MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

ROACH

メンバー:Taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-最後に1言ずつ今作についてのコメントをお願いします。

Daisuke:今までも自分たちのやりたい音楽を、こういうのがかっこいいと思うものをやってきたんですけど、ツアーでいろいろなところを回って、こういう曲をやったらお客さんはこう楽しめるんだなというのが自然と分かってきたんです。そして、ライヴではこういう曲が欲しいというものも合宿をして自然にできていったんです。そういったことが自然に出せたアルバムだと思ってます。シンガロング、コーラス・パートもたくさん入ってますし、みんなで踊れる曲もたくさん入っているのでライヴでもガンガンやっていこうと思います。楽しみにしていて下さい。

勝也:このアルバムの押しの部分は、メッセージと歌ですね。1曲1曲の言葉とかのニュアンスは分かりやすくなったと感じているんですけど、1曲1曲のストーリーや伝えたい内容は濃くなっていると思っています。やっぱり歌ですね。

Daisuke:ベースは(笑)?

勝也:ベースは……できることだけやってます(笑)。

くぼっち:今回は等身大というか、自分たちの内から出てきたものをそのまま出しているので、聴いていてスッと入ってくると思うんです。今回の個人的なテーマは“胸キュン”で、“胸キュン”をいっぱい詰めよう、彩りを添えようという。聴いてもらって“胸キュン”して欲しいなと思いますし、今回はジャケットや歌詞カードにもこだわっているのでそこも楽しんで欲しいですね。MP3だけじゃ満足させないと自信を持てるアルバムなので、ぜひチェックして欲しいです。

Taama:いろんな曲ができているんですけど、自分的には1つのバンドの中で表現しきれるものになっていて、違和感なく聴けると思っています。このジャンルが好きだからというよりか、会場にいる全ての人を巻き込んでみんなで楽しんでいけるようなライヴを作るために、また新しいエッセンスを加えたというようなイメージがすごくありますね。よりライヴをみんなで楽しむためのサポートをしてくれるアルバムになっているんじゃないかなと感じています。アルバムのジャケットはDOCAN!にお願いしてやってもらったんですが、1個1個彼の思う言葉からイメージする絵というものを形にしてもらったりとこだわって作りました。FLiPのサチコに参加してもらったり、今回もアーティストと一緒に関わってでき上がった作品でもあるのでそういう点も含めて、自分たちだけでは完成できなかった作品だと思っているので、今後とも引き続き皆さん宜しくお願いします(笑)。 モッシュ・ピットで会いましょう!