MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Leetspeak monsters

2018.03.19UPDATE

2018年03月号掲載

Leetspeak monsters

メンバー:D13(Vo/Rap) Yo'shmeer(Gt/Cho) Euskyss(Ba) DieWolf(Dr)

インタビュアー:KAORU

墓場の街"グレイヴタウン"からやって来た4人のモンスターによるバンド、Leetspeak monsters。彼らに、激ロック2回目となるインタビューを敢行した! 音楽的なルーツ、バンドのコンセプト、2ndミニ・アルバム『Mixtured night between Life and Death』について、さらには"仕切り行為"というV系にまつわるタブーに近い話題にまで及ぶ内容となったが、見た目は奇怪なモンスターでも、徹底的に"ポップ"にこだわる彼らだからこそと言える発言に注目してほしい。

-激ロックでは2回目のインタビュー、よろしくお願いします。(※Euskyssが激ロックマガジンをじっと見ている)普段から激ロックを読んでくださっているんですか?

Euskyss:もちろんよく見てますよ。もともとこのバンドはV系ではなく、ヘヴィでミクスチャーなバンドで――

Yo'shmeer:ガチャン!(※水をこぼす)

D13&Euskyss&DieWolf:(爆笑)

D13:なんかするなぁお前は。狙ってたでしょ?

Yo'shmeer:あっ! 違いません!

D13:違わないのか。

Yo'shmeer:あっ! 違います! 狙ってないです(笑)。

-(笑)Yo'shmeerさんが加入される前のことですが、前ギタリストのMattünurgさんが脱退した理由をお聞かせください。

D13:Mattünurgは、耳の調子が悪かったんだ。それでも音楽はできるだろうという感じでやってはいたんだが......。まぁ他の理由もいろいろあったんだろうね。もう続けるのが厳しいということで、"グレイヴタウンに帰ってもいいですか?"と言われて。"修理じゃダメなの?"と聞いたら、"修理じゃ直らない"ということだったから"じゃあ帰っていいぞ~"と。グレイヴタウンで新しいマシーンを作ってもらおうということになったんだ~。

-Yo'shmeerさんは加入する前、Leetspeak monsters(以下:Leetspeak)に対してどういう印象を持っていましたか?

Yo'shmeer:僕はそもそもお客さんとしてLeetspeakのライヴを観に行ってました。もともとグレイヴタウンに行く前はポップ・パンク系のバンドをやっていて、MELODY FALLとか、SUM 41とか、そういう感じの。でもティム・バートン作品の世界はずっと好きでしたし、誘われたときも、なんの抵抗もなく......まぁ断ったんですけどね(笑)。

D13:2回断られて。3度目は自分からやりたいと言ってきたな。"いや2回断ったでしょ?"と言ったら、すいませんでしたと(笑)。

Yo'shmeer:"自分で大丈夫なのかな?"という思いがあって。入りたいとは思ってたんですけど、いざとなったらビビっちゃって、人間界のいろんな友達に相談しました。

-前回のインタビューではお訊きしていなかったので、みなさんが影響を受けたアーティストや作品を教えてください。

D13:私が一番リスペクトしているのは、RAGE AGAINST THE MACHINE。バンドではないのだが、ティム・バートン監督作品の音楽を手掛けているDanny Elfman。ラップという部分だと、BEASTIE BOYSであったり、ちょっと陽気なヒップホップが大好きだな~。

-ここ数年は世界的にラップが大ブームですが、現行のラップ音楽は聴いていますか?

D13:う~ん、私は90年代のアーティストの方が好きだな。それから、ヒップホップを聴くときは、どちらかというとラップよりもトラックの方を聴いてる。EMINEMは音階やシーケンスなどが面白いんだ。

Euskyss:Leetspeakの音楽を作るうえで参考にしているのは、BLACK EYED PEASとか。『Monkey Business』というアルバムは、ヒップホップをよりポップに近づけた路線で、そもそもヒップホップを聴いてなかった人でもスっと入っていけるような作品なんです。ヒップホップと、ラップと、ポップさと、キャッチーさを併せ持った作品であるという面においては、とても参考になります。あとは、MY CHEMICAL ROMANCEとかも好きですね。

-『Monkey Business』は一気にヒップホップの間口を広げた作品でしたね。MY CHEMICAL ROMANCEの『The Black Parade』は、Leetspeakとわかりやすく共通するものがありますし。ゴシックでシアトリカルで。

Euskyss:ですね。ジャンルは関係なしにいろいろ聴くんですけど......。MAROON 5とかからも影響を受けてます。R&Bの要素も入ってるけど、やはりポップですし。

-Yo'shmeerさんは先ほどMELODY FALLやSUM 41を上げていましたが、他にはどんなものを聴いていましたか?

Yo'shmeer:AVENGED SEVENFOLDとか、MARILYN MANSONも好きですね。最初に好きになったのはBUCK-TICKでした。

DieWolf:僕はINCOGNITOだオォォォォン! ミクスチャーで言うと、LINKIN PARKとか、INCUBUSとか、そのあたりだオォォォォン!

-INCOGNITOから、突然ラウド/ミクスチャーを聴くようになったんですか?

DieWolf:うーん、ロック寄りでもファンク寄りでも、実はノリ自体はそんなに変わんないんだオォォォォン! 上に乗ってるのが歌なのかラップなのかっていうだけで、そういうノリが好きなんだฅ•ﻌ•ฅ。

-言われてみればたしかにそうですね。Leetspeakのライヴは高い評価を得ているようですが、ライヴにおいて大事にしていることというのは?

D13:その瞬間、その場所が、僕らの音楽があることで楽しくなるようにしたいと思ってるぞ~。ダンスというか、ちょっとした振付もあるんだ~。

Yo'shmeer:ライヴというよりはショーを見せている感覚に近いかもしれないです。ミュージカル的というか。

Euskyss:世界観を徹底的に作るというところはありますね。演奏的にはそんなに難しいことはやってなくて意図的にシンプルに作ってるので、身体が自然と動くような感じのフレーズ、グルーヴが出るようなステージングを心掛けています。

DieWolf:やっぱりグルーヴを意識しているオォォォォン! 余計なことをせずに、音数を極力減らして、上モノは好きにやってもらえるようにしているオォォォォン!