MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

高崎 晃(LOUDNESS) × 丹下 眞也(OUTRAGE)

2015.04.20UPDATE

2015年04月号掲載

高崎 晃(LOUDNESS) × 丹下 眞也(OUTRAGE)

メンバー:LOUDNESS:高崎 晃 (Gt) OUTRAGE:丹下 眞也 (Dr)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ) Photo by Ryota Mori

-LAZYの復活と勘違いされそうですね(笑)。

丹下:"LOUD"も"OUT"もどちらもシンプルで読みやすくていいと思うんですよね。

高崎:Lから始まってTで終わるのもデザイン的に見てもいいと思いますしね。このタイトルならどちらのバンドがフェード・アウトしても使えそうですし(笑)。

-(笑)ちなみに参考にしているフェスやイベントなどはありますか?

高崎:今回もクリエイティブマン協力のライヴなんですが、"LOUD PARK"の国産メタル版・フェスみたいなイメージですかね。

丹下:1回目もまだなので、今から言うのもなんなんですけど、さいたまスーパーアリーナでできるぐらい広げていきたいですね。

高崎:今回は東京だけですけど、2バンドとも西のバンドなんで、西の方でもそのうちやりたいですし、北海道や九州、沖縄でもできたらいいと思うし、そうやって日本でツアーできたら、その次は海外に持って行けたらね。

丹下:自分は韓国で何度かライヴをやったことがあるんですけど、韓国はすごく日本のシーンに注目しているんです。韓国の友達は80年代からLOUDNESSをチェックしていたって話をしますよ。高崎さんに憧れてギター始めたって人は何人もいましたしね。OUTRAGEも当時韓国でCDをリリースしてないですけど、知ってる人は知ってましたし、憧れてたって言ってくれてる人もいます。今と違ってインターネットもない時代で。みんなどうやってチェックしてたんだろうなって思う。

高崎: LOUDNESSが初めて韓国でライヴをしたときに、武道館ぐらいの会場で2日間やったんです。当時はまだステージ上で日本語の歌も禁止で、ヴォーカルがMike Vesceraの時代で、Mikeが英語で唄うから大丈夫だったんです。アンコールで韓国の国歌をギターで弾いたんですけど、それがすごくウケたんですよ(笑)。LOUDNESSの曲の10倍ぐらいウケた(笑)。

丹下:自分たちもやりました(笑)。そしたらみんな歌ってましたね(笑)。

高崎:国歌だから間違うわけにはいかないからね。アンコール前に1回引っ込んだときに、ウォークマンでずっとメロディ聴いてましたね(笑)。

-海外といえば、LOUDNESSは2013年、2014年とアメリカで開催された豪華客船でのフェス"Monsters Of Rock Cruise"に出演していますね。映像を見たのですが非常に気持ち良さそうでしたね!

高崎:見ましたか(笑)。ホールとデッキとどちらの映像でしたか?

-デッキの映像ですね。屋内のホールでも演奏されたんですか?

高崎:2千人~3千人収容のシアターも屋内にあって、そこでもやったんですけど、やっぱりデッキの方が気持ちいいですよね。

-日本でも開催できたら面白いですよね。

丹下:面白いですよね!

高崎:70年代にLAZYでは、フェリーのさんふらわあ号では演奏したことありますけどね。けどまぁスケールが違いすぎるから(笑)。"Monsters Of Rock Cruise"ぐらいの船だと日本で入港できないんじゃないかな? 東京タワーを寝かせたのと同じぐらいの長さの330メートルですからね(笑)。タイタニックよりもデカいんです。80年代のレジェンド的なバンドたちが一緒に船に乗っていて、ステージも5つぐらいあったんで、自分の好きなアーティストを夜中の3時ぐらいまで観れるって、いちロック・ファンとして幸せなことやし、みんな興奮しますよね。食事のときも憧れのアーティストがいたり、会話するチャンスもいっぱいあるし。あれは1回乗った方がいいですね。

-LOUDNESSは6~7月にはヨーロッパ・ツアーも決まっていますね。

高崎:はい、久しぶりに回ります。フェスが3本あって、ドイツの"Bang Your Head!!! Festival"に数年前以来2回目の出演と、ヘルシンキの"Tuska Open Air Metal Festival"、そしてバルセロナの"Rock Fest Barcelona"ですね。バルセロナはSCORPIONSとかJUDAS PRIESTも出演します。

丹下:それ友達がバルセロナまで観に行くって言ってました。

-すごいメンツですよね。OUTRAGEの今後の予定はいかがですか?

丹下:夏にANTHEM主催のフェス"HEADSTRONG FES"に出演します。あとは自分たちは曲作るときに一定の期間ライヴを入れずに曲作り期間を作るので、その期間に入ります。

-2013年にアルバム『OUTRAGED』を出してから少し期間が空いていますよね。

丹下:自分たちはペースが遅いので(笑)。次のリリースの具体的な時期は手応えがあるものができてから、いつにしようか考えようと思っています。

高崎:そういえば、アメリカのScream Studiosでも録ってるよね?

丹下:はい、プロデューサーがMichael Wagenerで。

高崎:あのときレコード会社も一緒やったもんな。プロデューサーも一緒やし、スタジオも一緒やし(笑)。

丹下:やっぱり長いことやってるといろんなところでいろんなことが自然と繋がりますよね。あとHER NAME IN BLOODのメンバーに、"両親がOUTRAGEのファンです"って言われたりね。そういうのも含めて、この30年ぐらいでひとつ繋がって、そしてまたここで繋がって同じステージに立っても不自然にならないのが、日本のロックが1周したってことなんじゃないですかね。