MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

LIVE REPORT

SUMMER SONIC 2010|ALL TIME LOW

2010.08.07 @千葉マリンスタジアム&幕張メッセ

Reported by MAY-E

3OH!3に続くマリンステージには、またまた夏フェスにぴったりのバンドALL TIME LOWが登場。セカンド・アルバム『So Wrong, It's Right』(07年)、サード・アルバム『Nothing Personal』(09年)と次々にヒットを飛ばしている、アメリカはメリーランド州出身の4人組だ。
人気ファッション・ブランドGlamour Killsも彼らを手厚くサポートしているが、今回もメンバーはGlamour KillsのTシャツを着用して登場。いやー、かっこいいなぁ。
黄色い歓声に包まれながら、疾走感溢れるポップ・チューン「Damned If I Do Ya (Damned If I Don't)」でライヴはスタート。フロントマンのAlex Gaskarth(Vo&Gt)が"もっとクレイジーになれ!サークルを作れ!"とオーディエンスを煽ると、待ってましたとばかりにモッシュピットが出現。アップビートな「Weightless」や「Lost In Stereo」も、よりラウドでかっこいい。

それにしても、なんという安定感だろう。08年にはAlternative Press誌の"バンド・オブ・ザ・イヤー"に輝くなど、FALL OUT BOYが活動休止となった今のポップパンク・シーンを担うバンドとして頭角を現している実力派で、昨年行ったジャパン・ツアーやライヴ映像作品『Straight to Dvd』(09年)でも証明されている通り、ライヴに定評のあるバンドなのだが、音が反響してしまうこのマリンスタジアム、しかもスタンド席の後方にいる私にも、ヴォーカルと楽器隊が抜群に安定しているのが伝わってくるほど演奏レヴェルがとても高い。
Alexがオーディエンスに歩み寄り、"信じられないよ!ありがとう!"と何度もファンに言葉をかけていたのが印象的だった。夏フェスに相応しい、清々しいパフォーマンスに大満足だ。

  • 1