MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

ALL TIME LOW|PUNKSPRING 2012

2012.03.31 @幕張メッセ

Reported by 沖 さやこ

この日、悠々自適で痛快なライヴを見せてくれたのはALL TIME LOW! ダンス・ビート風のリズムが心地よい「Time-Bomb」で幕を開け、Alex(Vo&Gt)の甘い声が場内を駆け抜ける。その高揚感に、フロアからは自然とハンズ・クラップが。PUNKSPRINGのことをSUMMER SONICと言ってしまった場面では"SUMMER SONICでもここ(幕張メッセ)で演奏したからね"と苦笑い。ギターを持ちながらもハンド・マイクで歌う場面や、フロアに歌を求めたりと、積極的にオーディエンスとコミュニケーションを取る。人懐っこいながらもスマートに繰り広げられるステージだ。

途中唐突に"この中に日本語と英語が話せる女の子はいる?"とフロアに呼び掛けると、挙手した女の子をステージの上へ。Alexが彼女に耳打ちをする。どうやら通訳をしてもらうつもりらしい。すると彼女は"あなたたちのことをとても愛しています。コンサートが終わったあと、みんなと赤ちゃんを作りたいです!"と翻訳し、会場は大盛り上がりだ。こんなナンパなことを言ったり、Jack(Gt)のマイク・スタンドにはどこから手に入れたか分からないブラがぶら下がっていたりしつつも、安定感のあるZack(Ba)とRian(Dr)のリズムはひたすら硬派で、AlexとJackのギターは爽やかに伸びてゆく。クスッと笑ってしまいながらも、キメるところはしっかりキメる。このコントラストも彼らの抜群のセンスであり魅力だ。

「Six Feet Under The Stars」の後、再び通訳の女の子を呼び寄せ会場で記念撮影。彼らの自由なスタイルは止まらず。「Weightless」ではZackがJackをお姫様だっこしたり、ラストの「Dear Maria, Count Me In」ではAlexがフロアへ降りて歌ったりと、過剰なくらい自由に、オーディエンスとのコミュニケーションを楽しんでいた。力強いアンサンブルと、ひたすらハッピーなエンタテインメント空間に、笑顔が絶えない35分間だった。

  • 1