MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

Roselia

2022.05.22 @富士急ハイランド・コニファーフォレスト

Reported by 宮﨑 大樹 Photo by ハタサトシ、福岡諒祠(GEKKO)、池上夢貢(GEKKO) ©BDP ©CraftEgg ©BUSHI

今年"BanG Dream!(バンドリ!)"発のリアル・バンドとして5周年を迎えたRoseliaが、毎年恒例になりつつある富士急ハイランド・コニファーフォレストにて、2デイズの単独ライヴを開催。昨年公開された映画"劇場版「BanG Dream! Episode of Roselia」"と同名のタイトルを冠した本公演の"DAY1 : Weißklee"で、5人はアニメ、ゲーム、リアル・バンドとしてのRoseliaの"これまで"を辿ってきた。そんな彼女たちがこの日に掲げたコンセプトは、Roseliaの"これから"だ。

雲の切れ間には青空が見え、まだ日が出ているコニファーフォレストの野外ステージに集った数千人のファンの手拍子に迎えられ、温かく柔らかなピアノの旋律と共にメンバーが登場。1曲目に披露したのは、"劇場版「BanG Dream! Episode of Roselia Ⅱ : Song I am.」"のオープニングでもある「Sing Alive」だ。工藤晴香(Gt)、中島由貴(Ba)、櫻川めぐ(Dr)、志崎樺音(Key)、楽器隊の4人が凛とした表情でプレイするなか、相羽あいな(Vo)が天高く突き抜けるようなハイトーン・ヴォイスでRoseliaの決意の歌を歌い上げた。続く「BLACK SHOUT」は、Roseliaにとってのデビュー・シングルであり、バンドと共に5年間歩んできたと言える1曲。"暗い夜も/怯えずに今/信じた道/迷わず進もう"――そう歌い続け、進んできたRoseliaが"これから"を歌うライヴの序盤にこの曲を据えたことは、もはや必然だったようにも思う。相羽あいなから櫻川めぐ、中島由貴、工藤晴香、志崎樺音と各メンバーで歌を繋いでいき、再び相羽あいなへとバトンが渡ると、溜め込んだエネルギーを解き放つような歌唱をオーディエンスへ届けた。

"今日は大切なライヴに来てくれてありがとう。今日という日を楽しみにしてくれていたかしら?"と相羽あいながバンドリーマー(バンドリ!ファン)へ投げかけると、コニファーフォレストに拍手が上がる。"ありがとう。私たちも同じよ。今日は共に楽しみましょうね"と、静かに、だが嬉しそうに話し、"昔の私たちがあるから、今のRoseliaがある。今日は未来に繋がるここまでの大切な思い出たちと、これからの私たちをみんなに届けるわ"と想いを告げて、「FIRE BIRD」へ。今やRoseliaの代表曲のひとつであり、リアル・バンドのレベルアップ、限界突破のきっかけになったというこの曲で熱量のあるパフォーマンスを届けると、それに呼応するように巨大な火柱が何本も上がり、おびただしい数の赤いペンライトが輝く。続く「R」を経て、昨年劇場版"BanG Dream! Episode of Roselia Ⅱ : Song I am."Blu-rayの特典として収録され、ニュー・ミニ・アルバム『ROZEN HORIZON』にも収録された「Sprechchor」は、野外の大会場が似合う壮大なサウンドで、この会場にピッタリの1曲だった。

カッコ良くて、凛とした姿が美しい。それがキャラクターとリアル・バンドに共通するRoseliaだが、リアル・バンドのライヴには"面白さ"の要素もある。定番になりつつある"キャラくず(ライヴ中の幕間の映像"Roselia キャラ設定をくずしちゃいけない!!"シリーズ)"がDAY1に続き放映され、ライヴ中のRoseliaとのギャップで楽しませてくれた。

映像が終わり、衣装をチェンジしたRoseliaがステージに再び現れると、Eveが提供した「閃光」が初披露される。先述の"キャラくず"からものすごい緩急だ。Eve節をRoselia流に昇華した楽曲を、いつもと違う音の表情で魅せていった5人は、ここから後半戦に向けて走り出す。志崎樺音と相羽あいなだけのパフォーマンスでスタートし、櫻川めぐ、中島由貴、工藤晴香の3名が合流していくドラマチックな「Singing "OURS"」は、歌が心に沁みる、この日のハイライトのひとつだった。

本編のラスト1曲を残して、5人からそれぞれメッセージが送られる。

"私はこの5人で立つステージが本当にすごく好きです。ずっとみんなと一緒に、今日のように温かくかけがえのない時間を過ごしたいと心から思いました"(志崎)
"あこね、もう次のライヴが楽しみなの。早く演奏したい、もっとこの先を走りたい。その日が来たときに、またみんなに会えるようこれからも頑張ります"(櫻川)
"今日は本当にありがとう。本当に遠くの遠くまでみんなが見えているの、やっぱり好きだなぁってすごく思うんだ。またみんなに会えますように"(中島)
"自分のこれまでの道のりを噛み締めながら、この5人で音を奏でることができて今日は本当に嬉しかったです"(工藤)
"楽しい時間はあっという間ね。こうしてライヴができること、みんなと過ごせること、本当に嬉しいわ。歌が好きだと言える今だからこそできたパフォーマンスだと思う。こうしてみんなと演奏できることが私は誇らしいの。まだ始まったばかりの青薔薇の道をこれからも歩き続けるわ。だから、これからもみんなもついてきて"(相羽)

ライヴもクライマックスへ。すっかり日が落ちた会場に青のペンライトが輝き、幻想的な光景のなか"Roseliaにすべてを賭ける覚悟はある?"(相羽)と投げかける。そうして今回の2デイズで初披露となる「ROZEN HORIZON」で本編を締めくくる。「FIRE BIRD」のアンサー・ソングとして制作されたというこの曲。音源とは異なる、キーボードの独奏で始まるアレンジから力強く駆け抜けていく、パワフルで熱いパフォーマンスに圧倒された。アンコールでは"キャラくず"の後半が放映され、「Song I am.」、そして約2年ぶりにライヴで披露された「LOUDER」で"Episode of Roselia"は閉幕。

5年間、キャラクターと共に成長を遂げてきたリアル・バンドとしての5人。Roseliaになることを選択した彼女たちが歩んでいく青薔薇の道、いばらの道の先に何があるのだろうか。その先の光景はRoseliaについていき、その目で確かめてほしい。


[Setlist]
1. Sing Alive
2. BLACK SHOUT
3. FIRE BIRD
4. R
5. Sprechchor
6. 約束
7. 閃光
8. Neo-Aspect
9. 熱色スターマイン
10. "UNIONS" Road
11. Singing "OURS"
12. ROZEN HORIZON
En1. Song I am.
En2. LOUDER

  • 1