MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LINKIN PARK

2014.05.21UPDATE

2014年05月号掲載

LINKIN PARK

メンバー:Chester Bennington (Vo) Rob Bourdon (Dr)

-分かりました。ありがとうございます。それではChesterさんが昨年STONE TEMPLE PILOTSと一緒に活動したとき、STPのメンバーはレコーディングの時に全員がスタジオに集まるという当たり前に思っていたことがそうではなく、LPでは当然と思っていたことに感謝したという取材記事を目にしたのですが、これらのことでLPの新作作りにインスパイアされたことはありますか?

C:俺はそんなこと言ってないよ。STPと一緒に活動して本当に楽しかった。ロスト・イン・トランスレーションなんじゃないかな、LPとSTPはアルバム制作のスタイルが違うだけだ。俺たちはSTPというバンドとしてアルバム全曲を一緒に作った。スタジオで一緒になってアコースティック・ギターとアカペラでジャムりながら曲を書いて、Ericが向こうにいて、Deanが弾いているギターの横で"これで行こう!"ってRobertが叫ぶみたいな。めちゃくちゃクールだったよ。こういうやり方はSTPとしてもしばらくなかった。DeanとRobertだけで曲を書いていたからね。彼らにとってもバンドとしてリフレッシュした形だった。俺にとっては才能溢れるミュージシャンたちと、テクノロジーが発達する以前のようなオーガニックな形で音楽を作るというのがとても刺激的な素晴らしい体験でクールだった。それから例えばツアーの時に言われたのが"おまえって歌詞覚えてるのな。すごいよ"みたいなことも言われた。もちろん俺はプロのヴォーカリストだよ(笑)!って返したけど、それは驚くべきことではないけれど、しばらくそういう状況ではなかったSTPにとっても新鮮だったようだ。そんな感じでいるっていうことに感謝しているっていう意味だったのかもしれない。それが彼らにとってノーマルでないこともLPにとってノーマルだったり。いろいろな面で開眼したよ。LPは素晴らしいよ。俺たちメンバーが違っていたら世界が違っていたかもしれない。コミュニケーションする時にでも、お互いにプロフェッショナルとして尊敬しあっているし、それはわりと稀なことなんだ。お互いに感謝するというのは俺たちの中で当然なんだけど、別の世界にいくとそうでもないことを認識する。俺はそのLP的なカルチャーをSTPに持ち込んで、凄く楽しく過ごすことができたよ。俺がSTPのことを(怠惰だとかレコーディングの過程が変だとか)批判したことは一切ない。と、いうことをわかってもらいたい。

-それでは、今アルバムのうち、現時点での6曲のトラック・リストをもらっているのですが、制作秘話があれば教えて下さい。

C:それぞれの曲にクールな逸話があるよ。「Guilty All the Same」は俺たちが作ってきたこと、それからファンが俺たちに期待する方向性でもあるのかもしれない。「Rebellion」に関しては、何か新しいサウンドを作りたかった。それは新しいプロデューサーで作るということではなくで、誰か俺たちが尊敬するミュージシャン......例えば(SYSTEM OF A DOWNの)Daronであったり、Rakimであったり、Page Hamiltonであったりを起用するという形がいいんじゃないかとなった。とにかく今回はそういったアイデアが浮かんで"これ、Rakimにどうかな"ってアイデアが浮かんで、そうしたら本当に突然Rakimが来たー!っていうね(笑)。もうめちゃくちゃみんな喜んだよ。Rakimのラップは俺たちが曲で言いたいこと、求めていたものそのものだった。乱暴な言い方かもしれないけど、Rakimじゃなかったらあの曲はたいしたことなかったと思うんだ。ファッキン・エピックな曲になった。Daronに関しては、Daronに曲を聴いてもらったら、気に入ってくれたんだ。だけど彼は"俺にギターを加えて欲しいとは思って欲しくない、もうすでに全てがある曲だから"と言われ、何かオリジナルな曲でやろうということになった。そこでDaronが「Rebellion」を持ってきたんだけど、ギター・パートも曲の構築も全て素晴らしく、俺たちの求めているもので、これを作りあげることになったんだ。「All For Nothing」にも面白いエピソードがある。俺たちは最初っからこの曲が大好きで、メロディがクールなんだけどMikeは歌うのに苦心していた。あんなに時間がかかるのは珍しいことだった。俺が"なんか声がちょっとHELMETっぽくない?"っ言ったんだよ。Mikeは"そうなんだよ。俺もそう思ってた。いいことなのかな、それって"って言うから、俺は"クールに決まってるよ。だって俺、HELMET大好きだし(笑)"って言った。"似せようとしているわけじゃないのに、そうなるっていうのはクールだな。いっそのこと(HELMETのギタリストの)Pageにギター弾いてもらうのはどうか"という話になったんだよ。そしたら今度はPageが本当にスタジオにいるんだよ(爆笑)!! とにかくPageのギターは最高だった。そうあるべくして導かれたような最高のできの曲になったと思う。そうやって1曲1曲ができ上がっていったんだ。他にも面白くてクールなエピソードがあって話したいんだけど、クール過ぎて話せない(笑)。いや、本当に話したいんだけど(笑)。

-本日はどうもありがとうございました。今回のアルバムはまさにエピックだと思うので、発売が待ち遠しいです。

2人:どうもありがとう。