MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Ailiph Doepa

2018.10.02UPDATE

2018年10月号掲載

Ailiph Doepa

メンバー:アイガーゴイル(Vo) レッドジブラ(Ba) パプリカ パプリコ(Gt) ドナルディー ケチャップ(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-ドーパのオモチャ箱をひっくり返したような面白さを楽曲の随所に感じます。

パプリカ:俺は「Melt Bitch」と「Sparkling Pussy」が好きですね。

ケチャップ:同じだ(笑)。

パプリカ:自分の音楽的な性癖に刺さっちゃいました。「Melt Bitch」はファンキーで黒いノリがあるじゃないですか、それがたまらなくて。

アイガーゴイル:その曲は黒人の歌い方を意識したんですよね。ラップなので、WU-TANG CLANとかあのへんを意識しました。あっ、SCREAMING HEADLESS TORSOSというバンドがいて、変態フュージョン・ファンクなんですけど、その影響もありますね。

パプリカ:日本で知ってる人は少ないと思う。

アイガーゴイル:ドラムはJojo Mayerで、すげぇ人なんですよ。あと、在日ファンクも好きなので少し意識しました。あと、PRIMUSとか変態系バンドの要素も取り入れましたね。

-「Sparkling Pussy」はいろんな要素がてんこ盛りですよね?

パプリカ:これはBilly Joel、ニューメタル、パンクとか、俺の好きなところが全部詰まってます。

アイガーゴイル:Billy Joelは正解です。「Piano Man」とかを聴いて、イントロを思いつきましたからね。

パプリカ:中間の打ち込みちっくな同期は......。

-STATIC-Xあたりのニューメタルですか?

パプリカ:まさにそうですね(笑)。メロディもパンクっぽいなと思って。RANCID、GREEN DAYとかあのへんのバンドの雰囲気が好きだから。

ケチャップ:好きな曲は被ってますけど、どちらも体の芯から乗りやすい2曲ですからね。

アイガーゴイル:今回のアルバムで出し尽くしたので、次を考えなきゃいけないですね。今作は現時点での総集編というか、今までのドーパを知ってる人も知らない人も楽しめる作品になったと思います。「Machu Picchu」もこんなにウケるとは思わなかったですからね。

-そうなんですか?

アイガーゴイル:俺にしか作れない曲だと思うけど、狂った映像(MV)と狂った曲でこんなに人が反応してくれるんだなと。時代の移り変わりを感じますね。日本でもこういう音楽が受け入れられるんだなって。こちらから歩み寄るつもりはないですけどね。

レッドジブラ:今まで"ド変態エンターテイメント・メタル・バンド"と自分たちで言っていたけど、最近は"ロック・バンド"としか言わないんですよ。メタルともあまり思ってないし、自分たちでジャンルを限定するのはもったいない気がして。ジャズとかを聴く人にも聴いてほしいですからね。

アイガーゴイル:"ロック・バンド"と言っておけば、何が出てきても驚かないと思うんですよ。だから、自分たちで無理してジャンルを設定しない方がいいなって。

-ドーパなりのロック・アルバムが完成したと。それで今作のレコ発ツアー"酸素活動(しなさい)TOUR"(2018年11月から2019年2月にかけて開催)が控えてますよね?

アイガーゴイル:そのツアー名はこれ(※自身の帽子を見せる。ブランド名は"Superdry極度乾燥(しなさい)")が元ネタなんですよ。イギリスのアパレル・メーカーで、とりあえずダサいじゃないですか。"(しなさい)"ってマジで意味がわからないし、ツアー名に付けたら面白いかなと。

レッドジブラ:デッドポップに出たあと、ワンマンを観たいという声を貰うようになりましたからね。今回は10本やって、来年2月にワンマンをやろうと。

アイガーゴイル:デッドポップから流れて来るお客さんもいると思うので、どれだけその人たちを喜ばせることができるかなと思ってます。我々は先の見えない未来に向かって、やりたいことを貫いてますからね。俺らはほんとに好き勝手にやってるし、もっとみんな自由にやればいいのになって。音楽ってそういうものでいいと思うんですよ。

レッドジブラ:デッドポップにも出て、やってきたことは間違ってなかったんだなと思いますね。