MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2018.04.03UPDATE

2018年04月号掲載

THREE LIGHTS DOWN KINGS

メンバー:Hiromu(Vo) u-ya(Gt/Prog/Scream) JUNE M(Ba) NORI(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-今回、新たにチャレンジしたことはありますか?

u-ya:チャレンジだらけなんですけど、「W.A.V.E.R」みたいな曲はいままでなかったかなと思います。エレクトロをふんだんに取り入れたりとか、4分の3拍子を取り入れたりしたことがなかったですからね。

JUNE M:チャレンジはしていても、レコーディングは困ることがなくて。彼(u-ya)の狙いははっきりしているので、迷わずにやれました。

-レコーディングでフレーズを変更することもあるんですか?

u-ya:それはベーシックでありますね(笑)。やっぱりこうしようかって。

NORI:弾き方をもっと情熱的に! って言われてたもんな。

JUNE M:そうそう。

u-ya:「Eden」のことですね。もっとキメが欲しかったから、ミクスチャーっぽくしようと。

JUNE M:録りながら変更するのは新鮮で楽しいですね。

u-ya:今回のレコーディングは自分たちのペースでやろうと考えていたんです。苦しんで作った作品はあまり良くないんじゃないかと思って、いい意味でラフにやりました。

-今作はいろんな曲調が揃ってますが、作品トータルのカラーは明確にありますよね。

u-ya:アッパーでエネルギッシュなところはサンエルの持ち味ですからね。そこを出しつつ、ヴォーカルで進化しているところも出せたらいいなって。

-今回の歌詞は、もがき苦しむ心模様をリアルに綴ったものが多いですよね。

u-ya:サンエルは昔からそういう世界観がありますからね。それで聴いてくれた人が自分に当てはめてくれたらいいなと思うんです。必ずしも人生はうまくいくわけじゃないし、曲を聴いて少しでも力になれたらいいなって。

-上から目線じゃなく、一緒に悩んで前に進もう! というアプローチで。

u-ya:そうっすね。上から言える人はもっとビッグな人だと思うから。僕らはまだまだなので、近くで届けられる存在でいたいなと。

-リアルだし、共感しやすい歌詞だと思います。あと、"答えなんてない"という内容が多いなと感じました。

u-ya:そうですね(笑)。何が正解で何が不正解なんてないと思うし、大切なものを見落としがちだから、そこを伝えたいという気持ちはありますね。本当に大切なものは実は目に前にあるんだよって。

-あと、ラスト曲「Eden」だけは歌詞の内容が違いますね。

u-ya:この曲はポップだし、サンエルがこれまでやってきたことを踏まえて作ったんですよ。ライヴで一緒に歌って、一緒に進んでいこうよ! という意味を込めてます。そういう意味では、ほかの曲と歌詞の内容が違うかもしれないですね。イメージとしては、ライヴハウスって同じ空間に集まるわけじゃないですか。そこでメッセージをお互いに確認し合う感じで書きました。

-では最後に、今作のツアー(4月から7月にかけて開催する"THREE LIGHTS DOWN KINGS 1st EP【FiVE XTENDER】TOUR2018")をどんな内容にしたいと考えているか教えてください。

JUNE M:本数も多いですからね。これまで行ったことがない場所もありますし。

u-ya:1本1本を大切にして、ここからまた盛り上げていけたらいいなと思います。あと、「Eden」だったら一緒に歌ってほしいし、「RIDE or DIE」はシンガロングするのがちょっと難しいけど、頑張って覚えてきてほしいですね。

Hiromu:計19本あるんですけど、毎回自分を更新し続けて、最終日のファイナルでは初日と比べものにならないライヴを見せたいです。