MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

NoGoD

2014.03.11UPDATE

2014年03月号掲載

NoGoD

メンバー:団長 (Vo) Kyrie (Gt)

インタビュアー:荒金 良介

-アレンジ面で気を遣った点や、苦労したところなどがあれば教えてください。

団長:当然ながら、以前のものよりも良いニュアンスで歌うように心掛けました。

Kyrie:「櫻」に関しては現メンバーでのアレンジというものがこれまで存在していなかったので、気持ちとしては新曲に近いものがありました。他の2曲に関しては逆にそれが存在するものだったので、それをしっかり根本に据えようという意識で臨みました。

-現メンバーで初めて再レコーディングした楽曲もあると思うのですが、何か新しい発見などはありましたか?

団長:みんな、上手になったなぁ......と(笑)。

Kyrie:現メンバーで初めて再レコーディングしたものに関しては、制作中に以前のアレンジを確認することもなかったのですが、終わってから以前のアレンジを聴いてみて、自分のアプローチやフィーリングが変わっていることに少し驚きましたね。あまり変移していたという意識がなかったので。

-今作に言えるのは、歌やメロディが際立たせたシンプルなアプローチで、しかもスロー・テンポの楽曲ばかりですよね。バンドのベーシックな部分を再確認することにも繋がったのでしょうか?

団長:今までの積み重ねが良い意味で滲み出ていると思います。

Kyrie:確認しなくてはいけないようなことではない、と思ってはいます。変わっていないつもりでも変わっていくものもある。でも、それもその時の正解の1つでいいのではないかと。

-バンドの方に取材すると"激しい曲よりも、シンプルでスローな曲調の方が難しい"という発言をよく聞くのですが、実際やってみていかがでしたか?

団長:そりゃぁもう、大変でした。色々と......(笑)。

Kyrie:どちらが難しい、ではなく、どちらも簡単なものではない。とは思います。

-レコーディング自体はスムーズに進んだのでしょうか?

団長:アコースティック・アレンジもあったので、実質フル・アルバム・レベルの作業量で大変でした(笑)。

Kyrie:作業量もさることながら、いつにも増して録音中のディベートに費やす時間が長かったように思います。一度作品として出している物は特に、0から作り出す何かではないので、当時の楽曲とのイメージの差異や変化をどう処理していくかを考えなければならない時間がありましたね。

-あと、今作の良さを挙げると、NoGoDのパブリック・イメージとしてあるヴィジュアル系、ヘヴィ・メタルという壁を越えて、多くの音楽リスナーの琴線を揺さぶる間口の広い作風になっている点なんです。今回そこを意識された部分はありましたか?

団長:僕たちが窓口になって、HR/HM、そして"V系"と呼ばれるものが色々なところに広がっていけばいいなとは常々思っています。

Kyrie:音楽ジャンルはリスナーが求める音楽を選び易くするための指標であるべきで、本来、僕たちのような制作者がジャンルというものを意識をして作品を作るものではないと思うんです。

-今回の"四季"というテーマに絡めて、今のバンドの状態や気分としては、春夏秋冬で例えると、季節的にはどこに当てはまりますか?その理由も教えていただけると嬉しいです。

団長:まだまだ冬です。命が芽吹きだす寸前ですね。早く一花咲かせたいです(笑)。

Kyrie:秋の夜長......ですかね。

-最後に、今年の予定を言える範囲で大丈夫ですので、教えていただけますか?フル・アルバムにも期待したいところなのですが。

団長:フル・アルバムは出したいですね。あとそれ以外にも我々にしかできない面白いことが今年はたくさん控えていますので、どうか色々な意味で楽しみにしていてください(笑)。

Kyrie:本来はこの作品をリリースするタイミングで、フル・アルバムをリリースする予定でした。少し遅れてはしまいますが、そう遠くない時期に発表できる機会があるかと思います。まぁ、まずは5/28のSHIBUYA-AX公演が終わってから、ですかね。