MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

Dizzy Sunfist

2017.04.04UPDATE

2017年04月号掲載

Dizzy Sunfist

メンバー:あやぺた(Vo/Gt) いやま(Vo/Ba) もあい(Dr/Cho)

インタビュアー:荒金 良介

-いい話です。GOOD4NOTHINGはどうですか?

もあい:HEY-SMITHと比べると、GOOD4NOTHINGの方が一緒にやる機会が多くて。ツアーに誘ってもらったり、フェスでも一緒になったりして。GOOD4NOTHINGはあれこれ言わないんですよ。楽屋でも"ダーッとやったらええねん!"って。

いやま:背中で語られた感じがありました。

あやぺた:大阪のメロディック・バンドと言えばGOOD4NOTHINGやし、死ぬほどかっこいいから。ウチらも刺激をもらえたし、いい1日でした。下克上したかったから。

-下克上できました?

あやぺた:したったよな?

いやま:したつもりです(笑)。楽しかったし、プレッシャーもあったけど、ああいう日は一瞬で終わるんですよね。でも先輩は強かった。

もあい:うん、ライヴが終わったあとに3人で、"やっぱり強かったな"と(笑)。

-わかりました。このへんで今作の話に移りたいと思います。バンド初のシングルになりますが、これがまた素晴らしい出来映えです。

もあい:メロディック、2ビートみたいなものは前作でいい感じにほぐせたから、今回もそれができたと思います。自分たちのやりたいことをもっと突き詰めようと。

あやぺた:47都道府県回ったツアーの経験をちゃんと活かすことができました。ここは叫ばせよう、ここはノらせようって、想像力が深まったから。

もあい:シングルの曲数になると、どう組み合わせたら1曲1曲が映えるかなと。それを考えるのも難しかったですね。

いやま:うん、初めてのシングルだし、どう楽曲を絞ればいいかなって。

あやぺた:1曲目の「No One Knows」は最初、シングルに入れようとは思ってなくて。

-えっ、そうなんですか!

もあい:違う曲を入れようと思ってたけど、もう一発強い曲が欲しいねって。それからほかの曲を見直して、こっちの方がいいんじゃない? となったのが「No One Knows」なんですよ。

あやぺた:ほんま奇跡やな(笑)。

いやま:カバーも本当は違う曲で進めていたけど――

もあい:聴いたら、絶対ほかの曲がいいよなって。

-そんなにドタバタだったんですね。

あやぺた:そうです。シングル名も"ドタバタ"にすればよかった。

-それは売れないと思います。

あやぺた:ははははは(笑)。

もあい:めっちゃいい曲ができても、このタイミングじゃないと思う曲もあったから。何曲かある中から選びました。

-楽曲の色合いや作品性もちゃんと考えたと。

あやぺた:喜怒哀楽というか。知らんけど(笑)。

もあい:"怒"はないけどな(笑)。「No One Knows」は哀愁がありますからね。

-個人的には「No One Knows」が一番好きですね。

もあい:Dizzyの曲を好きと言ってくれる人は、切ない感じがいい言ってくれる人も多くて。

-制作でいままでと変えたところは?

あやぺた:今回は英語の先生をつけたんですよ、発音も極めようと思って。"heart"という発音に30分かかって、ブースでひとり泣きそうになりました(笑)。

もあい:発音でこんなに曲の印象が変わるんだなと。歌詞が流れるように聴けるんですよ。

いやま:コーラスを入れるときにも、そう思いました。いままでのあやぺたにない歌声だなって。

あやぺた:ちょっとAvril Lavigneに近づきました。

-以前に"大阪のAvril Lavigne"と自分で言ってましたよね(笑)?

あやぺた:いや、日本のAvril Lavigneです!

-すみません(笑)。表題曲はアレンジも凝ってるし、聴き応えがありますね。

もあい:この曲は前作を作ってるときに案があって。そう言えば、前にこんなリフがあったよな? って、それから派生して作った曲なんです。おおもとはあったけど、細かい部分を気にしすぎて、優柔不断になって行き詰まっちゃって。

あやぺた:曲作りで目の前に何本か道があると、そこで迷い狂うんです(笑)。

もあい:スタジオで3時間かけてアレンジしたけど、あやぺたから連絡があって、"やっぱり最初のアレンジにしたい!"って。でもそれがあったから、最初のアレンジがいいと思えたんです。