MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

BRIDEAR

2022.05.05 @代官山SPACE ODD

Reported by 内堀 文佳 Photo by Akifumi Soeda

昨秋に5回目のヨーロッパ・ツアーを無事に終え、その経験も糧にして制作されたアルバム『AEGIS OF ATHENA』をついに世に送り出したばかりのBRIDEAR。その楽曲たちが初めてステージでお披露目されたこの日、また何重にも頼もしさを増した彼女たちの姿を、我々は目に焼きつけることとなった。

幕開けを飾ったのはアルバム同様「Side of a Bullet」。古代ギリシャの神話を彷彿とさせる遺跡や石像の映像がうしろのスクリーンに映し出されるなか、語りも入った荘厳なイントロが9分にわたる圧巻の大作を先導した。1曲目にして最大音量を叩き出さんとするNATSUMIの怒濤のドラムが難攻不落の要塞を思わせ、そこを拠点にKIMI(Vo)、MISAKI(Gt)、AYUMI(Gt)、HARU(Ba)が次々に音の矢を放つ。続いてアルバムの収録順に沿って「Preference」が繰り出され、オーディエンスは拳を頭上高く掲げ心の中で精一杯コール&レスポンスに応える。この日を迎えられたことを喜ぶ気持ちをメンバーとファンが心の声で共有し、会場は温かく、幸せな空気に包まれた。

"ゴールデンウィークみんなどっか出かけてるんじゃないかなとか、良からぬ心配をしてたんですけど、ただの杞憂でした。本当にありがとうございます!"とKIMIが挨拶。元Janne Da Arcのキーボーディスト kiyo(Nicori Light Tours)が楽曲提供した、艶やかなメロディとリズムが持ち味の「Greed」では、新鮮なグルーヴ感とBRIDEARらしさの融合が光り、ミドル・テンポの「With Me」では、MISAKIとAYUMIがそれぞれ異なった表情を見せるギター・ソロで、音で感情を伝える表現力の高さを見せつけた。「Determination」ではステージ後方のスクリーンに海外公演中の彼女たちの姿が映り、"己を信じ、共に戦っていこう"と聴く者を鼓舞する歌詞が、より説得力を持ったように感じる。

ヨーロッパ・ツアーを経て、より世界的な活動を意識して制作された全11曲の新譜のうち、日本語詞の楽曲は3曲。"日本語を大事にしたい"とKIMIが語り、その中から2曲が披露されたここで、日本人が母国語で歌うからこそ生まれる旋律の美しさを改めて実感することができたのは、この日集まった誰にとっても貴重な体験だっただろう。そんな「The Bathtub」と「Past in Emerald」で見せたキラキラとした表情も、本作で随一のヘヴィネスを誇る、もうひとつの長編「BRAVE NEW WORLD REVISITED」が始まると一変、クールな側面が一気に顔を出し、彼女たちがただのガールズ・バンドではなく、"ヘヴィ・メタル・バンド"であることを強く意識させられる。そして、この曲で見せた凛々しさが、同様にテクニカルではあるものの、対照的に優しさと温かさが溢れ出るパワー・バラード「Starlight」の感動をよりいっそう引き立て、BRIDEARの楽曲の幅広さ、ひいてはヘヴィ・メタルというジャンルの寛容さを表した。

ここから「Ghoul」、「Bloody Bride」で本編ラスト・スパートをかける。後者ではBRIDEARのライヴではもうお馴染みのキャラクター Brideちゃん(Mrs.Bride)が、『AEGIS OF ATHENA』のジャケットでも描かれている、片手に弓を携え深紅のウェディング・ドレスを身に纏った装いで登場。大きな手でメンバーの頭を強めに撫でたり、客席に向かって弓を引く動作を見せたりとひとしきり暴れ、アンコールまで一切衰えることなく上がり続ける会場の熱気にさらに加勢した。

2022年を迎え、BRIDEARも結成から10年のキャリアを重ねている。本人たちはそのことをすっかり忘れており、今の時点では何も計画していないと本編のMCで語っていたが、今後きっと10周年を盛大に祝い、その先の活躍を祈る機会があることを期待して待ちたい。


[Setlist]
1. Side of a Bullet
2. Preference
3. Daybreak
4. Dimensions
5. Greed
6. With Me
7. Determination
8. The Bathtub
9. Past in Emerald
10. BRAVE NEW WORLD REVISITED
11. Starlight
12. Ghoul
13. Bloody Bride
En1. Road
En2. Again

  • 1