にお邪魔させていただきましたが、本当に楽しいライヴでした。クジ引きで決めるアンコールやサイン会も、全ての公演で行ったそうですね。

左迅:うん、全部やりました。アンコールは、その場で慌ててフレーズを確認したりだとか、ギターを変えたりしなきゃなんで、かなりテンパりましたけど、普段見ることのできないギルガメッシュを見せることが出来たんじゃないかなと思いますね。

-このツアーをやり切って、またひとつ力をつけたのではないですか?

愁:そうですね。いいステップアップになったなと思います。あとは、ベーシストから見て左迅が更に大きくなったように感じました。より預けられるようになったんですよ。ライヴは生ものなんで、体調が優れない時もあったりはするんですけど、それを全て乗り越えてガシガシと俺の前に出てきて(笑)。

一同:(笑)

愁:ツアーの後半になるにしたがって、それは強く感じていましたね。それによってライヴに良いメリハリが生まれたし、左迅君がグイグイと俺たちを引っ張っている感じがして。自分も好きなことが出来たんで、プレイ的にも良かったなと思いますね。

-左迅さんはヴォーカル力もMCも素晴らしいですが、愁さん、Яyoさん、弐さんもMCがお上手ですよね。そんなところも、サディスティックイヤー2012で改めて感心した点でもあるのですが。

左迅:みんなこのツアーで磨かれましたよ。僕が3人に無茶なお題を振ってその場で答えるっていうのを、ツアー中ずっとやってきたんで。

-「MISSION CODE」の曲の合間に、左迅さんがみんなにお題を振るんですよね。

左迅:そうです。

愁:あれね、誰もヴィジョンが見えないままやってたんですよ(笑)。

左迅:ネタが滑るとお題のせいにされるんで、俺も考えるのに必死でした(笑)。

-ハハハ(笑)。公演ごとに、お題は全て変えていたんですか?

左迅:うん、全部変えました。ご当地ネタを絡めたりしていたんですけど、すごく悩みましたね。最後の方は、“もう無理だ俺”とか言って(笑)。

愁:悩んでたよねー。フェチがどうのこうのとか出てきたもんね(笑)。

Яyo:何フェチだってやつね(笑)。俺ね、そのお題で“おっぱいフェチと絶対領域フェチ”って答えたんですよ。そしたらねー、サイン会で言われるんですよー。“私、貧乳だけど大丈夫ですか?”って……。

一同:(笑)

Яyo:“いいですよ!”って言いましたけどね(笑)! で、ツアー・ファイナルではみんなわざわざ絶対領域で来てくれるんですよ!“見てくださ~い!”とか言われるんですけど、あれは反応に困りました(笑)。

-嬉しいですが、目のやり場に困りますね(笑)。では、左迅さんがツアー中に出したお題で一番困ったものは何でしたか?

弐:“これなら自分は金メダルを取れる!”ってお題ですね。……そんなもんあるわけねぇのに!!

一同:(笑)

弐:まあ滑っちゃったんですけど、僕はね、お題のせいにしました。“お題が悪い!”って。

愁:僕も、“それはさて置いて”って違う話をしました(笑)。

Яyo:俺もこのお題が一番滑りましたね。ティッシュでこよりを作ってくしゃみを無限に出せるという特技があるんで、それをやろうと思ったんですけど、いざやってみたら全然出なくて。

左迅:無限どころか一回も出なかったよね(笑)!

一同:(笑)

-(笑)そのようなお題を振るということは、左迅さんは金メダルを取れるものがあるってことですよね?

左迅:そうそう、メンバーにも“俺は金メダルを取れるものがないからお前がやれ”って言われたんですよ。何にも思いつかなかったんですけど、昔体操をやっていたんで、オリンピックにかけて体操の技をステージ上でやりました。

弐:でも別にあれは金メダルを取れるようなことじゃなかった。

一同:(笑)