MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

ROACH

メンバー:Taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-この曲を入れることでアルバム全体が引き締まったということでしょうか?

Taama:そんな気がしたんです。

-この曲を聴いて、やはりROACHの強みというのはどういう曲を作ってもROACHにしか聴こえないということかなと感じました。

Taama:ありがとうございます。めっちゃ嬉しいです。

くぼっち:この曲は4つ打ちなんですけど、今流行っている振り切った感じにはしたくなくて、絶対に自分たちの持ち味は出したいと思って作った曲なので、すごく嬉しいです。

-次に、会場限定EPのみに収録されていた「耳ヲ澄マセバ」ですが、これは完全に新録ですか?

Taama:メロディと歌詞が変わっていますね。

-今までの楽曲をただ録り直しただけではないという意味も込めて、タイトルをカタカナにしているんですか?

Taama:この曲は実は幽霊に向けて歌った歌で前回テキサスに行った時にレコーディングした1曲なんです。いつもはできるだけ単純な英語を使って分かりやすくやってきたんですが、アメリカにいるしエンジニアさんに聞きながら自分で普段使わない単語とかも使ったりしていたので、上手く気持ちを乗せずらい、伝えきれないなと引っ掛かってた部分もあって、そういうところもひっくるめて歌詞も全部直したんです。幽霊に向けてというか、目に見えない人たちにという意味で、このアルバムに入れてもいいかなとすごく思ったんです。1回ライヴで心霊写真が撮れたことがあったんですよ。滋賀のB-FLATというライヴハウスなんですけど、幽霊が出るという噂があって、その後実際にライヴをする機会があったんですが、その時に幽霊はバンドマンを見守っているツアー・スタッフみたいなもんじゃないかって話になったんです。それで今日は幽霊にも向けてライヴをしようということで、電気を全部消してライヴをしたんです。後半にはずっと真っ暗はヤバイだろうということで、ちょっとずつ明かりをつけていったんですが、対バンの子たちがいっぱい写メを撮っていて、終わった後にその子たちが携帯を持ってきて写真をみてみたら、上に顔が3つぐらい並んでいたんです。その写真をライヴハウスのスタッフに見せたら、“うちには3人幽霊がいるから全員ライヴ見に来ていたんだね”って言われて(笑)。歌を届ける対象の幅がその時に広がりました(笑)。要は賛美歌とかゴスペルもそういうものなんだなって思って、こういう風に歌ってもいいんだなって思ったのが最初のきっかけなんですけど。そういう意味でも沖縄はスピリチュアルな島でもあるので、入っていてもいいかなと思って再録したんです。

-会場限定EPを持ってないROACHのファンの子もいたと思うんです。そういう意味でいうと、ライヴのキラー・チューンがこうやってROACHの現在の非常にヘヴィでラウドなサウンドで甦ったのはみんな嬉しいんじゃないかなと思います。

Taama:結構“今日はやってくれないんですか?”っていう要望もありますしね。

-Track.4「LONE★STAR」はROACHらしい曲ですね?王道のトラックかなと感じたのですが、如何ですか?

くぼっち:僕ら的には逆で、感覚的には今までなかったなという感じですね。 Taama:結成最初の頃にイメージしていた雰囲気の曲じゃない?だからそういう風に言ってもらえてすごく嬉しいですね。いろいろ考えて悩んでやってきて、なんだかんだ言ってこういう曲って少なかった気がするんです。いろいろやっている分、そういう風に言ってもらえたのはめっちゃ嬉しいです。

-どの曲に似ているとかそういうことではなくて、今作の「HIGH FIVE!!」とかキャッチーに寄せた曲と、前作のすごくヘヴィな楽曲などトータル的にいうと、その間にある曲かなという。前作と今作との接着剤というか、どっちにも寄りすぎていないというか。どの曲もそうなんだけど、曲を知らなくてもライヴで盛り上がりやすいし、入り口として聴きやすいのかなと思いました。
そして、Track.5の「テイスト・オブ・ザ・デビル」ですが、この歌詞のアイデアは非常に面白いですね。説明をお願いできますか?

一同:(爆笑)

Taama:歌詞を事務所で泊り込みで作ってたんですが、最初は“エナジードリンク”という仮タイトルで、こんなタイトルの曲があったらかっこいいなって思って、ストーリーを考えて書いてたんですが、ストーリーなんてなかなか書かないから苦戦してたんです。“絶対これ面白くなる気がするんだけど、でも何かパンチが足りないんだよな……おっ!?これだ!!”って(笑)。もしかしたら面白いんじゃないかって思って一気に書き出して、当てはめてみたらめっちゃハマって、これはかっこいいからそのまま行きたいと思って、恐る恐るみんなに聞いたらOKが出たんです。今回のアルバムは沖縄をテーマにしているじゃないですか。バンドとして影響を受けているのは誰なんだろうっていろいろ悩んだんですよ。その時々で聴いているものって変わっていくから、元々根本的にあるのは誰なのかなって考えた時に、沖縄のバンドから入ってきているので、根本のルーツってそこなんじゃないかなってすごく思ったんです。それを改めて再確認する意味で沖縄のバンドたちのオマージュをやりたいと思って、自分的にこの曲は地獄車の面白い要素と「ウンコ哲学」という曲のコーラスのリズムの感じをオマージュとして入れているんです。