MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoGoD

2016.03.31UPDATE

2016年04月号掲載

NoGoD

メンバー:団長(Vo) Kyrie(Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-Djent系のバンドというと?

団長:TESSERACT、ERRAとか、歌モノ寄りのDjentをいろいろ聴いてました。それで、こういう曲をウチらがやったらどうなるかなという実験ですよね。その結果Djentではなくなったんですけど。

Kyrie:ウチらの音のルーツはもっとミクスチャー寄りだったんですよ。KORNとかあのあたりですね。

-ニューメタル系の闇感ですね。

Kyrie:その時代のサウンドがイメージですね。求めていたのは90年代後半、00年代のミクスチャーだったという。だから、この曲はDjent系と呼ぶにはダークすぎるし、いろいろな音楽を自分たちなりにクロスオーバーさせた結果ですね。

-あと、リフ押しの楽曲が多いのも今作の特徴ですよね。

Kyrie:ああ、そうかもしれない。

団長:リフで攻めたアルバムですね。気づいたらそうなってました。

-そういう意味でも男臭いなと。

Kyrie:みんなそういう曲が好きなんでしょうね。一応、やりたい曲をみんなにリサーチするんですよ。「VAMPIRE」(Track.1)、「絶頂マスカレード」(Track.2)、「イピカイエ」、「キラー・クラウン」もリフものですからね。

-「桃源郷へようこそ」もそうですよね?

Kyrie:リフとサビしかないような曲ですもんね。構築美、様式美みたいなものとは違うものが多いかもしれない。

-もっとプリミティヴな感情を優先して?

Kyrie:そうですね、衝動的なアイディアから展開させた曲が多いかもしれない。「キラー・クラウン」も構築美的な側面はあるけど、デモの段階ではイントロしかなかったんですよ。リフ一発のイメージから広げていきましたからね。

-「キラー・クラウン」の歌詞は、また他の曲と違う不思議な内容ですね。

団長:これはやってみたかった歌詞の書き方なんですよ。実在する人のことを歌うという。"キラー・クラウン"という殺人者の話なんですよ。この曲は狂気じみていたから、歌詞でさらに狂気を倍増させられないかなと。まあ、大っぴらに言うことではないけど......曲に引きずられて、こういう歌詞を書きました。

-そういう歌詞の書き方も初めてですか?

団長:基本的に自分目線が多かったんですけど......10年前ぐらいはやっていた気がするんですけどね。曲も古いから、物語っぽい歌詞を書こうかなと。

-全体的に曲調もヘヴィでダークなものが多いですけど、歌詞もそれに寄り添うようなテイストですね。

団長:初期衝動が強くなった分、怒りとか、そういう激しくてダークな感情が久々に出た作品ですね。今回は楽曲のパワーがありすぎるから、食らいついていかないといけなくて、だから歌詞も全体的に難航しました。

-曲調に歌詞が引っ張られた部分も大きいですか?

団長:それはあると思います。引きずられるぐらい曲にパワーがありますからね。10周年のツアー中に制作した作品なので、そこで感じた気持ちも入ってます。歌詞の内容は初期っぽいというか、尖らせようと意識しました。

-少し話題が逸れますけど、今年リリースされたMEGADETHの新作のアルバム名もそうですし、浜田麻理さんの新作『Mission』にも「Dystopia」という曲があり......。

団長:それ聴きました(笑)。

-今作の歌詞にも"ディストピア"という言葉がありますよね。

団長:10周年迎えたって大していいもんじゃねえよって(笑)。音楽業界全体も暗いから、暗さの中でもがくことも表現したいし、最後に光も見たいですからね。この作品にはあれもしたい、これもしたいという欲求が詰まってます。まだ光は見えない......ディストピアを抜けられないからこそ、こういう作品を出そうと。

-闇感がありながら、ラスト2曲の感謝の気持ちを綴ったTrack.10「光」から「桃源郷へようこそ」の流れもいいですよね。

団長:「光」の歌詞を読んでくれた人すべてに、"ありがとう"という気持ちを伝えたくて。同じ時代に同じ物事を共有できるって、素敵だなと思うんですよ。ライヴをやってると、特にそう思うんですよね。2~3時間ひとつになれる空間が作れるのは素晴しいことだなと。10年を越えて、改めてありがたいなと思うようになりました。会えて良かったという感じですかね。最後に「桃源郷へようこそ」を持って来たのは、Kyrieさんがオチをつけたいと言うもんだから。

Kyrie:「光」で終わっても良かったけど、美しく終わるよりも、ちゃんとオチをつけたいなと。いい話だけで終わるバンドではないから。

団長:1番インディーズ臭い曲で終わるという。泥臭い感じで終わるのがNoGoDの良さですからね(笑)。