MENU s

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

D'ERLANGER × THE SLUT BANKS

2017.09.13UPDATE

2017年10月号掲載

D'ERLANGER × THE SLUT BANKS

D'ERLANGER:kyo(Vo)
THE SLUT BANKS:TUSK(Vo)
インタビュアー:杉江 由紀

D'ERLANGERのkyoとTHE SLUT BANKSのTUSK。意外なことだが、長きにわたる交友関係を持っている両者ではありつつも、"実はTUSKとの対談って初めてか、ほとんどしたことがないくらいだよね"とはkyoの弁。このたびは『D'ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』にTHE SLUT BANKSが「1999-Shyboy story-」で参加していることを受け、ここに超レアな対談が実現することと相成ったのだ。もともと先輩と後輩の関係性が下地にあるとはいえ、共にシーンの中で同時代を熾烈に生き抜いてきた百戦錬磨のヴォーカリスト同士ならではの会話だけに、この文面からはきっと互いに対する愛と尊敬の念を窺うことができるに違いない。

-TUSKさんは、このたびリリースされた『D'ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~』において、THE SLUT BANKSとして「1999-Shyboy story-」という楽曲で参加されています。当然kyoさんとは旧知の仲であられるわけですが、まず今回はそもそもおふたりの出会いがどんなものであったのか、というところから教えてください。

kyo:俺はちゃんと覚えてるよ(笑)。最初は、KEN(ex-ZI:KILL)を介して知り合ったんだよね。あのころは当然まだお互いにアマチュアで、俺とCIPHER(D'ERLANGER/Gt)とTUSKとSEIICHI(ex-ZI:KILL~CRAZE他)とかでよく飲んだりしてたんです。しかもあれ、厳密にはZI:KILLが最初のG-KILL表記だったころでしょ?

TUSK:そうそう! もちろん、俺もそのころのことは今でもよく覚えてますよ。でも、俺はkyoちゃんが横須賀サーベルタイガーをやっていたときから一方的に知ってたからなぁ。俺、高校生のころにライヴハウスに通ってはカセットテープでその日の演奏を録音して集めていたんですけど、なにしろ俺が一番好きだったのはA面に横須賀サーベルタイガー、B面にD'ERLANGERを入れたテープでしたからね。そして、これは絶対もうkyoちゃんは忘れてると思うけど、実は俺が高校生のころにやっていたバンドのライヴに、kyoちゃんが共通の知り合いに連れられて目黒のライブステーションまで観に来てくれてたことがあったんですよ。そうしたら、当時の僕はREACTIONのJUNYAさんのMCのマネみたいなことをしていたもんだから、"お前、そんなことをやってるとJUNYAに怒られるぞ!"って注意されたっていう(笑)。だから、俺からしたらkyoちゃんは大先輩なんです。

kyo:先輩は先輩だけど、大先輩ではないよ(笑)。それに、俺は俺で最初にTUSKの歌を聴いたときに脅威を感じたくらいだし。イヤな奴が出てきたなぁって思ったもん(笑)。それと同時に、こいつとは友達になりたいなとも思ったんだよね。

TUSK:そういえば昔、G-KILLを始めたころライヴに来てくれて、俺が黒マジックを爪に塗っていたら"お前、そんなことしてんじゃねーよ"ってマニキュアをくれたり、きったねー格好でライヴをしていたら"お前、これ着ろよ"ってお下がりの衣装をくれたり、っていうこともあったよね。とにかく、俺はkyoちゃんにはお世話になりっぱなしでした。

kyo:そんなこともあったね。だけど、あの衣装は最初"貸して"って言われたんだよ。それで着たらすごく似合ってて、"じゃあ、あげるよ"ってなったはず(笑)。

-そのあと、D'ERLANGERとZI:KILLでの対バンをすることもあったのですか?

TUSK:(日比谷)野音でやりましたよね。JUSTY-NASTYも一緒だったとき。

kyo:D'ERLANGERのデビュー前くらいのタイミングだったっけ。それ、ちょうど俺が背骨を折ってコルセットしてたときだな。HIDEちゃん(X JAPAN)たちと花火をして遊んでいるときに、ちょっとはしゃぎすぎてケガしちゃったの。あのときは入院していた病院から野音に行って、ライヴが終わってまた野音から病院に帰ったから大変だったんだよ(苦笑)。

TUSK:酔っぱらいすぎです(笑)。

-ちなみに、最近でもおふたりはよく交流されているのでしょうか。

kyo:いや、最近はあんまり一緒に遊んだりっていうのはなかったです。たまに、不意打ちで"今、どこそこで誰と飲んでまーす"的な写真をTUSKがLINEで送ってきたりするくらいかな(笑)。そうそう、このトリビュートのレコーディングのときの写真も送ってくれたもんね。メッセージこそ添えられてはいなかったけど、その写真1枚だけで楽しんでやってくれているんだな、っていうのが伝わってきましたよ。