MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

アシュラシンドローム

2019.10.05 @渋谷CLUB QUATTRO

Reported by 吉羽 さおり Photo by 新倉映見、齋藤タカヒロ

アシュラシンドロームの2ndシングル『Over the Sun』リリース・ツアー"プラトニックパッションツアー"が、発売日となった10月5日、渋谷CLUB QUATTROからスタートした。SEから熱気が立ち込め、観客が大きく手拍子をするなか、まずはNAGA(Gt)、NAOKI(Ba)、カズマ(Dr)、そしてサポートとしてキーボードのアツシが登場し、「Whiskey Coke Brandy Strike!!」をド派手に炸裂させる。カズマはどっしりとしたビートを響かせ、ドリル奏法でのっけから変態的ベース・プレイヤーの顔を見せるNAOKIと、ノイジーでアグレッシヴなNAGAのギターによる轟音が豪速球で放たれると、観客の興奮が跳ね上がった。そこに登場したのが、フロントマン 青木亞一人。存在感のある佇まいでフロアの熱気を束ね、大きくシンガロングを指揮していくと、「ロールプレイング現実」、「絶対彼氏以上」と連投し、"アシュラシンドローム、ワンマンへようこそ!"とあいさつの一声を放つときには会場の雰囲気がいい具合にできあがっている。熱いフロアに向けて亞一人は、"対バン・ライヴやフェス出演をして、ひと皮ふた皮剥けて帰ってきた。去年のここクアトロ(渋谷CLUB QUATTRO)でのワンマン([アシュラシンドローム presents "俺たちが売れたのは、全部お前たちのせいだ"])を超えたいと思ってます"、"お楽しみはまだまだこれからだ"と声を上げると「Baby Dead Star」、「山の男は夢を見た」と大合唱を起こしていった。序盤からメタルやパンク、ゲーム音楽、スカや民族音楽とロックとを組み合わせ、キャッチーで歌謡性も抜群なアシュラサウンドが展開しているが、その幅広さで楽しませるのはもちろん、見せ場もたっぷりでファットな音の塊の迫力がいい。現体制となって2年、みっちりとライヴを重ねてきたからこそのバンドのうねりを感じる。そのうねりを感じるのが、ニュー・シングルに収録されている新曲「IN THIS ...DIE!?」だろう。先ほどの多彩な要素がすべて入って、さらにメンバーそれぞれのプレイの旨味も詰め込まれたクセの強い曲だが、それをすこぶるキャッチーにノリ良く転がしていく曲である。観客を掴む速度も速い。

前半からスピードを上げてステージもフロアも前のめりな状況だが、続く2曲は「男が女を唄うとき」、「中野新橋ラプソディー」という歌心が強い曲が並び、哀愁とこぶし混じりの亞一人のヴォーカルを前面に出して聴かせてくる。また、中盤ではTHEラブ人間の谷崎航大(Vn)をゲストに迎え入れて、「Starlight Blues」を披露し、続けて普段のライヴではなかなかできないことをと谷崎のヴァイオリンとアツシのピアノ、そして、亞一人のヴォーカルというミニマムなサウンドで「行け!ポチ。」をエモーショナルに聴かせ、「運命の少女」は、途中からバンドが加わる形でエモーショナル且つヘヴィにアンサンブルをドライヴさせた。しっとりと歌を聴かせたあとに、「Devil hand=Tornade(竜巻)」でフロアに大きなサークルを生み出して、シンガロングを巻き起こすなど、会場は静と動で激しく揺さぶられる。NAGAが"どう? 良かった? さっき俺らが楽屋に戻ったとき、バックドロップシンデレラの渉(豊島"ペリー来航"渉/Gt/Vo)君がいて「これ、客は何を見せられてるの?」って言ってたよ。まぁ、ワンマンだからこういう暴挙ができるわけだけど"と言えば、亞一人は"暴挙!? 素直に褒めておけばいいのよぉ"、とMCの掛け合いでも観客を沸かせる。長身でステージでの存在感があり、しかもぱっと見には強面ですらある亞一人だが、今や観客にはすっかり彼の愛すべき突っ込まれキャラは認知されている模様だ。そもそもはそのキャラを瞬時に見抜いた打首獄門同好会の大澤敦史(Gt/Vo)が、打首獄門同好会のインターネット番組"10獄放送局"で、数々の企画に亞一人を起用したことで、より広く彼の人となりが知れ渡ることになったわけだが、その弾け具合が現在、こうしたライヴやアシュラシンドロームの音楽ともいい化学反応や相乗効果を生んでいる。本領発揮と言うべきパワーが、春にリリースされたミニ・アルバム『ロールプレイング現実』や、ボルテージの高いライヴに繋がっているように思う。

"バーン、バババン、バーン"のシンガロングで会場が一体化する「ごはんといっしょ青ばん」でスタートした後半は、「カルディア・オブ・デスポイネ」や「TM NEET WORK」など、ラウドなアンサンブルを聴かせフロアのジャンプを高くしていく。"去年より飛躍した姿を見せたかった。でも、もっと挑戦していきたいし、夢は諦められないなと誓いました"と亞一人はMCをする。その思いを詰め込んだのが、最新シングル「Over the Sun」だ。歌の強さを生かしたストロングなロック・チューンであり、士気が上がる"オーオーオー"の大合唱を生んだこの曲は、ライヴという場で最高のアンセムとなった。いい余韻が会場に満ちるなか、ラスト「月はメランコリックに揺れ」ではエモーショナルな大合唱を生み、このワンマンをドラマチックに締めくくった。亞一人は最後に"感謝してるわ。よく来てくれたな。ありがとう"と語り、昨年よりもタフになったアシュラシンドロームの姿を、渋谷CLUB QUATTROに刻んでいった。このライヴを皮切りに4バンド合同レコ発ツアー"アルティメットパッションツアー"、そして、11月20日からSu凸ko D凹koi とのレコ発ツアー"ギャラクティカパッションツアー"と続き、いよいよ12月には、東名阪ワンマン・ツアーとして再び"プラトニックパッションツアー"が開催予定だ。ツアーへ乗り出していく、いい波を掴んだワンマン・ライヴだった。

  • 1