MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

TRiDENT

2021.03.17UPDATE

2021年03月号掲載

TRiDENT

メンバー:ASAKA(Vo/Gt) SERINA(Ba/Cho) NAGISA(Dr)

インタビュアー:荒金 良介

自分は音楽をできないかもしれないという瞬間を経験したので、今のメンバーや環境、活動できている状態をずっと守っていきたい


-先ほども話に出ましたけど、「Continue」がTRiDENTとして初めて作った曲ですか?

ASAKA:そうです。サウンド面でも一緒に作りたいと言ってくれる方がいて、その人が関わってくれたことも大きいですね。楽曲や、アレンジ面も相談に乗ってくれて、自分のやりたいことが明確になりました。TRiDENTになった意味もそうだけど、できるかぎり進化した姿を見せたかったから。私だったら、今回ギター・ソロを入れてみるとか。「Continue」に関しては足し算や、引き算、パートごとに誰のプレイを見せるのかも考えました。

-演奏の押し引きや、楽曲トータルでいかにかっこ良く聴かせられるかを考えたと。

ASAKA:まさにそうです! TRiDENTというバンド名には"三叉槍(さんさそう)"という意味があるので、ひとりひとりが銃を乱射しているんじゃなく、3人でひとつの槍になろうと思ってるんです。

-なるほど。"負けてからが勝負の next stage"(「Continue」)の歌詞にはどんな思いを込めて?

ASAKA:歌詞は最後につけたんですけど、休止している間にお客さんで心配してくれる方が多かったんですよ。キーになるドラマーが抜けて、ダメになるんじゃないの? という反応を見て、悔しかったんです。今に見てろよ! って、その気持ちを歌詞にストレートに書きました。

-エモいですねぇ。

ASAKA:はははは(笑)。いろんな人に共感してもらえるんじゃないかと。しゃがまないと、大きく飛べないじゃないですか。グッと耐えなきゃいけない場面は仕事でもあると思うんですよ。

-冒頭を飾る「Opening -the return of us-」はライヴSE用に作ったものですか?

ASAKA:はい。昨年12月にZepp Haneda(TOKYO)という大きなステージで、ライヴのスタートを切らせてもらった("TRiDENT 1st ONEMAN LIVE EPISODE Ø -The return of us-")ので、それに向けて作った入場SEなんです。

-それに続く「JUST FIGHT」はストレートな王道ロックだなと思いました。

ASAKA:そうですね。「Continue」は休止期間中にできた曲で、この曲(「JUST FIGHT」)はバンドをスタートさせたあとに書いた曲なので、ここから出発するぞ! という気持ちを書きました。なので、「Continue」よりもロックなサウンドに寄せようと。

-「Ambivalent」はド頭からスラップで始まり、ラップを用いたアプローチもいいフックになってますね。

ASAKA:もともとべースが目立つ曲を作りたくて。SERINAが曲を作って、そこに私が歌詞とメロディをつけました。そういう作り方は初めてなんですよ。ふたり(SERINA、NAGISA)もラップをやるとは思ってなかったみたいで。

NAGISA:全然思ってなかったです。ビックリしました(笑)。

ASAKA:ここは振り切ってラップにしようと。

-曲のイメージはレッチリ(RED HOT CHILI PEPPERS)とか、あのへんですか?

SERINA:あぁ、そうですね。海外バンドっぽいノリで、ライヴでも盛り上がる曲にしようと。

NAGISA:ガールズロックバンド革命の頃はドラムのイメージが強かったので、ベースの良さが前に出る曲が欲しかったんです。自分もラウド・バンドをやってきたし、ミクスチャーっぽいドラムも好きですからね。ただただ自分が楽しめるようなフレーズをつけました。

-あと、「Brand New World」も新しいタイプの曲調ですよね?

ASAKA:オールド・ロックというか、バラード的なポジションで1曲作ろうと思って。ロー・テンポだけど、しっかりロックしてる曲にしたかったんです。

SERINA:グルーヴが大事になる曲ですね。

-もっとスローなバラードも聴いてみたい気持ちになりました。

NAGISA:それはいろんな人に言われますね(笑)。

ASAKA:バラードを作るのは一番難しくて。妥協したものは出せないし、自分の中でバラードを完成させる力量がまだないので、今後のお楽しみにしていただけたらと。

-わかりました。ラスト曲「Last Hope」は明るい光が差し込むスケール感のある曲調で、これも良かったです。

ASAKA:これは「Continue」のあとにできたもので、ロックを普段聴かない人にも届く曲が欲しいなと思って。キャッチーでわかりすいロック・サウンドにしたかったんです。歌詞の内容も「Continue」は悔しいとか、やってやるぜ! とかって感じだけど。この曲は、私たちを信じて待ってくれたファンや、NAGISAちゃんも当時はサポートと言えど、近しいバンドに入るのは勇気のいる決断だったと思うし。紆余曲折あったけど、いろんな試練を乗り越えて......今のメンバーと応援してくれるファンがいてくれたら、夢は叶えられるだろうと。歌詞にはその気持ちを書きました。

-"僕1人じゃ 掴めない夢もきっと/叶えられる 君とのLast Hope"の歌詞はまさにその部分ですね。ウォーウォーのコーラスにもその気持ちが入っているなって。

NAGISA:あぁ、たしかに。

SERINA:レコーディングのときに周りの人に声を入れてもらったんですよ。

ASAKA:みんなの思いをひとつの声にしようと。

-あと、歌詞の中に"守る"という表現が随所に出てきます。このバンドが守りたいものとは?

ASAKA:今まで何も疑いなくバンドをやってきたのと、ドラムの脱退もあり、自分は音楽をできないかもしれないという瞬間を経験したので、今のメンバーや環境、活動できている状態をずっと守っていきたいなと。その気持ちが出たんでしょうね。

-今作のレコ発ツアー("TRiDENT 1st full Album 「ADVANCE GENERATION」 Release Tour")は3、4月に行われますが、どんなツアーにしたいですか?

SERINA:コロナで1年くらいライヴができない期間があり、それから初のツアーなので、楽しみですね。各地方の人にも私たちの良さを伝えるチャンスなので、バチバチでやるつもりです。

NAGISA:私はZepp Hanedaで加入を発表させてもらったので、初のツアーなんですよ。しかもワンマンなので、一本一本を大事にやりたいなと。各地で待っている方も楽しみにしてもらえたらなって思います。

ASAKA:TRiDENTとして行っていない土地でも、すでに楽しみにしてくれるファンの方がいますからね。全通するファンの方がいても、一本一本違う感情を抱けるようなライヴをやって、私たちの最大限を見せたいと思ってます!