MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2014.07.07UPDATE

2014年07月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Isam (Vo)

インタビュアー:村岡 俊介(DJ ムラオカ)

-誘われた先の話ですが、やっぱりアメリカのインディー・バンドのリハってスタジオではなくてメンバー誰かの家のガレージみたいなところでやるのかな?

そうです。どっちのバンドもガレージなんですけど、1つのバンドはプールがあるような金持ちの家でした。もう1つは、狭いガレージにドラムとちっちゃいアンプがいくつかあるだけで、防音設備も何もない音的には最悪なところでしたね(笑)。

-環境が全然違うよね。日本でやったら一瞬で隣近所から苦情来るけど(笑)。あっちは全然平気なの?

昼間やれば平気です。むしろそれなりのレベルのバンドなら、その辺のヤツが勝手にガレージあけてビール飲みながら観てますからね。

-そういうのを2、3ヶ月やってる時にMAKE MY DAYからオファーがあったんだよね。

そうですね。

-もともとIsam君はASHLEY SCARED THE SKY 時代から彼らとは交流があったと思うんだけど、ASTSをどう評価してたのかな?

ASTSって同期が入ってるバンドじゃないですか。リメセンは全くそういう要素がないバンドなので、最初はピコピコする音楽に対してそんなに魅力は感じてなかったですね。でもやっぱりアメリカやUKのカルチャーを考えたとき、エレクトロが入っているバンド・サウンドは避けて通れないと思ったし、実際聴いていくうちに好きになるし。同期を作っているJulian(Vo/Gt)のセンスは本当にすごいと思ってましたね。

-アメリカでの活動を終え日本に戻って来て、初めてスタジオで一緒に音を合わせたときの印象はどうだった?

もともと知っていた音楽だったし、純粋に気持ちよかったですね。ドラムもクリックが効いているだけあって、ちゃんと"ここはここ"ってキメの構成がしっかりしているので、わかりやすいからなんのブレもなく一発でしたね。

-MAKE MY DAYとしては短い年月だとしても、ASTSとしては確固たる活動をしてきたバンドだよね。その中に入っていくことに対しての苦労や戸惑いはあった?

本当に大変なのはアルバムをリリースした今からかなって思ってます。前任のヴォーカルを俺が良い悪いとジャッジするわけではなくて、決めるのはリスナーなので。10人いて9人が"俺がいい!"って言っても、1人が"前任ヴォーカルの方がいい"って言ったら俺のなかでは俺の負けなんですよ。それが1番プレッシャーになりますよね。でもそれが向上心に繋がるので、いい刺激にもなっています。前任ヴォーカルが、良いシャウターだったからこそですね。

-比較されることがモチベーションに繋がっている?

そうですね。どんどん比較してもらいたいです。

-加入したバンドがメジャー所属であることの戸惑いは?

どうなんだろう......。戸惑いは別になかったですね。レーベルに入っていようが、入っていまいが、インディーズだろうとメジャーだろうと、そんなに気にならないですね。パフォーマンスには関係ないことなんで。

-Isam君から見たJulianはどんな存在ですか?人間的に。

Julianってアホになるときは純粋にアホになるじゃないですか。ちゃんとメリハリをつけられる人間って、俺すごい好きなんですよ。俺もそういう人間になりたいなって思ってるんで。

-MAKE MY DAYの一員としてのIsam君の目標は?

Warped Tour全公演回りたいですね。Crossfaithってすごいわかりやすいじゃないですか。日本でももちろん認められてますけど、Crossfaithのファンの数は確実に日本より世界の方が多いですよね。俺たちもそのためには、日本で礎作らなきゃいけないなと思ってます。今世界に行っても叩きのめされるだけなんで。Julianの考え方も一緒ですね。

-最後の質問だけど、人生における目標は?

人生ですか......。難しいなあ。ヴォーカリストとしての立ち位置って様々あると思うんですけど、俺は手の届かないロック・スターではなく、キッズやリスナーのヒーローになりたいですね。尊敬されて憧れているけど気軽に手の届く存在、ヒーローになりたいです。俺自身のヒーローはSUICIDE SILENCEのMitch とBRING ME THE HORIZONのOliと、OF MICE & MENのAustinの3人なんですが、そういう存在になりたいと思ってます。