MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LINKIN PARK

2014.05.21UPDATE

2014年05月号掲載

LINKIN PARK

メンバー:Chester Bennington (Vo) Rob Bourdon (Dr)

-そしてアルバム・タイトルは『The Hunting Party』でツアー・タイトルは"Carnivore(=肉食)Tour"と発表されましたが、この意味を教えて下さい。お互いに関連性があると思うのですが。

C:"Carnivore"というのがもともとアルバム・タイトルの候補だったんだ。音楽に対して本能の赴くままに、動物的で引き裂くような剥き出しのロウなイメージで、これが俺たちの要素でもある、と思った。Carnivoreは聞こえもヴィジュアル的にもクールだ。しかし動物的な本能は表現しているけれど、テクニカリーな面で音楽の複雑性などを表していないということになった。つまりロウで"生"な感じはあっても、それだけで終わっていて、サウンドの思慮深さや音楽のツヤ、テクニカリーな部分が欠けている。そこで両面を備えた『The Hunting Party』というのが思いついた。つまりハンティング(狩猟)・パーティ(集団)でハンティングに出かけるということは、その目的は"殺す"ということにありながらも、複数の人間が目的に向かって組織的に綿密な計算と戦略が必要だと言うこと。これがアグレッシヴさと相互の熟考の両方の複雑性を表現しているんだ。だからアルバム・タイトルになった。しかし、ツアー・タイトルに関してアルバムとの関連性やバンドの方向性について関連性も持たせたかった。ライヴというのは音楽的に動物的な要素が大きいということでCarnivoreはツアーのタイトルに適しているだろうと、北米ツアーのタイトルにすることにしたんだ。

R:ハンティングというのは、緊張感があって、何を狩猟しようとしているのかに関わらず、ハンターが組織的に経験に基づいて意図的に戦略を立てる。言うなれば俺たちは今作でハンティングしようとしているのは、ロウでリアルでエネルギッシュで、今の世界で失われているなにか。今作のようなヘヴィなサウンドはここしばらくはなかったものなので、これは個人的に自分の奥深くからえぐりだすような作業でもあり、ヘヴィなサウンドは自分にとってタフなものでもあるのだけど、まさに"ハントダウン(追いつめて捕まえる)"という感覚に近くて、自分の限界に挑戦してやる気にさせてくれるという感じがしていている。

-歌詞に関してアルバムで一貫したテーマはありますか?

こういうアグレッシヴなアルバムを制作するにあたって、まず何がくだらないのか、何が世界を台無しにしようとしているのかを考えた。そしてどうすれば改善できるのか、最高にできるのか。それから俺たちが至らないのはなんなのかを考えた。そして俺たちの中で全員がすぐさま同意したことのひとつは『Hybrid Theory』で語ってきたことは、人生における将来への不安や恐れであるけど、これは若かりし頃の見解で、今の俺たちにはできない。なぜならもう1度やったし、既に死ぬほど語り尽くしてるから。じゃあ俺たちが今語るべきことはなんなのか、怒りを覚えることはなんなのかと考えた。つまり、38歳のロック・スターで(笑)、素晴らしい家族もいる仕事も成功した男が、怒りをぶちまけられて、理にかなっていることだ。誰かが常に何かに対して憤りを感じている。それが正しくとも正しくなかろうともだ。たくさんのことが世界では起こっているんだ。何が俺たちを悩ませるのか。そういった広範囲で様々な事象に目を向けている。そして俺たちが戦って求めているものは何か。自由、愛、恵まれない人々への支援、独立、クリエイティビティ、それからヴィジョン、尊厳......そういったことがあげられると思う。つまり男女の関係から、今の音楽業界......これは「Guilty All the Same」のRakimの歌詞がよく物語っているけれど、俺はRakimはリリックの天才だと思っているし、彼のラップが曲をひとつにまとめてくれた。今の音楽シーンは何と戦っているのか。全てのハード・ロックは常に何かを求めて戦っている。すべての人が今の音楽シーンに満足しているわけではない。俺たちが今ヘヴィなサウンドのアルバムを出す必要性は道理に適っているだろう。昔からハード・ロックで怒りをぶちまけるということがあったのだから。俺たちの方向性は明らかだった。

-もっと音楽の話をお伺いしたいのですが、時間がなくなってきてしまったので、音楽以外の活動についてもお聞きしなければならないのですが、まずMusic For Relief(東日本大震災発生を受け、LINKIN PARKが設立したチャリティー団体)に関しての話を。

C:アルバムに関する話をしようぜ。音楽の話しがしたい。それでいいよ。