MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

MAKE MY DAY

2017.07.04UPDATE

2017年07月号掲載

MAKE MY DAY

メンバー:Isam(Vo) Julian(Gt/Vo) U-ske(Ba)

インタビュアー:荒金 良介

-なるほど。お客さんがどう盛り上がってくれるのか、それを踏まえて曲作りしたものもあると。「Kill Them All」は今作の中では異色というか、かなりキャッチーですね。

Isam:1回聴いただけで掛け合いの部分は覚えてもらえると思うんですよ。そういう曲がほしくて。

-「Urban Warfare」はスクラッチ音もあり、ラップ・メタル/ニューメタルのニュアンスを感じました。

Julian:青春がそこでしたからね。LIMP BIZKIT、LINKIN PARKとか。

-えぇ、僕は懐かしさを感じますけど、若い人は新鮮に聞こえるでしょうね。

Julian:前作もそういうアプローチはありましたけど、さらにわかりやすく寄せた感じはありますね。アーバン感を意識しました......それがスクラッチに出てるかなと。

Isam:はははは、適当だなぁ。

Julian:いや、スクラッチって東京っぽくないですか?

-気持ちはわかります(笑)。

Julian:懐かしいミクスチャーとはいえ、最初から最後までそういう感じだと、面白くないから。テンポ・チェンジしたり、自分たちらしさは出せたかなと。

Isam:ラップは大変でしたね。

Julian:でも、いい感じで地声とシャウトが混ざり合ってるし、味があるなと。意外と良くなった曲ですね。

Isam:曲は変わったよね。あと、「If I Die」はレコーディングに一番時間がかかりました。クリーンで普通に歌っているんですけど、それが難しくて。前作の「Pain Of March」はJulianだけが歌っているんですけど、それから3年を経て、僕も歌ってみたくなったんですよ。今はCrossfaithのKoie、Crystal LakeのRyo、HER NAME IN BLOODのIkepyとかみんな歌い始めてるじゃないですか。俺もやりたいなと(笑)。

-なるほど。

Julian:「If I Die」は僕的にはオルタナティヴ、パワー・バラードのイメージですね。古臭いロックみたいな気持ちで作りました。SEETHER、BREAKING BENJAMINとか、それにシーケンスを足したような感じです。

Isam:この曲をNICKELBACKのヴォーカル(Chad Kroeger)が歌ったら、NICKELBACKになると思うし。

U-ske:そりゃ何でもそうだろ(笑)。

-「Moments」の出だしは、ちょっとSLIPKNOTっぽい雰囲気ですね。

Julian:あぁ、最初のリフはそういう感じですもんね。これは最後にできた曲なんですよ。

Isam:あっ、これもライヴを想定に作った曲だ!

Julian:そうそう。キッズたちがどんな曲を聴いて、どんなノリをするのかなと考えながら作りました。今の日本のラウド・シーンを意識したところもありますね。僕は洋楽志向だけど、日本のシーンに寄せても面白いのかなと。結果的には僕っぽい曲になりましたけど。

Isam:Julianが出てくるリフはメタルですからね。ライヴだと、また違って聴こえるかなと。

U-ske:この曲は直感ですけど、一番いいなと思いました。

Julian:4曲作ったあとに、ほかの曲とは差別化するためにピアノを入れてみたんですよ。

Isam:僕は好きな曲ですね。バンドを始めたころはエモが大好きだったし、エモっぽいセクションがあると、ライヴの緩急もつけやすいですから。UNDEROATHも好きなんですよ。

Julian:今回のシングルに限らずですけど、なるべくいろんな側面を見せたいし、いろんなアプローチにトライしたいですからね。

-今回の歌詞に関しては?

Isam:ふたりで分けて書いてます。

Julian:そこもこだわりがあるわけじゃなくて。

Isam:この曲は俺が書きたい! って感じですかね。「If I Die」は僕が歌詞を書きました。

Julian:それ以外は僕ですね。曲を聴いて、インスピレーションを受けた方が書くという。

Isam:Julianの歌詞もエモーショナルなんですよね。

Julian:歌詞の内容は多岐に渡っているので、全体を通して統一されたものはないんですけど。「Urban Warfare」は都市での闘いみたいな。それはリアルな戦争とかではなく、街に生きる人たちの悩み、夢、恋愛、やりたいこと......みんないろんなことで日々闘ってると思うから。

Isam:今回は渋谷でアーティスト写真を撮っているんですよ。ジャケもそうだけど、コンセプトにシティというものがあって。俺らは都市で活動しているし、渋谷が活動拠点でもあるから。俺らは渋谷で闘っているけど、みんなもいろんな場所で闘っているでしょ? って。

Julian:特に東京は単純に人も多いですからね。それだけいろんな出来事があるだろうし。

-わかりました。今作のレコ発ツアーは?

Julian:計画中ですね。とりあえず8月26日にリリース・パーティーがあるので、チェックしてもらえたらなと。あと、素晴らしいドラマーが見つかったんですよ。そういう意味ではリフレッシュして、MAKE MY DAYのバンドの状態はさらに良くなると思います。ほんと最近見つかったので、今回のレコーディングには参加してないんですけど。18歳ですからね。新ドラマーを含めて、これから新しいMAKE MY DAYを見せられるんじゃないかと。