MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Ailiph Doepa

2016.07.21UPDATE

2016年07月号掲載

Ailiph Doepa

メンバー:アイガーゴイル(Vo) レッドジブラ(Ba) パプリカパプリコ(Gt) ドナルディーケチャップ(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

-中盤のスラップっぽいベースも印象的ですね。

レッドジブラ:この曲はスラップじゃなくて指弾きで力込めて思いっきり弾いてるんですよ。難しかったですね、あのノリを出すのは。他の2曲はピック弾きでベースのアプローチも違うから、ベーシストも楽しめるかなと。

アイガーゴイル:ZAZEN BOYSも好きだから、ああいうノリも出したかったんですよ。今までAiliph Doepaっぽさが何かわからなかったけど、だんだんわかってきて。おこがましいかもしれないけど、俺が作ればどんな方向性の曲でもAiliph Doepaの曲になるのかなと。

レッドジブラ:曲をメインで作ってるからね。何を歌っても、この人になるから。

ケチャップ:この曲はテンポ・チェンジしないし、純粋に演奏するだけだから、すごく楽しかったですね。

レッドジブラ:バンドのノリが一番試される曲だからね。グルーヴが大事になるから、それは勉強になりました。

パプリカ:バンド史上、初めて音楽をした曲だなと思います。

-というのは?

パプリカ:俺の中ではある意味、一番難しい曲かもしれない。もう音源ができてるけど、まだ満足してなくて。これからやっていくうちにすごい曲になっていくのかなと思います。

レッドジブラ:今まではクリックに合わせて、フレーズを埋め込むのがAiliph Doepaだったからね。

-「Let it Die~Requiem of my Soul~」は、サバイバル・アクション・ゲーム"LET IT DIE"の公式参加ソングですよね?

アイガーゴイル:この曲はこいつ(パプリカ)と一緒に作りました。それでみんなに聴かせたら、"えっ?"みたいな。"Ailiph Doepaっぽくないじゃん"って。

レッドジブラ:音を出したら、イマイチだったんですよ。

-最初は全然違う曲調だったんですか?

パプリカ:ふたりで作ったときの原形をとどめてないもんね。

アイガーゴイル:最初はサビで手を上げちゃう系の曲でした。悪い意味でAiliph Doepaっぽくなくて、"それやっちゃうの?"みたいな方向に行っちゃったから。だから最終的に俺がアレンジしてまとめたのが今の形です。爽やかというか、海外の清涼飲料水のCMに使ってもらえそうな感じですね(笑)。曲自体は頭のリフだけ俺が考えて、そこからふたりで広げた感じですね。この曲は唯一、Aメロ、Bメロ、サビという概念が当てはまる聴きやすい曲です。

-今作の中では最もキャッチーな曲ですね。冒頭にスクラッチ音も入ってますが。

アイガーゴイル:あれは口でやってるんですよ。

-最初、口でやってるのかなと思いましたが、それにしては上手すぎるなと(笑)。

アイガーゴイル:DJをネットで募集したけど、誰も来なくて。それなら口でやろうかなと思い、動画サイトで"口スクラッチ"で調べて、見よう見まねでやりました。

-他にはラップやファンクの要素もあって、ちょっと昔のミクスチャー・バンドっぽいノリがありますね。

パプリカ:原形はLIMP BIZKITっぽい感じでしたからね。

レッドジブラ:いい意味で洋楽のチャラさを入れたかったんですよ。

-今作は全3曲に言えますが、ヴォーカルの表現力もアップして、楽曲の構築感が高まっているので、また今後どうなるのか楽しみになってきました。

レッドジブラ:今回は時間をかけて録ったので、リズムも突き詰めることができましたからね。

アイガーゴイル:ハチャメチャなことをやってるように聞こえて、実はしっかり構築されてるから。やりたいことをひらすら詰め込みながら、そのセクションに必要なヴォーカルを入れよう、ということを心掛けました。ライヴは大変ですね(笑)。

-今作のレコ発ツアーもあるんですよね?

アイガーゴイル:はい、十数ヶ所回ります。この3曲も毎回やると思うんで、どこで演奏しても、移動の運転でクソ疲れてても、きちんと演奏できるポテンシャルを身につけておきたいと思います。これだけの曲を作って演奏できなかったら、恥ずかしいですからね。しっかりバンド力をつけたいです。あとは運転を頑張ります! 今回は初めて九州方面にも行くので、おいしいものも食べたいですね。まぁ、一番のミスはツアー・ファイナルを新宿MARZにしなかったことですね。

一同:はははは(笑)!