MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

THREE LIGHTS DOWN KINGS

2013.12.03UPDATE

2013年12月号掲載

THREE LIGHTS DOWN KINGS

メンバー:Glielmo Ko-ichi (Vo) u-ya (Scream/Gt/Prog) JUNE M (Ba) NORI (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-ライヴではどのタイミングから新しいアレンジに変えるのでしょうか?

N:アルバム出してからのツアーでは新しいアレンジでやりたいですね。

K:でも格段に難しいよね、再録のドラムって(笑)。

u:アレンジ・ヴァージョンみたいな感じでこれからもライヴでいろいろアレンジを変えながらやっていっても面白いかなと思ってます。

K:節目の大きなライヴで最初のヴァージョンの「BRAINWASH」をやっても面白いかなと思いますね。

-他の曲も含め全体的にドラム・プレイが複雑に難解になってると思ったのですがいかがでしょう?

N:難しいです、すごく難しいです......。

u:前作との違いを出したいってのもあったんですけど、ベースとドラムが引っ張っていけるような楽曲をまず意識しましたね。その上でギターもエレクトロの音もステップ・アップして、バンドとしても全体的に楽曲のクオリティを上げていきたいという思いがありましたので必然的に難しくなりましたね。

-話題を変えますが、最近の名古屋のシーンが非常に盛り上がってきているなと感じます。サンエルの功績も大きいのではないでしょうか?

K:そう言ってもらえるのは嬉しいんですけど、僕ら的にはそういう意識はないですね。僕らが名古屋をどうにかしてやろうって思ってないことはないですけど、"名古屋ど真ん中計画"というBACK LIFTと04 Limited Sazabysという全員同い年のメンバーの3バンドでイベントをやったりしているので良い仲間が増えればって思います......ただ僕らが名古屋を盛り上げてるかは分からないですね。僕らが育った街に良い音楽、良いバンドが来てくれたら僕らも楽しいし、みんながハッピーになればいいかなと単純に思っています。

-最近の名古屋のシーンにはキッズが溢れているように感じますね。

K:名古屋のお客さんは凄い熱心ですね! 一時期ツアー・バンドにとって名古屋って難しい土地で有名で、地元バンドとしてもそれが悩みでした。来てほしいバンドに来てもらえないとか、来てもらえても良い環境でパフォーマンスさせてあげられないとか、それが凄い嫌だったんです。同じ音楽をやって、自分の大好きな街にツアー・バンドが来てくれるのに、その環境を作れない自分たちの力のなさとか。でも今ツアー・バンドが来てくれると"名古屋あったかくなったね!盛り上がってるね!"って言ってもらえるので、凄い嬉しいですね。もっともっといろんなバンドが来て、良い音楽を名古屋のみんなと共有できればと思いますね。

-ありがとうございました。最後に激ロックの読者にメッセージをお願いします。

u:初のフル・アルバムですが全力を出し切って素晴らしいものが完成したと思うので、ぜひ何回も聴いてほしいです。それぞれ自由に感じてもらって、アルバム自体をどんどん良い方向にみんなで育ててもらえたらなと思います。

J:限られた短い制作期間で作った分、ギュッと凝縮された濃いアルバムになったと思うし、全力を出し尽くしたアルバムなので、ぜひ聴いてもらいたいです。

N:集大成のアルバムです。おりががとー!

-おりががとー(笑)?

K:最近NORIがTwitter始めたんですけど、"おりががとー"しかつぶやいてないんですよ!"ありがとう"を酔っ払いすぎて"おりががとー"って(笑)。

u:NORIがやってるTwitterは1回僕を通さないとつぶやけないシステムなんです。内容を僕が1回確認してます(笑)。

K:操作されてるんですよ! 自分の意思に反してつぶやいてるんです(笑)。

J:"おりががとー"しか通らないんです(笑)。

K:もうその話はいいから(笑)! 僕らがSony Music Associated Recordsに移籍して、今まで信じてやってきた愛する音楽を、そしてメンバーそれぞれの思いを詰めたアルバムになっています。しっかりと曲のクオリティや歌詞に詰め込むことができたと思います。とにかく作品を手にしてもらって飛ばさずに最初から11曲そのままの流れで1回聴いてほしいです。暗い部屋でもいいし、人が多い場所でもいいし、とにかくまず一通り聴いてほしいです。次に歌詞の和訳を見ながら聴いてもらって、アルバムの世界を味わってほしいです。その後iPodやポータブル・プレイヤーに入れて通勤とか通学や車とかその人のライフ・スタイルで共有できる音になって、最後にそれをライヴハウスで発散してもらえればって思ってます。