MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRiDENT

2021.03.17UPDATE

2021年03月号掲載

TRiDENT

メンバー:ASAKA(Vo/Gt) SERINA(Ba/Cho) NAGISA(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

約6年間、"ガールズロックバンド革命"として活動してきたASAKAとSERINA。これまで全国ツアーや、海外公演など精力的に突き進んできた彼女たちが、このたびTRiDENTと改名して再始動することになった。NAGISAが正式加入し、新トリオ編成で初になるアルバム『ADVANCE GENERATION』を堂々完成! バンドの根本に立ち返り、3ピース・バンドの強みを最大限に引き出したニュー・サウンドは、多くのリスナーを巻き込むパワーに満ち溢れている。今作に辿りつくまでの経緯と、これから目指す高い目標について、メンバー3人に語ってもらった。

-今作は新体制による初のアルバムですけど、作品全体から決意と覚悟がビシビシ伝わってくる内容ですね。そこにはガールズ・バンドだからってナメられたくないという気持ちもありますか?

ASAKA:そうですね。音楽に男女は関係ないという気持ちもあるんですけど......今の体制になって、どちらかというと、ガールズロックバンド革命からTRiDENTになった意味を伝えていきたいなと思ってます。

-改名前のバンド名"ガールズロックバンド革命"は"自らシーンを背負います!"という重さも感じました。今もガールズ・バンド・シーンを盛り上げたい気持ちはあると?

ASAKA:それはあります! ガールズ・バンドの頂点に立って、そのシーンを担いたい気持ちなので。

-では、TRiDENTになった意味とは?

ASAKA:ガールズロックバンド革命の頃は、ひとりひとりがやりたいことを音でぶつけ合っていた感覚なんです。でもTRiDENTになって、根本的な楽曲やサウンド、音楽的な部分により重点を置こうと思ってます。

-音楽の根本的な部分に目が向いたのは新体制になったことが大きい?

ASAKA:そうですね。3人でひとつの目標に向かって突き進んでいきたいから。音楽的にも3人で1曲をしっかり作り上げようと。

-気持ち的には生まれ変わったぐらいの感覚ですか?

ASAKA:そうですね。ドラムの脱退が決まり、バンドを続けたい気持ちはあっても、メンバーが揃わないと前に進めない。今、NAGISAちゃんと一緒にやれているのは音楽の神様からバンドをやれ! と言われているんだなと。

一同:ははははは(笑)。

ASAKA:このバンドに懸ける想いというか、絶対にテッペンを取ってやる! って気持ちは強くなりました。

-ここに辿りつくまでに、どん底に落ちていた時期もあったんですか?

ASAKA:かなり......ファンの人もそう思っていたと思います。ドラムが肝のバンドでしたからね。

SERINA:うん、前のドラムの印象が強かったので、それを超えるくらいのメンバーを見つけることができるのかなとでもタイミング良くNAGISAちゃんに手伝ってもらうことができたから。

-2020年3月に前のドラムが抜けて、それからNAGISAさんに声を掛けた経緯は?

ASAKA:19年11月にドラムからやめたいと言われ、20年3月に抜けたんですけど、私たちもギリギリまで周りのバンドに脱退の話はしてなかったんです。で、20年2月にドラムが抜けることを周りに伝えました。

-かなりギリギリですね。

SERINA:誰かに広まって、お客さんの耳に届いたら、その間のライヴも微妙な空気になるだろうし。

ASAKA:NAGISAちゃんがいたQuinceというバンドと対バンしたこともあり、面識はあったんですよ。私とSERINAでぶっちゃけ、次のドラマーは誰がいい? って、せーので"NAGISAちゃん!"みたいな。むしろNAGISAちゃん以外いないなと。

SERINA:ただNAGISAちゃんはバンドをやっているし、近くにいたバンドだったので、サポートでも声を掛けづらいなっていう。

ASAKA:ただ、"NAGISAがQuinceのヴォーカルに抜けたいと言ってる"と耳にして、"何!?"って。(NAGISAは)ドラムは続けたいけど、フリーでやっていきたいと。だったら、サポートを頼んでもいいかなと思ったんです。

-NAGISAさんの当時の心境は?

NAGISA:Quinceというバンドで長くやっていたけど、ドラマーとしてひとり立ちしたい気持ちも強くて。フリーになった瞬間に誘ってもらえたので、嬉しかったですね。前(ガールズロックバンド革命)のドラムはインパクトが強かったので、お客さんからも確実に比較されることもわかっていたから、よしやってやろう! と。

-そして、20年5月から新体制で再始動したんですよね?

ASAKA:はい。「Continue」は前のドラムがやめると決まったあと、2019年12月にSERINAと一緒に作って、そこでバンド名を変えようと。で、専属サポートとしてNAGISAちゃんにドラムをお願いしました。

-NAGISAさんから見たガールズロックバンド革命時代の印象は?

NAGISA:すごい名前のバンドがいると思っていました。でも、ロックだし、自分がやりたいことと似ているんです。お客さんからも前のドラムとプレイが似ていると言われてましたからね。

ASAKA:私たちから見ても、パワフルなドラミングという意味でも似ていたから。自分たちの音楽にマッチするのはNAGISAちゃんしかいないなと。

SERINA:うん。ツーバス、ドコドコだしね。

-ちなみにNAGISAさんの音楽的なルーツは?

NAGISA:当時アニメ"けいおん!"を観ていたり、ONE OK ROCKがめっちゃ流行ってたりして、ドラムをこんなに激しく叩いていいんだ! って。あと、ガールズ・バンドはSCANDALを聴いてました。ほかにアルカラや9mm Parabellum Bulletも好きでしたね。

-その意味ではおふたり(ASAKA、SERINA)とルーツも近いんですね。いざ3人で音を合わせた感触はどうでした?

ASAKA:ルーツが似ているので、違和感もなくて。スタジオに入っても昔から一緒にいるような感じで、しっくり来たんですよ。

SERINA:スタジオで初めて曲を合わせたときも、予想以上に合っていたから、ビックリしました(笑)。

NAGISA:それはめっちゃ思いましたね。最初のスタジオでも同期を一切入れずに、3人だけで音を鳴らしたけど、こんなに合うものかと。自分もやりやすかったです。

-現体制になって一番変化した部分というと?

ASAKA:TRiDENTでは同期を入れているんですけど、それは目標を東京ドームと決めているからなんです。そこに向かううえで同期を入れないのはありえないから。前はメンバーの意向もあり、同期を入れないというルールを決めていたんですよ。

SERINA:小バコでやっているうちは、同期は入れずにやろうという。で、TRiDENTでは大きなハコでもライヴをやるようになったから。