MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

LOUD PARK 09|ARCH ENEMY

2009.10.17 @幕張メッセ -ULTIMATE STAGE-

米沢 彰

新作でありリメイクでもある『The Root Of All Evil』のジャケットイメージそのままに赤く染まったステージ。まだ登場してもないのに、オーディエンスは既に異様な雰囲気に包まれている。S.E.と共にARCH ENEMYの面々が登場!ん?Chris(Gt)の髪が短くね!?

そんなこんなで一発目から「Bury Me An Angel」。まるでオーディエンスの予習っぷりを試すような入りで既にフロアは熱狂。Daniel(Dr)の怒涛のツーバスがテンションを上げまくる!それにしてもなんでこんなに正確に叩けるのか。。。
そのまま『The Root Of All Evil』の収録曲で押していくのかと思いきや、二曲目には「Revolution Begins」。しかし、Michael兄さん(Gt)のソロは常にエモーショナルで完成度が高い。ギターを『歌わせる』天才だわ、本当に。一方の弟 Chrisは髪を切ってなんだか渋いキャラに変身。ハリウッド俳優です、って言われても信じるかも。

「今日はThe Root Of All Evilの曲を特にプレイするわよ!」
Angela(Vo)のMC通り、「Ravenous」を間に挟んで「The Immortal」「Beast of Man」「Pilgrim」を立て続けにプレイ。「Beast of Man」でのモッシュっぷりが特にやばい。どっちかというとハードコアのノリに近づいてる。そらそうだ、あんだけの高速ブラストビートを間に挟んでくるんだから。

この速さと激しさでやっていて演奏が崩れないのは本当にすごいのだが、それに音響がきちんとついていけていない気がしたのが勿体無い。次回はよろしくお願いします。去年まではそんなに感じなかったので、今年限りの現象だと信じたい。

ステージ上では、相変わらずパワフルなショーが続く。「The Last Enemy」「I Will Live Again」と『Rise Of The Tyrant』からの曲が連続でプレイされ、オーディエンスもこぶしを振り上げてそれに応える。この一体感には毎度毎度感動すら覚える。

「Demonic Science」「Bridge of Destiny」とまたもや『The Root Of All Evil』からの曲でボルテージは最高潮に!と思ってたら、途中から曲が変わった!?
曲の途中から「Nemesis」に!!フロア全体が「We Are One」の大合唱が始まる。ふと後ろに目をやると、なんと予約席(通称ブルジョワシート)の観客も立ち上がって拳を振りかざして大合唱してる!!この一体感ですよ、ARCH ENEMYの真髄は。
ステージが終わってからのアウトロがなんと「Bridg of Destiny」の続きという憎い演出。最後の最後まで素晴らしいセットリストです。圧巻。

  • 1