MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ギルガメッシュ

2014.03.13UPDATE

2014年03月号掲載

ギルガメッシュ

メンバー:Яyo (Dr) 左迅 (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-今までの歴史をまとめつつ、次へ向けてのものなんですね。

左迅:そうですね。これからのことも見据えた上での作品ですね。だから全曲Remixしたりとか、ライヴでケツの締め方を変えた部分があったらそれを反映させたりして、今までの曲を持ってる人でも楽しめる1枚になっていると思います。

-曲順ですが、「patchwork」が1曲目というのは少し意外でした。

左迅:2枚目のアルバムの曲なんですけど、その当時セットリストに入ってた時は必ず1曲目にやってたので、自分の中で強い印象に残ってて、ここからどっしり始まって加速していくという意味で1曲目にしました。

-なるほど。今現在のセットリストだけじゃなく、各時代のセットリストも含めての曲順なんですね。

Яyo:基本は左迅がベースを作って、そこからみんなが意見を持ち合わせた感じです。

-セットリストと言っても時代やイベントの性質によって常に変わるものだと思うのですが、どういうセットリストをイメージしたのでしょう?

左迅:今まで『MONSTER』を含めてアルバムを6枚出してて、その中からライヴでやってる曲とか入れたい曲を19曲出していったんです。そこから今自分がライヴのセットリストを組むとしたらどういう風になるだろうって考えたらこうなったんです。途中で歌モノが入り、どっしり締める部分があり、後半になるにつれて開ける曲を持っていって、お祭りで終わるイメージで作りましたね。

-『LIVE BEST』に収録されるにあたって、古い曲ほど変化が見えやすいと思うのですが、「patchwork」や「volcano」のRemixはやり甲斐があったのかなと思うのですがいかがでしょう?

Яyo:やり甲斐がありましたね。「volcano」は1番変わったんじゃないかなと思います。

左迅:変わったね、あれは。

Яyo:昔のデータを開いてみると、音楽理論的にも技術的にもペーペーだったので、"下手だなぁ"とか、"これはこれで勢いあったからよかったな"とか思いながらいじり直したりと、やり甲斐はありましたね、まとめ上げるのは難しかったですけど(笑)。

-ライヴでやっていく中でもどんどんアプローチは変化してきているのでしょうか?

Яyo:そうですね。「patchwork」の冒頭などは結構変わってきてまして、あれはもうライヴ仕様ですね。ライヴでもああいう始まり方なんで。

-ベスト・アルバムのためにRemixしたというよりは、ライヴを積み重ねて進化した曲を形にしたということでしょうか?

左迅:曲ってライヴでやる度に変わっていくものだし、アレンジや締め方も変わっていくんで、この10年間で磨き上げてきたものを反映させました。