MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

locofrank

2015.12.03UPDATE

2015年12月号掲載

locofrank

メンバー:木下 正行(Vo/Ba) 森 勇介(Gt/Vo) Tatsuya(Dr/Cho)

インタビュアー:吉羽 さおり

-これまでの話を聞いていると、よりこのアルバム『Returning』の歌詞が身に染みます(笑)。

木下:そうですよね(笑)。歌詞だけ読んでいたら、ちょっとエモいっすもんね?

Tatsuya:親父の小言みたいな。

木下:読み返したらエモいなあと。"偏ったな、おい"というのはありますけどね。

-今作を制作するまでのバンドの時間が、いかに濃いものだったかの裏づけですよね。

木下:濃かった、濃かったですね。

森:ちょっと思い出したくないところもいろいろあるんですけど(笑)。

Tatsuya:思い出すとゲロ吐きそうやもん。

木下:でもこれは今だから言えるのかもわからないですど、今がいっちばんおもろいっすよ。今がいっちばんおもろいですし、今がいっちばんlocofrank、いいと思います。

-それはアルバムを聴けば納得です、あとは最近のライヴを観ても、バンドとしてさらにノってきたんだなっていうのがわかります。

Tatsuya:そこはよくわかるかもしれないですね。心と身体のバランスが整って、バンドとしてまとまってると演奏がむっちゃかっこよく見えると思うんですね。逆に、小手先のうまいやつらが揃っていても、みんな同じ方向を向いてなくて、それぞれ勝手にやってるバンドなんて、どれだけうまくても全然かっこよく見えないし。そういった意味ではたしかに、ノってきてるかもしれない。

森:調子には乗らないでおこう。

木下:脂は乗らしてもな。

Tatsuya:調子乗ったらあかん。

森:でも調子乗れないですね、怖すぎて、先輩たちが(笑)。

木下:先人がまだまだ多すぎるので。

-調子には乗れないですか(笑)。

Tatsuya:電話かかってきますからね。

森:はははは。

-まあでも、倒し甲斐、ありますね。

木下:いやほんとそうです。

Tatsuya:酔っぱらった勢いとかで、"もうバトン渡しくれよ"って言うと、"バトン、奪いに来いよ"ってきますからね。奪いに行ったら行ったで、ポーンと払いのけよるんですよ。



森:最高です、ほんとに。

-それはパンク・シーンのいいタテ社会だと思います(笑)。ちなみに、下の世代と言えるバンドからのプレッシャーはあるんですか。

木下:プレッシャーかどうかわからないですけど、学ぶところももちろんありますしね。結構、ひとつ下ふたつ下くらいの世代とも一時期はあまり一緒にならなかったというか。自分たちに下の世代がいる認識がなかったときは、先輩に挑んでいくばっかりだったんです。"お前ら、ちゃんと見てみ?"みたいな感じで、気づいたらそういう立場になってきて。そこからですね、下の世代のバンドともやらせてもらうことも増えたのは。でも、下だろうが上だろうが、かっこいいのはかっこいいし、ださいのはだっせえなって思いますしね。特に震災以降で言うと、ジャンルの垣根がより一層なくなったと感じ取れて、そこからのいろんな歩み寄りは、すごいスピードで行われていた気がしてるんです。そういった中で、いろんな場所で鳴らしたときに、"自分のバンドはこうです"っていう強さを逆に試されている時代になってきたのかなと思いますね。

-改めてサウンドが、メロディック/メロコアに返っている気がするのは、その"自分のバンドはこうです"っていう意識も働いているからなんでしょうか。

木下:メロディックをやろうと思ってやってはいないですけど、自分たちの根底にあるのは間違いなくメロディックだったりパンクで。必然的に、それが出るんでしょうね。