MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

BRIDEAR

2018.04.10UPDATE

2018年04月号掲載

BRIDEAR

メンバー:杉江 由紀

インタビュアー:KIMI(Vo) 美弦(Gt) 美彩季(Gt) 晴琉(Ba) KAI(Dr)

より広い世界を目指し、BRIDEARはここで大きく舵を切った。新ギタリスト、美彩季を迎えての初音源となる今作『HELIX』が、明らかなる上昇志向を感じさせる仕上がりになっていることからも、そのことはよくわかるはずだろう。従来より貫いてきたメタルへの愛情とこだわりはそのままに、さらに磨きをかけた上質なメロディと、新体制となり以前にも増して骨格のしっかりしたサウンドを武器に、フロントマン KIMIが歌い上げていくBRIDEARの音世界。そこには、彼女たちにしか生み出せない力強さと攻撃力が備わっているだけでなく、大きく間口を広げた寛容性とも言うべき多様性が加わっているのだ。新生BRIDEARの未来はここから始まる。

-BRIDEARがギタリスト 美彩季さんを新メンバーに迎えて以降、初の音源となるミニ・アルバム『HELIX』が完成しましたが、現体制になってからはまだ半年足らずということですので、今回の制作はかなり慌ただしかったのではありませんか? 要するに、加入した途端レコーディングだったということですよね?

美彩季:はい、そうなんです(笑)。

美弦:今回、美彩季ちゃんとは遠距離ななかでお互いに頑張りました(笑)。

KIMI:加入してすぐというのもあり、今回はまだ美彩季ちゃんが名古屋にいたので、遠距離でのレコーディングになってしまったんですよ。

-そうしたなか、今作でこのバンドが表現したかったのはどんなことになりますか。

KIMI:今回はまず、楽曲の振り幅を以前よりも意図的に大きくとってみました。これまでは、どちらかというと意識的にハードな方向に寄せていたところがあったんですけど、そこをいい意味で取っ払うところから始めたんです。だからといって、今まで私たちが培ってきたBRIDEARらしさをなくしたとかでは全然ないですし、別に世間に対して媚びているというわけでもなくて(笑)、もともと私たちの中にあったものなんだけれど、ここまでにはあまり出してきていなかった部分を、今回はもう少しわかりやすくかたちにしてみたかった、ということなんです。

-と同時に、BRIDEARは昨年中に海外公演も行われたそうですね。それらも含めたここまでのライヴ経験が、今作にフィードバックされた点もあったりして?

KIMI:あぁ、それもかなりあると思います。うちは美弦がメイン・コンポーザーなんですが、この『HELIX』では書いてくる曲のテイスト自体が今までと少し違った気がします。

美弦:曲を作るときに、自分の中で"日本らしいメロディ"を作りたいなという気持ちが強くなってきたところはあるかもしれません。あとは、全体的に聴き取りやすいメロディを作るようになったというのもあるのかな。

-では、サウンドの面で今作だからこそ実現できたことはありますか。美彩季さんが入られたことによって、変わってきた部分も何かしらはありそうですよね。

KIMI:自分たちの出したい音は、はっきりとBRIDEARの中で共有できていたと思います。そのせいか、サウンド作りはだいぶスムーズでした。

KAI:今回、個人的に大きく変えたのはシンバルの選び方でしたね。これまでクラッシュのシンバルは16インチと18インチの2枚を使っていたんですけど、それを今回から18インチ2枚にしたんですよ。しかも、もう1枚サブで右側に16インチも置いていたので、以前と比べると大きくてクリアな音を出せるようになったと思います。何より、自分的にすごくしっくりきたので、これは今後も取り入れていきたいです。

晴琉:チューニングの面で、今回のアルバムはドロップした曲が多かったんですよ。7弦ギターを使っている曲も多いので、そのぶんベースの音も低くなったんですね。そういう音域の変化によって、どういうアプローチをしていこうかな? という点では今回ちょっと試行錯誤がありました。そして、チューニングが下がったわりには、曲調的に言うと、これまでより明るい雰囲気の曲も結構増えたので、トータルで考えてどこに着地点を設定すればいいんだろう? というところも、かなり考えていく必要があったんですよ。そこはエンジニアさんとも細かく相談していったので、結果的には全曲ともそれぞれバラバラなセッティングになりました。すごく頑張ったので、このアルバムはベースの音までいっぱい聴いてもらいたいです。

美弦:曲調としては明るいものが増えましたし、これまでよりも聴きやすくて、初めての人でもきっとBRIDEARの世界に入ってきやすいサウンドになったと思うんですけど、その中にもBRIDEARならではの音色とかフレーズは各曲の中にちゃんと入れていきたかったんです。そこは私もギターを弾くにあたり、かなり考えたところですね。

-BRIDEARらしさを打ち出していくにあたり、特に留意されたのはどんなことでしたか。

美弦:基本的にはヘヴィだと思いますし、メタルな要素も入っているんですよ。リフとかもわりと細かいことをやっているんですね。ただ、メロディだけはJ-POPに負けないくらいキャッチーになっているので、そこのバランスを考えていくのが大事でした。

-新たに美彩季さんを交えてのギター・アンサンブルを、どのように構築していくことになったのかも教えてください。

美弦:お互いの音の好みを理解し合うところから始めて、ふたりの音が重なったときに、最大限の魅力を引き出すにはどうしたらいいのか、ということを考えていきましたね。

-ちなみに、美彩季さんのことを迎え入れたメンバー側からすると、美彩季さんというギタリストの持つ魅力や可能性はどんなところにあるとお考えなのですか?

KIMI:とても職人肌だし、ギタリストらしいギタリストだなという印象が私はありましたね。それに、彼女は人柄も優しくていい子だからほんとに好きなんです。

KAI:すごい真面目だよね!

美彩季:なんか、目の前で言われるとちょっと恥ずかしいです(笑)。

晴琉:美彩季ちゃんがこのアルバムのために書いてきてくれた「cluster amaryllis」を聴いたときにも、彼女はこういうふうにBRIDEARのことを見てくれているんだな、ということがわかって面白かったし、ギタリストとしてだけではなくコンポーザーとしても、ここから活躍してくれそうだなと感じてます。

美弦:あと音の面で言うと、美彩季ちゃんが入ったことでより80年代っぽい感じが出せるようになったところも、BRIDEARにとってはひとつの武器になったかなと思うんですよ。今までにはなかった部分のメタル要素を、曲の中で生かせるようになりました。

KIMI:いい感じの渋味が出たよね(笑)。