MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

LINKIN PARK

2010.10.06UPDATE

2012年07月号掲載

LINKIN PARK

メンバー:Chester Bennington(Vo) Mike Shinoda(Vo&Gt&Key) Brad Delson(Gt) Rob Bourdon(Dr)

-「Wretches And Kings」の冒頭にあるドラマチックなサンプリングは何のサンプリングなのですか?

M:「Wretches And Kings」の頭の部分はMario Savioという人のクリップだよ。彼がバークレーのSproul Hallの階段で話をしていたんだ。

B:そうだね。

M:バークレーで彼は労働者の権利やいかに自分達が抑圧されているか、そして利用されているかということを話していたんだ。内容以外にも彼の話し方が素晴らしくてね。おもしろいことに僕達よりちょっと上の年代のマネージャーに聞かせたらちゃんとこのスピーチを知っていたんだ。
それに彼はこの人のことも知っていて、この背景としての文化もよく知っていたんだ。そういう意味ではこのレコードの中で自分達は知らなかったけれど過去に起きていた事象やムーヴメントに言及しているところはいくつかあるかもしれないね。当時生きていたかもしれないけれど若すぎて知らなかったことも含めてね。そしてそのためにインターネットがあると思うんだ。そういうものを発表して文化をリードする、それは僕達のバンド、ファンのカルチャーであり、クールだと思うことを発表することによってみんなこのスピーチを聞いてごらんよ、これをチェックしてみてよ、と投げかければみんなもそれを知ることができるんだよね。
そういうものの中ではこのスピーチは特に気に入っていて、それを今日聞いたとしても、いろいろなことに当てはめることができると思うんだ。

-アルバムにそのサンプリングを収録して発信するということの意味については?

M:僕には小さなささやきのようなものが聞こえてき始めているんだ。人はこのレコードに政治的方向性が感じられると言うんだけれど、僕はそんな風に感じないし僕達は政治的になろうと考えてもいないと思うんだ。どこかそういう風にとれるところがあるからといって、そうではないしこれは政治的なレコードだとも僕は感じていないんだ。

B:政治的なものではないけれど、全体的なメッセージはあるよね。

M:政治的なものではないよね、うん。

B:Mikeが説明したあの言葉による影響力は感情面でのものだと思う。君が言ったように、それが当時持っていた影響力はそれ自身として存在するものだけれど、それを今一度2010年のアルバムの一部として取り入れる時、それは新たな意味を持つようになり、それは以前と違った意味となるかもしれない。彼がその当時について語っていた内容というのは今日にも共通することであり、また同時に今日の文脈では全く違う、または新しい意味を持って響くものになるんだ。

-政治的でないとしたらどのようなメッセージなのでしょうか?

B:僕はそこにメッセージがあるとは思わないな。僕達が曲を書くとき、僕達はメッセージを持たない。僕達は僕達の感情のありのままを表現しているんだ。だから僕達は誰かの発言を聞いて、その言葉の意味に共鳴しているだけなのではなく、その言葉の発せられ方、スピーカーの感情の正直さに共鳴しているんだ。そしてそれが僕達が作っている音楽につながるというのはとても楽しいプロセスで、僕達が大好きなことであるんだ。そして何より、これは僕達6人のクリエイティヴ・アイデンティティを表現した、とてもパーソナルなアルバムなんだ。そして僕達が望むのはこのアルバムが完成してリリースされたら僕達のファンベースと会話したりコミュニケーションをすることなんだ。

-アルバムのテーマは政治的なテーマというより、より個人的なものなのでしょうか?

C:そう、僕達、特に歌詞などを書くMikeと僕は、やっと社会的なところやモラル的な面も鑑みつつも説教臭くない歌詞を書くことに自信を得つつあるんだ。例えば戦争のことを思わせるようなことを書くときでも特にその戦争のことを語っていない、というようなことだったり、一般論としての戦争のことを語っていたりね。
または愛について語るとき、愛をどのように与えたり受け取ったりできるかということについての僕達のアイデアを語っていたりね。だから例えば僕がどれだけ僕の犬を愛しているか、というようなことではないんだ。だからそういう意味では政治的な感じもあるかもしれないし、そこにはこの感情の叫びのようなものとのバランスがあると思うし、何かに対して叫んでいるように感じられるんだ。レコードがより叫べば叫ぶほど、人間性はどこに行ってしまったんだ?と問いかけているような気がするしね。
いったいどうしてミュージシャンというのは戦争について話そうという気持ちになるのに人を信頼できないということを話そうとしないのか?そこが正に僕達が行こうとしているところでもあるんだ。例えば僕達は世界のいろいろな場所を目にする機会があり、世界に起こるいろいろな興味深い素晴らしくポジティブなこととネガティブなことを生きて目にする機会に恵まれた。そして曲を書くとき僕達は人々にどのように感じるべきかとかどのように考えるべきかということを言うようなことはしたくないんだ。
だから僕達は政治について語ると言うことに対してどのようにしたらよいのかまだ分からない状態で、例えば宗教についてもそうだし、それらを自分達が書く曲にどうつなげるべきなのかもわからないんだ。僕達がわかっているのは、そういうことが僕達に影響を及ぼすということだけなんだ。