MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2013.11.07UPDATE

2013年11月号掲載

THREE LIGHTS DOWN KINGS

メンバー:Glielmo Ko-ichi (Vo) u-ya (Scream/Gt/Prog) JUNE M (Ba) NORI (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-タイトル・トラックの「As I'm Alive」ですがKo-ichi君のクリーン・ヴォーカルとu-ya君のスクリームのバランス感が非常に良いですね。

K:そうですね。クリーン・パートとシャウト・パートの掛け合いとかその2つのバランス感が魅力だと思っています。楽曲がポップな方向に寄りつつ、ラウドっぽい要素も残しつつ、踊れるパートもあって、そのなかでu-yaのスクリームと僕のクリーンのバランスはかなり意識してますね。

-制作はKo-ichi君とu-ya君の2人で行っているようですが、どういう割り振りで行っているのでしょうか?

u:僕が曲を全部作って、プログラミングまでやってます。それをスタジオで合わせて、また持ち帰って細かいところを修正して、後にKo-ichiがメロディを付けるという流れですね。もちろんスタジオでもセッションやりながらですが。

-では基本的には楽曲制作のメインはu-ya君で、メロディと歌詞がKo-ichi君という役割分担になっているということですね。

K:そうですね。ただ僕が迷った時にu-yaに"ここのメロディが難しいんだけどどう思う?"ってアドバイスを求めることはあります。2人のバランス感は結構いいと思いますね。

-セッションしながら、という話もでましたが、u-ya君が軸となりつつリズム隊2人の意見も取り入れているんですか?

u:そうですね、ノリで合わせてみて"それいいじゃん!"ってなってそれを形にしていくこともあります。自分でまず作ったものでもセッションで合わせてみて取り入れたりします。

N:個人だと限界もありますし、クセが出るじゃないですか。そのクセに自分のクセが合わさるといいかなと思って乗っけてみたりします。それがダメならボツになるし、良ければ通ることもあるって感じですね。

K:ドラムも凄い難しくなってるよね。u-yaの"ドラムはこうしてほしい"って希望とNORIのクセがくっついて、おかしなことになってますね(笑)。

u:自分じゃ思いつかないフレーズも出てくるので、凄いなと思いますね。

-実際に叩く側からしたらこれを人力でやるのは無理があるんじゃないかって思うこともありそうですよね?

N:ありますね。最初っから絶対叩けないってものもあります。

K:u-yaが曲持ってきて聴いてみると、"このドラム叩けるの!?"ってのがたまにあります(笑)。足数とかおかしいやつもあるんですよ。しかもレコーディングでできてもライヴでやらないといけないじゃないですか。サンエルは同期とガチガチに合わせないといけないバンドなんで、"こんなに精密に叩けるの!?"って(笑)。

u:そこは調整しながらですね。最初はあくまでイメージで、実際にできるところまで持っていくということで(笑)。