MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LOVEBITES

2018.06.06UPDATE

2018年06月号掲載

LOVEBITES

メンバー:asami(Vo) midori(Gt) haruna(Dr)

インタビュアー:吉羽 さおり

-harunaさんのLOVEBITESならではのドラムとして意識すること、面白さというとどんなところでしょう。

haruna:あまり女性のバンドでここまでの曲や、ツーバスの速いものをやっている人はいないと思うんです。ほかのバンドができないようなことをやりたいんですよね。

asami:私のヴォーカルを除けば、男の人たちがやっているんだろうなと思ってもらいたいというか。

haruna:それはたしかにあるね。あと私は、星型のものとか、エフェクト・シンバルをたくさん使っているんです。それで、普通とは違ったアレンジにもしていますね。"今の音なんだろ?"っていう感じで変わった音のシンバルが入っていたりするのが、自分の特徴というか、こだわりではありますね。

-ここだと他のどのドラマーにも負けないというのはありますか。

haruna:ツーバスは結構いけるのかな(笑)。

midori:たしかに。男の人でもあれだけツーバスを踏み続ける人はそんなに多くないと思うので。

haruna:めちゃめちゃ大変ですけどね。でも私自身、男性が叩いているんじゃないかって思われるくらいのプレイはしたいと思っているので。それプラス、細かいシンバル・ワークも大切にしていますね。


私いったいライヴでどうなってしまうの? っていうくらい、毎度毎度、曲のカロリーが高い


-midoriさんとmiyakoさんのギタリストふたりもタイプの違うプレイヤーで、よりテクニカルな方がmidoriさんですよね。

midori:そうですね。ギター・キッズが"なんやこれ?"って思ってくれるようなフレーズを弾きたいとは思ってますね。どちらかというと王道のペンタトニック系のソロよりも、変なフレーズ、変なソロ、パンチの効いたものが好きで。そういう、トリッキーでぶっ飛んだフレーズを考える傾向にありますね。キッズが食いついてくれたらいいなっていうのは、いつも頭の片隅にあります。自分でも"キッズメシウマ"みたいなギタリストを好きになる傾向があるので(笑)。

-具体的にはどんなギタリストが好きですか。

midori:Kiko Loureiroは好きですね、最近MEGADETHに加入したんですけど。フュージョンライクなニュアンスのつけ方とか、なんでもできる人なんです。速弾きも、普通はスケールをなぞったり、面白くないフレーズになったりしがちなんですけど、そういうのがなくて、説得力があって惹きつけられる速弾きのプレイが多いんです。フレージングが面白くて。単調にならないプレイってすごいなと思うし、ニュアンスのひとつひとつで勉強になるところが多くて好きですね。

-いいなっていう思うプレイとか曲って、一度コピーしてみたりするんですか?

midori:コピーすることもあるし、ひたすら聴き込むときもありますね。いいなって思ったものはジャンル問わずで、触ってみようというのはあります。

-そういうそれぞれの個性がしっかり曲の中で立ってるんですね。

asami:そういうふうになってきましたね。でも最初から結構、分担はあったと思いますね。midoriだったら速弾きで攻めるスタイルとかが、曲を作る段階でも作られてるよね(笑)。

midori:"ここはmidoriで、飛び道具と速いのとぶっ飛んでいるものを"っていうね。

asami:で、miyakoはメロディアスな担当で。

midori:だから、miyakoに速いフレーズを弾かれちゃうと、"それを超えなきゃいけないの? 勘弁してよ"ってなるんですけどね。

-凌ぎ合いですね(笑)。その掛け算で曲のカロリーが必然的に高くなると。今回4曲だけのはずなんですけど、アルバムくらいのボリュームがありました(笑)。

asami:カロリーは、毎度毎度高いですよね。前回のアルバムにプラスして、今回この4曲が入ってきて、私いったいライヴでどうなってしまうの? っていう。

haruna:私も同じく!

asami:死ぬ思いでやるという。私は何十曲歌っても、声が枯れるタイプではないんです。でも、LOVEBITESの曲はレンジがかなり広いので、気合の入れ方が難しいというか。「The Crusade」はAメロの一発目から気合を入れないと歌えない曲ですしね。とにかく最初から最後まで全力疾走じゃないと乗り切れないので。

−また1stアルバム『AWAKENING FROM ABYSS』は、国内のメタル専門誌でも新人賞を獲得したり、伊藤政則氏のラジオ番組"POWER ROCK TODAY"でリスナー投票で年間4位を獲得したりしましたが、英国、欧州のメタル専門誌"METAL HAMMER"の"Golden Gods Awards"のベスト・ニュー・バンドでも、LOVEBITESがノミネートされました。6月11日にロンドンで式典が行われますが(※インタビューは5月末)、日本のバンドでこのベスト・ニュー・バンドに選出されたっていうのもすごいじゃないですか。

asami:実感がまったく湧いてないんですけどね。

midori:そうなんですよね、ノミネートだけでもすごいことなんですけど。新人賞は1回しか取れないですしね(笑)。

-アルバムが海外でもリリースされて、その評価やリアクションも返ってきているところですか。

asami:いろいろ好評な意見もいただいているんですけども、本当に実感が湧かないんですよ。経験もまだまだ足りないので、そうやって言ってもらえる=期待値がどんどん上がるということなので。それに見合ったパフォーマンスをやっていかないといけないんじゃないかなっていうのは、冷静に感じてますね。"イェーイ、やったー"っていうノリはあまりないんです。

midori:周りからは"すごいね"とか"いいね"って言ってもらえるけど、自分たちでは"ヤバいな、頑張らなきゃ"っていうか。

asami:そっちなんですよね。光栄なことなんですけど、そのぶんそこに応えなきゃいけないのは自分たちなので。

midori:まだまだ足りない部分がいっぱいあるっていうのは、自分たちでわかってるので。みんなすごく冷静なんですよね。

asami:でも、昨年イギリスにライヴに行かせてもらってわかったんですけど、海外の方が全員すごいパワーが出るんですよ。

midori:みんな、覚醒して帰ってくるよね(笑)。

asami:なんか、人格が変わるのかなんなのか、わからないんですけど。突然ステージングが変わるという(笑)。どうした、みんなテンション高いなっていうのが目に見えてわかったので。この夏も行ったら行ったで、また覚醒するんだろうなと思ってます。