MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ガールズロックバンド革命

2018.10.22UPDATE

2018年10月号掲載

ガールズロックバンド革命

メンバー:ASAKA(Vo/Gt) SERINA(Ba/Cho) JUNNA(Dr)

インタビュアー:高橋 美穂

2015年に現在の3人体制になってから、より精力的な活動を展開しているガールズロックバンド革命。このたび、1stミニ・アルバム『HIGH SPEED MAGNUM』が完成した。その名のとおり、スピードに乗って、ヘヴィなサウンドと強いメッセージが放たれる、あらゆる垣根を越えていきそうな意欲作である。そこで激ロックでは、彼女たちに初めてのインタビューを敢行。今作にまつわる話はもちろん、バンド名からも感じられる強い意志を聞くことができた。

-ヘヴィな音やインパクトがあるバンド名ですけど、お会いしてみると物腰が柔らかくてかわいらしい印象で。ギャップがありますね!

SERINA:ギャップがあるとは、よく言われます。

ASAKA:それを売りにしていきたいなと(笑)。

-(笑)初登場なので、結成の経緯からうかがえますか?

SERINA:私とASAKAの高校が一緒で、軽音部に入っていて、コピー・バンドから始めたんです。それからオリジナル曲もやるようになっていって、地元のライヴハウスで出会ったドラムのJUNNAが入った、という感じです。

-コピー・バンドのときからこのバンド名だったんですか?

ASAKA:当時からこのバンド名でした。

-どんな思いを込めて名付けたのでしょうか?

SERINA:覚えてもらいやすくて、インパクトがあって......。

ASAKA:名前が英語のバンドは多いじゃないですか。だから、あえてカタカナと漢字を合わせて、ザ・日本語でいく方が覚えてもらいやすいのかなっていうのと、やりたいことをそのままバンド名にした方が、ぱっと見でも伝わりやすいかなと思いました。

-"革命を起こしたい"という気持ちがあったからこそ、この名前を付けたんですよね? ガールズ・ロック・バンド・シーンに対して、なんらかの思いがあったということですか?

ASAKA:ガールズ・ロック・バンドって、カッコいいよりかわいらしい方が多いし、ヴィジュアルをメインに売っていらっしゃる方も多いじゃないですか。それと同じことをしたくないし、男性のロックの方と闘っていけるようなバンドマンになりたかったんです。そういう意味で、革命を起こしたいんです。

-JUNNAさんは、あとから加入したということは、加入する前のガールズロックバンド革命を観ていたんでしょうか?

JUNNA:そうですね。ライヴハウスで観ていました。女の子やのに激しくてカッコいい音楽を中心にやっているバンド、という印象がありましたね。

-このバンド、ドラムが肝ですよね。JUNNAさんのことはどんなふうに誘ったんでしょうか?

ASAKA:ライヴハウスで、高校のときにJUNNAが組んでいたバンドを、脱退してしまったギターの子と観たときに、"絶対にこの子や!"って思って、すぐにmixiで"初めまして"って連絡を取り合って、っていう感じでした。

-当時からハードなスタイルだったんですか?

JUNNA:いや、コピーを中心に、いろんなジャンルを叩いていました。

-おふたりは、もともとどんなバンドをコピーしていたんですか?

SERINA:ONE OK ROCKとか。

ASAKA:ELLEGARDENとかですね。

-女性より男性バンドだったんですね。

ASAKA:女性のコピーは一切しなかったな。自然とそうなっていましたね。JUNNAも、ONE OK ROCKを叩いているところを観て、"これだ!"って思ったんです。

-メッセージ性があるバンドをコピーしてらっしゃったようですが、ご自身が書く歌詞がメッセージ性を帯びていったのは、彼らからの影響もあるのでしょうか?

ASAKA:それもあると思うし、特に最近は、活動していくなかで自分が経験したことや、大人と関わるなかでいろいろと考えていくことによって、よりそうなったっていうところもあります。

-では、今作の"HIGH SPEED MAGNUM"という、たくましいタイトルの意味を教えてください。

ASAKA:まず、今回の5曲のうち、半数のスピードが速いんです、単純に。最速でBPM220の曲もありますし。それを"HIGH SPEED"と表現したんです。あとは、前作(2017年リリースの1stフル・アルバム『DON'T STOP』)のジャケットに心臓が描かれているんですけど、今回のジャケットではそれが撃ち抜かれているっていう、そういった繋がりがあって。タイトルも、今後に繋がっていくように考えています。

-まさにハイスピードや、ハイトーンに挑戦されていますよね。

ASAKA:私は前作も、これ以上声が出ないっていうくらい高いキーの曲を1曲作ったんですけど、毎回作品を作るごとにキーが上がっていくんです。自分のやりたいことが広がると、キーも上がっていくっていう。

SERINA:私も、毎回新しいことに挑戦したい気持ちはありますね。

JUNNA:私は、テンポが速くなったからって、ドラムの音数を減らすとかは考えずに、この作品の曲を叩けば叩くほど、自分も成長していくようなドラムを考えました。