MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KEMURI

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

KEMURI

メンバー:伊藤 ふみお(Vo) 津田 紀昭(Ba) 平谷 庄至(Dr) コバヤシ ケン(Sax) 田中‘T’幸彦(Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

-ちなみに最初に決まった曲ってどの曲だったんですか。

田中:DESCENDENTSとかかな?

津田:KISSじゃない?それかRANCIDの「TIME BOMB」じゃない?

田中:LESS THAN JAKEの「AUTOMATIC」なんかも早かったんじゃないかな。

-なるほど、まさにこのあたりは、DJでかかると盛り上がる筆頭の曲ですね。

伊藤:そうですね。でもふと思い返すと、20年前の曲だからね、「TIME BOMB」とかも。恐ろしいなと思って。

-DESCENDENTSに至っては。

伊藤:もう30年前だよね。

-並んでいる中で意外な曲だなというところでは、HANOI ROCKSですね。これはどなたが挙げたんですか。

津田:これは僕なんですけど。中学校のときにすげえ好きで。HANOI ROCKSはいつかカヴァーしたいなっていうのはあったんだけど、いつの頃からか忘れていて。こういう話があったから、ぜひやったら面白いかなと思ったんですよね。

-以前から、KEMURIだったらこういうカヴァーにしようというところまで考えていたんですか。

津田:ありましたね。

伊藤:余談ですけど、僕初めてやろうとしたバンドがHANOI ROCKSのカヴァー・バンドなんですよ。

平谷:やるはずだったの?

伊藤:結局、流れた(笑)。高校2年生くらいのときで。当時の印象で、Michael Monroeの声が高いっていうイメージがあって。今回、歌えるのかなって思ったんだけど、案外歌えたね。

津田:それほど高くないんだよねキーは。高い曲もあるんだけど。

-あともうひとつ意外なバンドが、メタル・バンドのIRON MAIDENですね。

津田:超意外ですよね。これも僕で(笑)。ぜひ、メタルを伊藤君に歌ってもらいたくて。

伊藤:これはねえ(笑)。聴いたことなかったんですよ、IRON MAIDEN。ジャケットとかが気持ち悪くて。 津田:かっこいいじゃないですか!

伊藤:正直、申し訳ないけど、エディ(バンド・キャラクター。Eddie the head)とかああいうの嫌いで。食わず嫌いで、1回も聴いたことなかったんですよ。で、今回やるっていうから、初めて聴いたんですよ。そしたらもうかっこよくて。DVDも買って。

コバヤシ:全部揃えちゃった(笑)。

伊藤:ものすごいはまっちゃって、今じゃ大ファンです。

津田:ここにきてはまるのも相当面白いね(笑)。

伊藤:DVDも1週間に2回くらい観てるよ。

津田:結構燃えるんですよ、IRON MAIDENのライヴは。

-ヘヴィ・メタル、ハード・ロックっていうのは結構みなさん通ってきているところですか。

田中:僕はギターなのでそうですね。でも、IRON MAIDENは聴いてなかったんですよね、ふみおさんと一緒で(笑)。

平谷:僕はハード・ロックと、ヘヴィ・メタルの最初のところで終わってるんですよ。だけど、まわりのやつは聴いていたので知っているという感じですね。

コバヤシ:中学校のときに文化祭でギターをやったりしたときに、トライしてるんですけどね。結構難しいので、結局シーナ&ザ・ロケッツとかやったんですけど。まあ、中学生だからジャンルがバラバラなんですよね、シナロケやって横浜銀蠅やって、ASIAをやったり高中正義さんの曲をやったり(笑)。

田中:それは、すごいな。

コバヤシ:中学生の時は憧れましたよね、ギター速弾きとかね。Michael Schenkerとか、ALCATRAZZとか。