MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ROACH

2012.10.05UPDATE

2012年10月号掲載

ROACH

メンバー:Taama (Vo) くぼっち (Gt) 勝也 (Ba) Daisuke (Dr)

インタビュアー:ムラオカ

-通常のDVDも12曲入りということですが、ライヴ全曲を収録しているんですか?

Taama:全曲ではないですね。

-折角なのでPRというか、こんなものになっていますという説明をお願いします。

Taama:ワンマンってすごく苦手なんですよ。でも、今までやったワンマンの中で1番良かったですね。まだまだ課題もいっぱいあるんですけど、今までやってきたライヴの中で1番良いライヴができたかなと思ってます。

-今までのワンマンで1番自信があるものを納めたということですね?やっぱりワンマンというと、要は基本的にはROACHの一番濃いファンたちな訳じゃないですか。対バン等のライヴとは違った一体感があるのかなと思うのですが、いかがでしたか?

Taama:僕はセット・リストを組むのがすごく苦手なんです。でもセット・リストを組まないとワンマンってできないじゃないですか。

-普段はセット・リストを組んでいないんですか?

Taama:今までは組んでなかったですね。

-そうなんですか?それは知らなかったです。

Taama:ちゃんとできるようにならないと、と思って最近はセット・リストを組むようにしているんです。

-今まではその場その場でTaama君がこの曲やろうって決めて、みんなが着いていく感じだったんですか?

一同:そうですね。

くぼっち:会場の空気とかを見て、今はこれだろみたいな感じでやっていましたね。

Daisuke:よく米兵相手にライヴをするんですが、こういうのが聴きたいんだろうなって予想して曲を選んでいたんですけど、そういう感覚が1番いろいろ柔軟にできるなと思ってツアーをやってました。でもいざワンマンとなるとそれはできないし、普段はやっていないから慣れてなくて、これは良くないだろうという感じになりました(笑)。

Taama:お客さんとの空気感の中でセット・リストが生まれていくんですけど、セット・リストを組むと、対お客さんというよりむしろ自分とセット・リストの戦いになってくるんですよね。なのでセット・リストを組むのはすごく苦手なんです。でもそのままじゃいけないし、バーでライヴをするのとは違うじゃないですか。照明さんやPAさんとのコンビネーションで作っていくのがベースなんだなということが分かったので、それは今後詰めていかないといけないなって思ってます。

-ツアーが1段落して、現在はイベントなどに出演していると思うんですが、今もセット・リストを組んでいないんですか?

Taama:今はちょっと組んでいます。

-時々セット・リストを変えたりしているんですか?

Taama:この空気で、このセット・リストで、という時に今までだったら空気を読んでセット・リストを変えていたわけですが、そうではなくて、これを貫くためにこの空気をどう変えて行くかという様なイメージは持つようにしていますね。でも、まだちょっと“次の曲変えようかな”って思ってしまって少し堪えたりはするんですけどね(笑)。

-そうなんですね(笑)。DVDに収録されているのは12曲ですが、実際にO-WESTでは何曲演奏したんですか?

くぼっち:16か17曲ぐらいですね。

-DJって基本的に空気を見て選曲するので、DJの感覚に近いと思います。予想以上に邦楽で盛り上がらなかったら、洋楽に切り替えてとかヘヴィなのがダメならポップなものをなどというようなことが当たり前の世界なので。

Taama:そうなんですね。

-今作のリリース後にはセット・リストが変わったりするんでしょうか?

Taama:今作も延長線上にあって、常にライヴに足りない曲だったりというイメージから曲を作っているので、今やっているものの空気にどんどん足していきながらという感じになると思います。

-ここ最近のライヴで『OKINAMERICA』から披露した曲はありますか?

Taama:1曲目の「LINE-小さな島の国境線-」ですね。

-いつぐらいのライヴからやっているのでしょうか?

Taama:ワンマンで初めてやりました。

-他の曲はやっていないんですか?

Taama:「テイスト・オブ・ザ・デビル」を1、2回やったぐらいですね。