MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2019.07.03UPDATE

2019年07月号掲載

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:个喆 メイユイメイ まれ・A・小町 たかりたから

インタビュアー:吉羽 さおり

-とても大きな喪失感が描かれたディープな曲です。曲の広がりというものが、今回はよりあって、アートワークやMVをとっても変化があるのを感じる。ここからより4人の個性も出てきそうですが、メイさんはリーダーで、小町さんは振付をするなどというのもありますが、4人の内でそれぞれの役割みたいなものっていうのはあるんですか?

メイ:そのあたりは、これからもっと分担していこうとも思うんですけどね。

小町:个喆とかは結構マメにいろいろやってくれるよね。

メイ:うん。あとは、元気(たから)と癒し(个喆)担当っていう感じ。本当にそれで救われている部分がたくさんあるんですよ。

-たからさんは元気担当なんですね。

たから:はい。普段はもうちょっと元気なんですけど(笑)、インタビューとなるとまだどうしていいかよくわからなくて。

メイ:たからが入るまではメイが元気担当だったんですけど、それはたからにあげました。

たから:はい、貰いました。

-4人で話をよくするようになったりも?

メイ:4人でいるとだいぶ賑やかです。

小町:賑やかだよね。この3人(メイ、个喆、たから)は常に喋ってるかな。

メイ:3人? メイもそこに入っちゃった感じ?

たから:小町はそれをニコニコ見ている感じがある。

メイ:たしかに、4人でいて無言になることっていうのがないんですよね。無言になってるときは、誰か寝てるときくらいで。それ以外は、喋ってないことがないってくらい賑やかになりました。最近になって、そういうなかでみんなでどうしていこうか、ああしたいこうしたいという話をやっとするようになってます。

-以前の曲をこの4人でライヴで歌うことで、変わってきていることはありますか?

小町:変わっていますね。今回3曲目に入っている「我我(2019)」も、この4人になって再度録ったもので。

メイ:よりいっそう元気な「我我」になったというかね。

个喆:でもレコーディングでびっくりしちゃった。个喆は、ライヴでやっていてもっとポップなイメージになっていたから。だから最初に小町とメイが歌っていたのを聴いたとき、思ったよりも結構落ち着いた感じで、クールに歌っているなっていうので、个喆もクールな感じに変えたんです。

メイ:この曲は自分たちのアンセムでもあるので、自分らしく、自分そのままを出そうって歌ったのかも。そしたらちょっとしっぽりしちゃったのかな?

たから:たしかに。私は最後に歌ったんですが、自分らしくは歌ったけれど、3人の落ち着き具合を感じてひと息置いて歌う感じだった。

メイ:落ち着いて歌おうっていうのはなかったんだけどね。自分らしく歌おうっていうのが、こういうふうになっただけで(笑)。だから、本来の自分がこういうしっぽりした感じなのかも。

个喆:真のメイが(笑)。

メイ:でもこれが今の「我我」です。

-こうしてアップデートされる曲がこれからも増えていくということですね。

メイ:そうです。この4人になってから再録をしたいっていう思いが強いです。前回の『Odd eye』で「行方不知ズ徒然(2019Ver.)」、そして今回の「我我(2019)」と、再録をしているんですね。再録ってグループにとって一番重みがあるものだと思うんですけど、自分的に嬉しいのも再録なんです。今を認めてもらえている気がしますからね。

たから:たからは、これまでのつれづれが歌ってきた「我我」を聴いてきた立場なので、たぶん初期のメンバーとは解釈が違うと思うんですけど、再録するからには私なりに歌えないといけないので、ここまでライヴでやってきた感じも踏まえて自分らしく歌えるように頑張りました。

-冒頭でたからさんは"自分を変えたい"と言っていましたが、つれづれでは自分を開放できていますか?

たから:はい。ライヴとかで一番開放できていると思います。

-最初のライヴって覚えてますか?

メイ:たからのお披露目が昨年12月7日にやったCLUB CITTA'川崎だったんですよ。覚えてる? すごくデカい会場でのお披露目だったんだよ。

たから:ガチガチだった記憶ですけど、そのときは開放なんて1ミリもできてなくて。でも今は、ようやく開放できるようになりました。

メイ:たからはライヴで前に前に出ていくタイプなんです。まぁ、普段からうるさいからそこは変わらないのかな(笑)。でもライヴではもっと攻撃的なタイプ。

たから:前に行こうっていうのはいつもあります。というか、いつの間にか前に行ってる感じです。

个喆:目が変わるからね。

メイ:うん、キリッとしたいい目になるよね。

-つれづれの真価がこれからさらに発揮されていきそうですが、今後こう進んでいきたいっていうのはありますか?

メイ:今までのつれづれ史上、一番大事な1年だなというのは身に染みて感じています。今ここで、この4人で必死に頑張らないといけないなって。今の一番近い目標としては、昨年のチッタ(CLUBCITTA'川崎)のリベンジをしたい。次こそはソールドさせたいなっていう。

-今回インストア・イベントと並行してレコ発ワンマン・ツアー(2019年7月12日から8月25日にかけて開催)もスタートしますが、このライヴ一本一本が重要になっていきそうです。

メイ:そうですね。特に5月から6月の末まで平日対バン企画"afterimage"を行っていて、東名阪で6本のツアーだったんですけど、バンドとの対バン・ツアーだったのでアイドルと対バンするのとはまた全然違うんですよ。ゴリゴリのバンドばかりで、普段はみんなバンドのライヴを観る機会がなかったのでライヴでの見せ方を学べましたね。

小町:それぞれのバンドが大事にしているものがライヴで見えたので、それは素敵だなと思いましたね。だからこそ、つれづれはつれづれらしく、大切にするものを伝えていこうっていうのを強く思ったツアーでした。

-今回は、そのツアーを経てのパワーアップしたワンマンだと。

个喆:対バン・ツアーではだいぶメンタルが鍛えられたんです。負けられないなって、より煽りを頑張ろう、かっこ良くしようとも思いましたし、それをつれづれとしてどう昇華するかという課題が出てきたので、楽しみにしてほしいですね。

メイ:个喆は"afterimage"でだいぶ変わったよね。

个喆:前よりも感情が出せているなって思いますし、群青さん(※ファンの呼称)も、"ちゃんとつれづれの个喆になった"と言ってくれるようになったので。

-群青さんは、最初は"幽世にいた个喆さん"というイメージだったんですかね。

个喆:そうだと思います。

メイ:最初はこのふわふわとした普段の个喆の感じのままライヴをしていたんです。

个喆:ふわふわしてるって言われてました。

メイ:最近はライヴのときだけはふわふわも抜けてきて、妖艶さと言うのか。

たから:うん、美しいっていうかね。

メイ:そういう个喆が出てきている。かっこいい个喆になってきているので、この4人でのゆくえしれずつれづれのライヴを楽しんでほしいです。