MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2012.03.05UPDATE

2012年03月号掲載

THREE LIGHTS DOWN KINGS

メンバー:u-ya (Gt&Scream&Chorus&Prog) Ko-ichi (Vo&Gt) JUNE M (Ba) NORI (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-海外のNEW FOUND GLORYなどのポップ・パンク、A DAY TO REMEMBERなどのハードコアからの影響もところどころに感じさせますが、そういったバンドからの影響は受けていますか?

一同:YES!!!(爆笑)

Ko-ichi:ポップ・パンクもハードコアも大好きですね。最近は、ハードコアのバンドとも一緒にやる機会も増えて、ハードコアのライヴ感だったりパフォーマンスも勉強しています。

NORI:僕はNFG大好きなんで、ドラム・ラインとかとても影響受けてますね。

JUNE M:僕の場合は、もうもろですよ(笑)。音楽のみならず普段の格好とかも意識しています。

-いい意味で邦楽、洋楽、そしてエモ、エレクトロ、ハードコアのおいしいところをミックスしたサウンドという点がTLDKの特徴の1つだと思うのですがいかがですか?あなたたち自身では自分たちの音楽性をどう言い表しますか?

TLDK:ありがとうございます。

Ko-ichi:うれしい褒め言葉です。やっぱりポップ・パンクを基調としています。その延長線上で、エレクトロやハードコアの要素を取り入れてます。だから、僕たちはポップ・パンク・バンドです。ただ、他とは違います(笑)。

u-ya:そうですねー。普段いろいろな音楽を聴くので自分たちの色を崩さないようにどう取り入れるかいつも考えてます。

Ko-ichi:まぁそれを、僕たちの色にするのも大事な役目だと思っています。

-メンバー皆さんそれぞれの音楽的バック・グラウンドを教えてください。

Ko-ichi:そうですねー。僕はやっぱりFALL OUT BOYとかかなり影響受けていますね。AkonとかNe-YoなどのR&Bとかも実は影響受けてるんですよ。

JUNE M:高校生の時は、SYSTEM OF A DOWNやKORNを好んで聴いていました。

NORI:僕はSUM 41やそれこそ先ほど言ったNFGが今でも大好きです。

u-ya:うーん。僕は本当に邦楽、洋楽問わず多すぎて言えません(笑)。

-オートチューンやエレクトロの使用など今流行の最新サウンド・スタイルですね。その点こだわりはありますか?

Ko-ichi:ありがとうございます。やっぱり。ライヴで踊りたい。踊らせたい。そこから、エレクトロのサウンド・スタイルを起用することにしたんです。オートチューンもよりサウンドを引き立てるために取り入れています。それを、ポップ・パンクと混ぜることで新しいサウンドを作ることが出来たと思っています。

u-ya:他には、海外のビルボード系などのサウンドも敏感にチェックして僕たちなりのサウンドにしています。

-Track.4『Lost Your Voice』は日本語詞ですが、違和感なく溶け込んでいますね。日本語詞で作詞する場合に気をつけることはありますか?また苦労したことはありますか?

Ko-ichi:ありがとうございます。うれしいです。今回のアルバムに日本語詞を入れるということで抵抗があったのですが、制作段階の序盤からかなり明確なイメージが湧いたので、違和感なく日本語詞を取り入れることができたと思います。歌詞の内容はすこし暗いですね。あと、日本語詞なのでなるべく分かりやすい言葉、伝わりやすい言葉を意識して作詞しました。

-この音楽性で4人編成とは少ないような気がします。ライヴにおいて不自由することはないでしょうか?

Ko-ichi:確かに最少人数だと思います。ライヴで苦労する点はもちろんたくさんありますよ、僕たちはこの4人という最少人数でこのサウンドを作ることに、新しい可能性を感じています。この、サウンドのわりにギター・ヴォーカルなのも、やはりポップ・パンクを基調にしている表れだと思っています。

JUNE M:そうだよねー。改めてポップ・パンクの偉大さを思い知った。

NORI:間違いないっす。

u-ya:NORIさっきからそればっかやん(笑)。

一同:(爆笑)

-またライヴではどういったことに重点をおいてプレイしていますか?

Ko-ichi:先ほど言ったようにお客さんとバンドが一つになって踊る!!!それを大事にしています。いろんな要素が入ったサウンドなので、ツーステップやモッシュ、ダイブなどのさまざまなサウンドの遊び方ができるのも僕たちの魅力だと思っています。

JUNE M:そうだね、あとは僕ら自身が楽しめないとお客さんも楽しめないと思うので楽しくライヴさせてもらっています。

NORI:間違いないっす(笑)。

一同:(失笑)