MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ゆくえしれずつれづれ

2017.03.07UPDATE

2017年03月号掲載

ゆくえしれずつれづれ

メンバー:◎屋しだれ まれ・A・小町 英艶奴 子子子

インタビュアー:吉羽 さおり

-ライヴでも映えそうな曲ですが、振付けなどはどうなりそうですか。

しだれ:この曲は難しそうですね。「MISS SINS」は、小町がダンスを考えているんですけど。

小町:今、考えている真っ最中で、現時点で3パターンくらいあって。どれにするかまだ固まっていない状態なんです。どれを選ぶかでだいぶ変わってしまうので、慎重に選んでいます。

しだれ:曲の雰囲気がダンスで変わるから、これは難しいなと思います。

小町:振りを考えるのも難しいです。曲のイメージを壊したくないし、曲を表現するための振付けじゃないといけないので、そこを表現できるように頑張っています。今回のあとの2曲は、しだれが振付けを考えてます。

-続いて「我我」(Track.2)。こちらはアッパーなビートで、迫力のあるバンド・サウンドが基調となっていて、また全然違った曲です。

しだれ:最初に聴いたときにびっくりしましたね。

子子子:すごい衝撃的で。

小町:なかなか頭から離れてくれない!

艶奴:これは、歌ってて一番楽しかったです。

子子子:わかる。

しだれ:ライヴでめちゃくちゃ盛り上がる曲になっていきそうですね。欠かせない曲になりそうです。

子子子:ギターのソロとか、かっこよすぎてびっくりしました(笑)。

-歌詞がキャッチーですごくわかりやすいですね。

艶奴:この歌詞は、つれづれのライヴの話なのかなって思ってます。"毎回ダサいくらいに汗半端ない"とか、"せめて攻めるコケる。"とか(笑)。

子子子:"あぁ、しだれだな"って思った(笑)。

艶奴:血が出てるのも、しだれだしね(笑)。

しだれ:転ぶというか、よくぶつけるんですよね。流血してて(笑)。それがこの歌詞になってました。しだれの一押しは子子子のパートなんですけど、"過去 振り向きたくない"のところ! ここの子子子は、つれづれ史上1番の子子子です。

子子子:なんか、出ましたね(笑)。上手く歌えたって思ったんです。自分でもここは好きだなと思いますね。

しだれ:このフレーズを聴くためだけでも、この曲を聴いちゃうんですよね。

小町:小町はここが好きというよりも、この攻めの曲と小町との間ですごくギャップがあるなって感じているんです。わたしのパートで、"負け戦に退路? バカじゃない? 余裕。"っていうところがあって。自分としてはすごくギャップを感じたので、ここを歌うことに、きっと何か意味があるのかなって。

-なぜ今、わたしがこの言葉を歌うのか? と。

小町:自分の人格とはまた違う感じなんですよね。でも、そういうふうに進むべきなのかなって歌えたと思います。

-最初からそういう歌割りだったということは、何か小町さんに求めるところでもあるんでしょうね。

子子子:わたしはしだれのシャウトがすごく好きで。

しだれ:あぁ。"四足獣雌"ですね。

艶奴:あれはみんなで爆笑してたよね。

子子子:何回聴いてもニヤけちゃう。

しだれ:真剣にやったんですけどね(笑)。でも面白くしてくださいという注文だったんです。"面白いシャウトですか......?"と思って、やったら一発OKでした。シャウトでも味を出せるようになってよかったです。すごく雌感出てますね。

子子子:雌部門で、優勝しましたね(笑)。

-シャウトでもオーダーがあったんですね。

しだれ:今回はありました。これ、毎回ライヴでやるのが恥ずかしいんですけどね(笑)。

艶奴:ほんとヤバいです。

しだれ:でも小町の低いパートとも被せてあるんです。

子子子:被せたことで、すごくなっているからね(笑)。

-シャウトやいろんな歌い方もそうですが、今回はチャレンジが多く入っていますね。

しだれ:注文をされることも嬉しかったですし、応えることができたのもすごく嬉しかったですね。

艶奴:艶奴は、今回のシングル3曲の中で、一番歌詞が好きなのが「我我」なんです。暗い、ヘヴィな曲よりも、盛り上げていく曲が好きなので、どのフレーズも好きですね。

-世界観の色濃い、読み解いていく曲の良さもある一方で、こういうまっすぐな曲もまたいいですね。

艶奴:たしかに、入りやすいのはありますよね。

しだれ:単純に楽しめたり、気持ちよくなれるのが音楽でもあるので。そう思うと、わかりやすい歌詞もありだなと思いますね。