MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2014.03.13UPDATE

2014年03月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:Яyo (Dr) 左迅 (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-もしかしたら原曲を相当いじってるものもあるのかなと思ったんですけど、基本的には原曲を崩すことなく進化させていますね。ただしっかりとポイントを抑えてモダンで重厚且つエッジがたったものにブラッシュアップされていますね。

Яyo:そうですね、イメージはやっぱり残したかったんですよ。Remixされて悲しむ人もいるじゃないですか。当時のニュアンスも残しつつ今現在の雰囲気で聴かせたいというか、そのバランスを取るのが難しくて。でもうまくバランス取れてるんじゃないかなと思いますね。

-『MONSTER』を制作したことが、このベストの制作に生かされたことはありますか?

Яyo:セルフ・レコーディングだったんで、エンジニアリングのレベルと制作ペースが上がって自分たちでセルフで作っていくことが定着しましたね。これからもセルフでやっていこうって確信になりました。

-2作ともЯyoさんがやってるので当然っちゃ当然ですが、サウンド・プロダクションも『MONSTER』に近い雰囲気になりましたね。

Яyo:そうですね、もうちょっと時間かけたかったなって気持ちはあるんですけど。でも時間がないながらうまくまとまったかなとは思いますね。

-他に制作上で拘った点がありましたら教えてください。

Яyo:無我夢中で作ってたんで(笑)。......なんだろうなぁ、頭から最後までストレスなく聴けて、でも制作当時の時代のニュアンスを残しつつ、今の音で聴かせられるように作り込めたかなって思います。

-オリジナル・アルバムに比べて曲が倍ぐらいありますもんね(笑)。

左迅:多いですよね、2枚分ぐらい(笑)。

Яyo:死ぬかと思いました。やらなきゃよかったって(笑)。

左迅:守りじゃない、バンドの攻めの姿勢がこういったところに現れてるなって思います。

-最初からこれぐらいの曲数と決めていたんですか?

Яyo:ベストなんで、20曲ぐらいは必要なんだろうなとは思ってました。

左迅:あまり考えずに選んでいったらこれだけの曲数になってました(笑)。

-今作リリースに伴い「evolution」をMVとしてリリースしますが、この曲をピックアップした理由を教えていただけますか?

左迅:やっぱりギルガメッシュのライヴといったらこれだよねって言われる曲なんですよね。国境もシーンの違いも乗り越えられるパワーを持った曲だと思ってるんで、このベストのリード曲って考えたらやっぱりこれだなって。オリジナルが収録されている『MUSIC』を出してから映像化したいなってずっと話してたので、この10周年のタイミングで撮るのが1番いいかなと思い選びました。

Яyo:1番ライヴでバカになれる曲ですね。当時『MUSIC』を作った時にはそんなに盛り上がると思ってなかったんですよ(笑)。でもライヴでやってみたらめっちゃ盛り上がって、定番になってきて、"あ、これもリードでよかったね"って。音符が多い曲ではないと思うし、セクションもブツ切りな感じで、リスニング向きではないと思うんですけど、ライヴではパワーを秘めた曲ですね。ずっと映像化したかったのが今回やっと叶いました。