MENU

激ロック | ラウドロック ポータルサイト

INTERVIEW

ANGRY FROG REBIRTH

2013.07.10UPDATE

2013年07月号掲載

ANGRY FROG REBIRTH

メンバー:Ikeda (Vo/Gt) Shizu (Dr) Maru (Gt) U (Vo)

インタビュアー:ムラオカ

-初めてのインタビューとなりますのでメンバーの自己紹介をお願いします。

Ikeda (以下I):上手ギター・ヴォーカルでリーダーやってますIkedaです。よろしくお願いします。

Shizu(以下S):ドラムのShizuです。よろしくお願いします。

Maru(以下M):ギターのMaruです。よろしくお願いします。

U:ヴォーカルのUです!お願いします!

-メンバーの出身地がバラバラですね。どうやって結成に至ったか興味があるので教えていただけますか?

I:メンバー募集サイトでメンバーを募集してる人に自分がメールを1,000件ぐらい送ったんですよ。2年間かけてずっと毎日送って。で、その中で70人とか、100人とかいろんな人に会って、その中から現メンバーになりましたね。

-2年間かかったってことは頻繁にメンバー・チェンジがあったんですか?

I:いや、全くメンバーが集まらなくて。で、会ったとしてもすぐいなくなっちゃうんです。やっぱり完成してるバンドに入りたいって願望の人が多くて、いちからやるってなると、ある程度レベルの高い人は、めんどくさがってやらないんで。それだったら素人集めようと思って、楽器が全然できない、バンド経験がないっていう人をわざと探してたんですよね。で、それで集まったのがこの4人です。

-脱退されたKazukickさんもメンバー募集で集まったのですか?

I:いやKazukickは中学からの同級生で僕と一緒に九州から上京してきたんですよ。

-では2人でメンバー募集をしていたんですか?

I:いや集まった時点でベースがいなくて、サポートでもいいからベースを誰かに頼もうってことでKazukickに頼んで、いつの間にか正式メンバーになったという流れですね。

-なるほど。それではANGRY FROG REBIRTH(以下AFR)というバンド名を付けた経緯を教えてください。

I:僕とドラムのヤツが会って、これからバンドをやるっていう感じになった時に……。

S:あ、あたしですね(笑)。

-また別の人かと思いました(笑)。

I:その時にしっくりくる単語を言い合って、並べたってだけなんです。

-それではこの3単語の意味というのは?

I:あまりないですね。語感というか語呂がよかったっていう。

-前作『MUSIK』はノン・プロモーションにもかかわらず、非常によく売れたと聞いていますが実際いかがでしたか?

I:最初、自主で出した時にSTM onlineで販売してもらったんですけど、すぐに完売したんですよ。で、タワーレコードの方から連絡があって取り扱いたいと。で、流通はどこですかと聞かれて、自主だったので流通かけてませんって話したらJMSさん紹介してもらって、流通してもらいました。

-前作は今も売れ続けているようですが、みなさん予想していましたか?

U:全然してなかったですね。自分らも想像してなかったですけど、本当にたくさんの人に協力してもらえたので、みんなの力が合わさって出た数字かなって思いますね。

―新宿のタワレコはじめ、大きく展開されていましたよね?

S:そうなんですよね。

―これだけ大きな動きがあると、いろんなところから声がかかったんじゃないですか?

I:そうですね。

―その中でLive Power Creativeに決められたのはどういうところですか?

I:一言でいえば情熱ですね。他の会社も当然情熱はあるんですけど、それ以上に社長自らライヴハウスにチケットを買って、1回だけじゃなく何回も足を運んでくれたってことと、僕が糖尿病で入院している時にも病院に来てくれて。そこでCDや契約の話というよりは、音楽や音楽業界の話をして、単純にLive Powerに興味が沸いてきたんですよね。なんで、二人三脚で何かできたらいいのかなって思って。そこでここに決めようっていうよりは、一緒にやってくださいっていう感じで始まりましたね。

―決まったのはいつごろですか?

I:正式にやるってなったのは今年の6月1日からなんですけど、やろうかって言い出したのは今年の頭ぐらいですかね。半年ずっとかけてやってきました。