MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KEMURI

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

KEMURI

メンバー:伊藤 ふみお(Vo) 津田 紀昭(Ba) 平谷 庄至(Dr) コバヤシ ケン(Sax) 田中‘T’幸彦(Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

-改めて、再始動をしてからのバンドの状態やムード、ここからやっていきたいことというのは見えてきていますか。

伊藤:そうですね。ひとつひとつ話をしながら。昔できなかった話もしているし、やっぱり基本的にパーフェクトがないっていうところからはじまってるから、そこは僕的にはラクなんですよね。1年間やって、1年目よりもいろんなことができるのが今年だと思ってるし。やっぱり何もやっていなかった時間っていうのは結構大きいんですよ。それは自分たちが思っている以上に、いろんなバンドと対バンをさせてもらって感じたことで。去年、それこそいろんなフェスやイベントに出ると、やっぱりずっと活動をしているバンドってすごいんですよね。遅れを取り戻すわけではないけど、ひとつひとつ、やっていくのは大事だし大変な作業ですね。

-以前はこだわっていたものだけど、今はこだわりではなくなったものっていうのはなにかありますか。

津田:パッとは出てこないですけど、ライヴのやり方だったり、曲作りやスタジオワークに関して、俺は頭が固いっていうか、もうちょっとこうじゃないとダメじゃないかなっていうのが多かったんだけど、そういうところも昔ほどは気にしてないというか。雰囲気もいいしね――前が悪いっていうことじゃないけど。物事がスムーズというか。昨日も、みんな短パンとかでライヴやるんだけど、ふみお君が急にスーツ着てきたんですよ。

全員:(笑)

伊藤:ライヴ用のスーツですよ?冠婚葬祭のとかじゃなくて(笑)。

津田:昔だったら、それどうなの?ってなるんだけど、超面白くて。昔のKEMURIじゃ絶対にないなっていう。そういうのも普通に面白くできるしね。

伊藤:僕的には、あまり変わってないのかな。でもやっぱり、こうじゃなくちゃいけないって思うと、そうじゃなきゃいけなくなっちゃうでしょ。それを、人に言ってもしょうがないなって。だったら自分でっていう。だから、前よりも個人練習がすごく多くなったし。その分、自分に満足できるんですよね。言いたいことはもちろん言いますけど、他人に対してあまりこう、こだわらなくなったというのはあるかもしれない。実際、『ALL FOR THIS!』作った時、書いてる曲とかにすごく満足できたんですよね。そういうのもあるからかもしれないですね。