MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Ailiph Doepa

2018.10.02UPDATE

2018年10月号掲載

Ailiph Doepa

メンバー:アイガーゴイル(Vo) レッドジブラ(Ba) パプリカ パプリコ(Gt) ドナルディー ケチャップ(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今作を通して聴かせてもらいましたが、通常のバンドの7、8枚分ぐらいの容量ですよね。

レッドジブラ:ははははは(笑)。

アイガーゴイル:胃もたれがすごいっすよね。最後まで聴いて、もうやめたいと思って最初の「Machu Picchu」に戻ると、また聴きたくなる不思議な魅力があると思います。今作は方向性があっちこっちに行ってるから、一筋縄でいかない作品だなと。「Machu Picchu」のあと、2曲目の「Melt Bitch」でいきなりファンキーになるし、聴いた人の反応が楽しみですね。

レッドジブラ:楽曲が多岐にわたりすぎているので、オムニバスみたいに聴こえるから、そこまで疲れないかなと。うちは前に聴いたことがあるような曲はひとつもないし、だけど、ドーパのサウンドになってますからね。今作はもう100回以上聴いてます(笑)。

アイガーゴイル:それは俺より聴いてるなぁ。

-多彩な曲調が揃ってますが、ドーパのカラーはちゃんと出ているし、シングル表題曲を寄せ集めた濃密ぶりで。

レッドジブラ:そうですね(笑)。彼が曲を作っているけど、捨て曲はないと思ってるし、「Mars」とかも今のお客さんにも聴いてほしくて。

アイガーゴイル:「Shimokitazawa」は......入っちゃいましたね。

-当初「Shimokitazawa」は入れる予定ではなかったんですか?

レッドジブラ:彼の中では変化球ですからね。

アイガーゴイル:『BONUS』の取材(※2017年4月号掲載)でもただのお遊び曲で......ノリだけで作ったと言ったと思うんですけど、ライヴでやるうちにお客さんのリアクションが良くなって。

レッドジブラ:それこそ「Machu Picchu」を出すまでは、"「Shimokitazawa」で知りました!"というお客さんが多くて。

アイガーゴイル:「Shimokitazawa」が代表曲みたいになっちゃって、"勘弁して!"って。でもライヴでやるうちに、"かわいいじゃん"って。しれっと自分のグループにいて、徐々に仲良くなったみたいなノリでアルバムに入りました(笑)。

-今作にも「Shimokitazawa」は違和感なく馴染んでますよ。パプリカさんはいかがですか?

パプリカ:俺もめちゃくちゃ楽しんで聴いてます。自分の作品というより、リスナー目線でもこんなバンドいないわって思いますからね。

ケチャップ:全部キャラクターの違う曲が揃ったし、それがこのバンドの強みですから。

アイガーゴイル:「Poseidon」では初めてドラム・ソロを入れてるしね。

ケチャップ:それは挑戦でしたね。

アイガーゴイル:「Machu Picchu」もそうだけど、異国情緒に溢れた曲も多いかなと。ワールド・ミュージックというか、そういうのが好きなんでしょうね。