MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

ROACH

メンバー:Taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-皆さんは驚かなかったですか?

Taama:レコーディング中は終始みんな爆笑だったよね(笑)。

Daisuke:文面というか、歌詞カードで見たら面白そうですね。ぜひカラオケに入れて欲しい曲ですね(笑)。

一同:(爆笑)

Daisuke:歌詞は基本的にめちゃめちゃハマらない限りは見ないんですよ。演奏する側なので曲を中心に聴いているんです。アルバムを手にした時に、歌詞を見ないで聴くだけの人もいると思うんですけど、歌詞を見た時に受ける衝撃が楽しみですね。

Taama:衝撃の“衝”は“笑”だけどね(笑)。

一同:(笑)

-歌詞はブックレットに載せてるんですか?

Taama:すべては載せてないですよ。歌詞を知りたければレッドブル片手にって感じですね。

-歌詞については某エナジードリンクの側面参照って書いておけばいいんじゃないですか?それを片手に歌ってくださいと(笑)。

一同:(笑)

-片手に持ってカラオケに行けばそのまま歌えますからね(笑)。

一同:(爆笑)

-でも最初は気付かなかったですけどね。みんな気づいてたんですか?気付かない俺って鈍感なのかなって若干思いましたよ。

一同:(爆笑)

Taama:普通は気付かないですよ(笑)。

Daisuke:シャウト・パートだし気付きにくいですよね。歌詞と照らし合わせてそのシャウトを歌って、本当にこういう風に歌ってるんだって気付いた時は面白いですもんね。

Taama:まさかそんな風に歌ってるとは思わないよね。

Daisuke:シャウト・パートをレコーディングしてて、めっちゃかっこいいなって思っていて後々歌詞を見て大爆笑しました。

-この楽曲がライヴなどで取り入れて、その前のMCなどがどうなるのか楽しみです。普通にはやらないんだろうなと(笑)。

Taama:頑張ります!面白いMC考えなきゃ(笑)。

-Track.6「ウィシュガー」は今作の中である意味1番のチャレンジでもあったのかなと思いました。特にコーラス・パートにちょっとしたミュージカル・テイストすら感じて、独特な雰囲気だなと思いました。

勝也:実は結成当初はこういうことをやっていたんです。

Taama:これも沖縄に零戦というバンドがいるんですが、こういうことをやっていて影響を受けていたんです。前のツアーのファイナル・ワンマンの時に復活して下さいとお願いをしてゲストとして出てもらったりもしたんです。改めてやっぱりかっこいいバンドだなとすごく思ったし、最近ではエスニックなイメージとヘヴィな曲を混ぜているバンドってどんどん減っているじゃないですか。自分のルーツでもあるし、最近そういうバンドがいないということも含めて、あえてそこにトライしたいと思ったんです。この曲はすんなりできましたね。

-今のROACHの大半のファンって、『BREED OF THE SUN』リリース以降にROACHのファンになった人が多いと思うんで、逆に初期のサウンドに近いことが新鮮だと思うんですよね。やっている側は感じなくても、聴いている側はとしては。
話は変わりますが、沖縄での激ロックは今年のトピックの1つだったと思います。あのイベントを思い返していただけますか?何か思い出に残っていることなどがあれば教えて下さい。

Taama:え、全部です。めっちゃ楽しかったもん(笑)。激ロックを沖縄で開催することが決まって、本当にみんなすごい喜んでいたのでそれが1番印象的でしたね。発表した時からみんなめっちゃ喜んでくれてたんです。

くぼっち:激ロックが沖縄に上陸するというのは、ある意味事件だよね。

-この作品のタワレコ特典で激ロック in 沖縄のライヴDVDが付いてくるそうですね。これはどなたのアイデアだったんですか?

レーベル担当:本当は翌週にあったフェスの映像と両方撮って、いい沖縄の紹介VTRになればいいなと思っていたんですが、その翌週がDragon Ashも出なくなったりだとかドタバタしていた時期で、そのショットをオフ・ショット的な感じで挿入してライヴ映像は激ロックの方で出しましょうということになりました。

-ありがとうございます。完成したらぜひ観させて下さい。

Taama:むしろありがとうございます!

くぼっち:激ロックというだけでおいしい映像が入っているぞって感じがしますからね。