MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

KEMURI

2014.03.07UPDATE

2014年03月号掲載

KEMURI

メンバー:伊藤 ふみお(Vo) 津田 紀昭(Ba) 平谷 庄至(Dr) コバヤシ ケン(Sax) 田中‘T’幸彦(Gt)

インタビュアー:吉羽 さおり

-ホーン・アレンジに関してはお任せな感じだったんですか。

コバヤシ:そうですね。あとはオリジナル・メンバーのトロンボーンの霜田(裕司)さんがいつも手伝ってくれるんですけど、彼のアレンジが僕も含めメンバーも大好きなので。半分くらいは助けてもらった感じですけどね。もともと入ってない曲にホーンを入れるのも、KEMURIの新曲を作ってるときとわりと似た感覚で作ってたんですけど。ずっと何回も聴いて、自然に浮かんでくるものをそのまま入れた感じになっていますね。録ってるときはいつも通りの音でやってるんですけど、ミックスで、例えばMADNESSの「IN THE CITY」なんかは他のサウンドとはちょっと違うミックスになっていて。ホーンもオリジナルに近い感じのミックスで、ああ、そういう雰囲気になるんだなっていう。作っていて面白かったですね。

-今回、パンクやメロコアな曲が多いだけに、次にもしやるならさらに幅広い選曲もできそうな感じがあるんじゃないかなと、期待してしまいますがいかがですか。

伊藤:そうですね、いやいろいろやってみると、やったら面白いんだろうなっていうのも結構浮かんでくるもんで。知らないだけでね、いい曲たくさんあるですよ。一発で、人を繋げちゃうようなね。そういう曲をKEMURIとしてやるのは、意味があるんじゃないかなって思いますね。あまり考えすぎないでやるっていうのは、楽しい作業だと思う。

-今回のツアーはこのカヴァーを基軸にしてやっていくものになるんですか。

伊藤:基本的にはそうですね。これをライヴでやるっていうことに、戦々恐々としている状況はあるんですけどね、練習しなきゃっていう(笑)。どんなツアーになることやら。

-こうしてカヴァーをしたからこそ、刺激になってできあがってきているようなKEMURIの曲っていうのもそれぞれありますか。

伊藤:今、みんな曲作り期間中で作ってると思うんですけど、どうなるか(笑)。

平谷:まだなんともね。

伊藤:受けた刺激を実際に形にするのには、もうちょっと時間がかかるのかなあ。確実にやっぱり、ノリっていうのは新しいものを学んだ感じがあるから。面白いアルバムになるといいなと思いますけどね。大切なのはそっちの新しいオリジナル・アルバムですからね。僕的には期待していますね。